九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
LIU HUIXIN(りゆう ふいしん) データ更新日:2017.04.29

准教授 /  理学研究院 地球惑星科学部門 流体圏・宇宙圏科学


大学院(学府)担当

電磁学
理学府 地球惑星科学専攻 流体圏宇宙圏大講座

学部担当

その他の教育研究施設名

役職名

国際研究教育推進WG委員


ホームページ
電話番号
092-802-4234
FAX番号
092-802-4208
取得学位
理学博士
専門分野
宇宙物理、下層大気-超高層大気結合
活動概要
1. 研究。衛星や宇宙ステーションの軌道に影響を与える熱圏と電離圏の大気とプラズマは運動量とエネルギーをお互いに交換し強く相互作用している.この相互作用は熱圏電離圏結合として衛星観測や地上観測さらにモデリングを用いて30年以上精力的に研究が行われてきた.しかし,熱圏大気密度や速度の直接観測の困難性から詳細な全球データは十分に得られていなかった。こちらで、CHAMP衛星に搭載した加速度計を用いて高度400km付近の熱圏大気密度と速度を,正確にかつ大量に取得する手法を示し,そのデータ解析から低緯度熱圏大気密度異常(EMA)や極域熱圏大気密度上昇などの全球熱圏大気密度分布を初めて明らかにした.さらに熱圏大気の東向き風(スーパーローテーション)を定量化し太陽活動・磁気活動・季節依存性を明らかにし,これらの分布が地上付近の気象現象と関連しているなど,大気プラズマ結合に下層大気と上層大気の結合を含めた総合的な結合過程を提案・構築する。
2.教育:宇宙科学概論、宇宙物理、超高層大気物理、地球惑星英語
3.社会活動
地球電磁気・地球惑星圏学会(SGEPSS)中間圏・熱圏・電離圏(MTI)分科会世話人
学会誌レビューア
地球電磁気・地球惑星圏学会(SGEPSS)正会員、日本地球惑星科学連合(JpGU) 正会員, Asia Oceania Geoscience Society (AOGS)正会員, European Geophysical Society (EGS)正会員, American Geophysical Union (AGU)正会員

九大関連コンテンツ