九州大学 研究者情報
論文一覧
舟橋 京子(ふなはし きようこ) データ更新日:2019.06.11

講師 /  比較社会文化研究院 環境変動部門


原著論文
1. 舟橋京子, 東日本古墳時代抜歯風習の研究-関東地方を対象に-, 日本考古学, 48, 21-35, 2019.05.
2. 舟橋京子・田中良之, 法垣遺跡4次調査出土人骨, 法垣遺跡3次・4次調査, 365-369, 2018.03.
3. 舟橋 京子, 菓子野地下式横穴墓1999-1号墓出土人骨の親族関係, 都城市内遺跡10, 38-40, 2017.03.
4. 邱鴻霖, Tanaka Yoshiyuki, Tatsuro Adachi, Kyoko Funahashi, Yasuhito Osanai, Nobuhiko Nakano, SHIORI YONEMOTO, 臺灣鐵器時代蔦松文化的人群移動與社會組織研究-鍶同位素分析法之應用, 国立臺灣博物館, 68, 4, 23-52, 2015.12.
5. 舟橋 京子, 福岡市卯内尺古墳群4号墳出土人骨の親族関係について, 13, 1-8, 2015.03.
6. 舟橋 京子, 磯間岩陰遺跡出土人骨に見られる親族関係, 東アジア古代文化論攷,Ⅲ, 268-278, 2014.03.
7. 舟橋 京子, 岩永 省三, 福原美恵子, 動物骨格標本展示に関する小論, 九州大学総合研究博物館研究報告, 11, 13-18, 2013.03.
8. 舟橋 京子, 韓半島先史時代抜歯風習について, 동아시아의 문물 , 2, 183-198, 2012.10.
9. 田中良之・舟橋京子・吉村和昭, 宮崎県内陸部地下式横穴墓被葬者の親族関係, 九州大学総合研究博物館研究報告, 10, 127-144, 2012.03.
10. 舟橋京子, 古人骨展示に関する小論, 九州大学総合研究博物館研究報告, 8, 1-8, 2011.03, [URL].
11. 舟橋京子, 列島縄文・弥生時代における抜歯風習とそれに基づく先史社会復元について, 考古学ジャーナル, 606, 11-15, 2010.10.
12. 舟橋京子, 古人骨資料から見た縄文時代の社会集団, 考古学研究, 55, 4, 12-27, 2009.12.
13. 舟橋京子, 弥生時代抜歯風習の研究-北部九州・山口地方を中心として-, 九州と東アジアの考古学-九州大学考古学研究室50周年記念論文集-, 217-229, 2008.06.
14. FUNAHASHI, Kyoko. and TANAKA, Yoshiyuki., Methods of Tooth Extraction in Prehistoric Japan and Korea:a comparative study. Interaction and Transformations, Interaction and Transformations, 2, 63-98, 2004.03.
15. 石川健・舟橋京子・田中良之, 大分県直入郡長湯横穴墓出土人骨について, 日・韓交流の考古学-第6回九州考古学会・嶺南考古学会合同学会-, 327-353, 2004.07.
16. 舟橋京子・田中良之, 弥生時代人骨に見られる下顎抜歯に関する一考察-韓半島出土古人骨に見られる抜歯風習との比較から-, 弥生時代における九州・韓半島交流史の研究-平成12年度韓国国際交流財団助成事業共同研究プロジェクト研究報告書-, 73-104, 2001.03.
17. 舟橋京子, 縄文時代の抜歯施行年齢と儀礼的意味, 考古学研究, 50, 1, 56-76, 2003.06.
18. 舟橋京子, 土井ヶ浜井集団における抜歯の社会的意義, 古文化談叢, 45, 43-71, 2000.09.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」