九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
檜垣 勇次(ひがき ゆうじ) データ更新日:2017.09.03



学部担当

その他の教育研究施設名



電子メール
ホームページ
http://takahara.ifoc.kyushu-u.ac.jp
先導物質化学研究所 分子集積化学部門 複合分子システム分野 .
http://www.cstf.kyushu-u.ac.jp/
工学研究院応用化学部門(大学院工学府物質創造工学専攻 協力講座) .
http://www.cm.kyushu-u.ac.jp/
先導物質化学研究所 .
取得学位
博士(工学)
専門分野
高分子科学, 高分子材料工学
活動概要
高分子薄膜界面の階層構造解析に基づく新規高分子材料の創製
鎖状分子である高分子は分子間力に基づく多様な階層構造を形成し、その界面においてダイナミックなソフトインターフェスを形成する。基板表面に高密度に固定化された高分子超薄膜であるポリマーブラシの構造を分光測定、散乱/回折/反射率測定等を駆使して解析し、その分子鎖形態やダイナミクスと慴動性、濡れ性、付着性、防汚性等の表面物性との相関を解明することで、分子レベルでの界面構造制御に基づく次世代高分子材料の創製を目指している。

制限空間における高分子鎖の構造形成
ナノファイバー、無機微細多孔体、多成分ブロック共重合体のミクロ相分離構造等、空間的に制限された場(confinment field)で形成される高分子鎖の特異的な異方配向性構造とその空間分布、構造形成ダイナミクスについて、主に高輝度放射光X線を利用したその場散乱/回折測定により研究している。微小制限空間での構造形成機序の解明は、微細材料における構造制御などの工業的な重要性だけでなく、制限された濃厚空間での鎖状分子の振る舞いを理解することにより生物学的見地からも極めて興味深い。

分子鎖凝集構造解析に基づく熱可塑性エラストマーの物性発現機構の解明
ミクロ相分離構造の形成によりゴム弾性を発現する熱可塑性エラストマーの分子鎖凝集構造は、分子構造の不均一性により非常に複雑であり、その材料設計は経験的な知見に基づき行われているのが現状である。種々の分光測定や形態観察、X線散乱/回折測定により熱可塑性エラストマーの分子鎖凝集構造を解析し、高弾性、高靭性、高耐久性の発現メカニズムを解明することで、分子設計へのフィードバックによる新規熱可塑性エラストマーの創製を目指している。

バイオマス樹脂のナノ構造制御と精密構造・物性解析
カーボンニュートラルな環境調和型植物由来樹脂は、力学的特性、物理化学的特性において合成樹脂に劣っているため、その爆発的な普及には至っていない。分子鎖凝集構造の解析により分子形態と諸物性との相関を解明するとともに、高機能化と有効利用法の提案によりその社会普及を促し、循環型社会の形成に貢献することを目的として研究している。

九大関連コンテンツ