九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
田中 充(たなか みつる) データ更新日:2019.07.01

助教 /  農学研究院 生命機能科学部門 食料化学工学


主な研究テーマ
MALDI-MS Imaging法の食品分析への応用に関する研究
キーワード:MALDI-MS Imaging, 食品分析
2011.04.
血管機能改善ペプチドの作用を相乗的に増強する食品成分の探索とその作用機作の解明
キーワード:相乗効果、ペプチド、血管機能
2010.04.
低分子ペプチドによる血管機能改善とその作用機作の解明に関する研究

キーワード:ペプチド、血管機能、高血圧、動脈硬化
2004.04~2011.03.
研究業績
主要原著論文
1. Mitsuru Tanaka, Shinya Dohgu, Genki Komabayashi, Hayato Kiyohara, Fuyuko Takata, Yasufumi Kataoka, Takashi Nirasawa, Motohiro Maebuchi & Toshiro Matsui, Brain-transportable dipeptides across the blood-brain barrier in mice, Scientific Reports, https://doi.org/10.1038/s41598-019-42099-9, 9, 5769, 1-10, 2019.04.
2. Huu-Nghi Nguyen*; Tanaka, Mitsuru*; Li, Baorui; Ueno, Tomoya; Matsuda, Hideki; Matsui, Toshiro (*These authors contributed equally), Novel in situ visualisation of rat intestinal absorption of polyphenols via matrix-assisted laser desorption/ionisation mass spectrometry imaging, SCIENTIFIC REPORTS, 10.1038/s41598-019-39405-w, 9, 3166, 1-9, 2019.02.
3. Huu-Nghi Nguyen, Mitsuru Tanaka, Genki Komabayashi, Matsui Toshiro, The photobase generator nifedipine as a novel matrix for the detection of polyphenols in matrix-assisted laser desorption/ionization mass spectrometry, Journal of Mass Spectrometry, DOI 10.1002/jms.3805, 51, 748-756, 2016.06.
4. Seong-Min Hong, Mitsuru Tanaka, Riho Koyanagi, Weilin Shen, Toshiro Matsui, Structural Design of Oligo-peptides for Intestinal Transport Model, Journal of Agricultural and Food Chemistry, 10.1021/acs.jafc.6b00279., 64, 10, 2072-2079, 2016.03.
5. Jian Zhao, Aki Suyama, Hsuan Chung, Toshihiko Fukuda, Mitsuru Tanaka, Toshiro Matsui, Ferulic acid enhances nitric oxide production through up-regulation of argininosuccinate synthase in inflammatory human endothelial cells, Life Sciences, http://dx.doi.org/10.1016/j.lfs.2015.12.044, 145, 224-232, 2016.01.
6. Mitsuru Tanaka, Eiji Tanaka, Noe Obinata, Toshiro Matsui, Visualization of Tocopherol Acetate Absorbed Inside Laminated Films by a
Matrix-assisted Laser Desorption/Ionization-imaging Mass Spectrometry, Food Science and Technology Research, doi: 10.3136/fstr.21.821, 21, 6, 821-826, 2015.11.
7. Jian Zhao, Aki Suyama, Mitsuru Tanaka, Toshiro Matsui, Ferulic Acid Enhances the Vasorelaxant Effect of Epigallocatechin Gallate in Tumor Necrosis Factor-Alpha-induced Inflammatory Rat Aorta, The Journal of Nutritional Biochemistry, 10.1016/j.jnutbio.2014.03.013, 25, 7, 807-814, 2014.07.
8. Seong-Min Hong, Mitsuru Tanaka, Saori Yoshii, Toshiro Matsui, Enhanced Visualization of Small Peptides Absorbed in Rat Small Intestine by Phytic-Acid-Aided Matrix-Assisted Laser Desorption/ Ionization-Imaging Mass Spectrometry, Analytical Chemistry, 10.1021/ac402252j, 85, 10033-10039, 2013.09.
9. Mitsuru Tanaka, Jian Zhao, Aki Suyama, and Toshiro Matsui, Epigallocatechin Gallate Promotes the Vasorelaxation Power of the Antiatherosclerotic Dipeptide Trp-His in Contracted Rat Aorta, Journal of Agricultural and Food Chemistry, 10.1021/jf3010228, 60, 9048-9054, 2012, 60, 9048-9054, 2012.09.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 田中 充, 生理活性低分子ペプチドの体内吸収性評価に関する分析化学的研究, 分析化学, 66(9), pp677-685, 2017.05.
2. 田中 充, 血管を作用場とする食品成分の機能解明に関する研究, 日本食品科学工学会誌, 64(6), 285-293, 2017, 2017.06.
3. 田中 充, 光塩基発生剤ニフェジピンのポリフェノール類検出の ための MALDI-MS マトリックス剤としての応用, 九州大学 中央分析センター報告, 第34号 (2016), 2017.03.
4. 田中 充, MALDIMS イメージングによる生体組織中低分子化合物の可視化への試み, ぶんせき, pp251, 2014.05.
主要学会発表等
1. 田中 充, 質量分析計を用いた生理活性低分子ペプチドの体内吸収性評価, 第31回 九州分析化学若手の会 春の講演会, 2018.05.
2. Mitsuru Tanaka, Toshiro Matsui, Screening of synergistic combination of food compounds to exert vasorelaxation effect in rat aorta, ISNFF2017 (The 10th international conference and exhibition on nutraceuticals & functional foods), 2017.10.
3. 田中 充, 低分子ペプチドの血管機能改善作用の解明とその体内吸収性評価に関する研究, 日本分析学会平成29年度学術集会食品分析シンポジウム, 2017.09.
4. 田中 充, 生理活性低分子ペプチドの体内吸収性評価に関する分析化学的研究, 日本分析化学会第65年会, 2016.09.
5. 田中 充, 血管を作用場とする食品成分の機能解明に関する研究, 日本食品科学工学会第63回大会, 2016.08.
6. 田中 充, 低分子ペプチドの血管機能改善作用とその作用機序の解明, 福島県立医科大学 研究連携セミナー2016, 2016.03.
7. 田中 充, 吉井沙織, 洪 性珉, 松井 利郎, MALDI-MS imaging法による低分子ペプチドの腸管吸収動態の可視化, 日本食品科学工学会 第60回記念大会, 2013.08.
8. 田中 充, Hong Seong-Min, 吉井沙織, 盛田裕太郎, 松井 利郎, MALDI-MS Imaging 法を用いた腸管組織切片中の低分子ペプチドの可視化感度向上への試み, 第67回日本栄養・食糧学会大会, 2013.05.
9. 田中 充, 洪 性珉, 吉井沙織, 盛田裕太郎, 松井 利郎, 生体組織中低分子ペプチドのMALDI-MS Imaging感度向上に対する有機酸添加効果の検証, 日本分析化学会 第73回分析化学討論会, 2013.05.
10. Seong-Min Hong, Saori Yoshii, Yutaro Morita, Tanaka Mitsuru, Toshiro Matsui, Application of MALDI-MS Imaging to Visualize the Tissue Distribution of Absorbable Small Peptides in Rat Intestine, 2013 International Students Academic Presentation, 2013.03.
11. Seong-Min Hong, Saori Yoshii, Yutaro Morita, Mitsuru Tanaka, Toshiro Matsui, Enhanced Visualization of Absorbable Small Peptides in Rat Intestinal Tissue Sections by MALDI-MS Imaging, 平成24年度 日本食品科学工学会西日本支部大会, 2012.12.
12. Jian Zhao, Aki Suyama, Mitsuru Tanaka, Toshiro Matsui, Synergistic Enhancement of Anti-atherosclerotic Dipeptide Trp-His-induced Vasorelaxation by Bioactive Compounds in Rat Thoracic Aorta, 平成24年度 日本食品科学工学会西日本支部大会, 2012.12.
13. Mitsuru Tanaka, Aki Suyama, Jian Zhao, Toshiro Matsui, EPIGALLOCATECHIN GALLATE ENHANCES THE ENDOTHELIUM-INDEPENDENT VASORELAXATION OF THE ANTI-ATHEROSCLEROTIC CA2+ CHANNEL BLOCKING PEPTIDE TRP-HIS IN THORACIC AORTA FROM SPRAGUE-DAWLEY RATS, 24th Meeting of the International Society of Hypertension, 2012.10.
14. ○福田 俊彦、小林 優多郎、田中 充、松井 利郎, 抗動脈硬化ペプチド Trp-His は血管平滑筋細胞での L 型 Ca2+チャンネルのリン酸化を抑制する, 第66回日本栄養・食糧学会大会, 2012.05.
15. ○田中 充、須山 晶、趙 健、松井 利郎, 低分子ペプチド Trp-His と EGCg との相乗的血管弛緩作用は NO/cGMP 系賦活化を介して 発現する, 第66回日本栄養・食糧学会大会, 2012.05.
16. ○田中 充、松井 利郎, 低分子ペプチドの生理機能相乗作用に関する研究( 1 );ポリフェノールによる 血管弛緩性ペプチドの増強作用, 第65回 日本栄養・食糧学会大会, 2011.05.
特許出願・取得
特許出願件数  1件
特許登録件数  0件
その他の優れた研究業績
2010.03, 「フードサイエンス技術者」(九州大学大学院生物資源環境科学府)取得.
学会活動
所属学会名
日本食品分析学会
日本分析化学会
日本農芸化学会
日本食品科学工学会
日本栄養食糧学会
学協会役員等への就任
2018.04~2020.03, 日本食品科学工学会 西日本支部, 幹事.
2015.04~2017.02, 日本食品科学工学会 西日本支部, 幹事.
2014.03~2015.02, 日本分析化学会九州支部, 幹事.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2019.03.24~2019.04.27, 日本農芸化学会2019大会, 座長.
2016.07.29~2016.07.30, 第34回九州分析化学若手の会夏季セミナー, 座長(Chairmanship).
2015.10.30~2015.10.31, 平成27年度 日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部 および日本食品科学工学会西日本支部 合同大会, 座長(Chairmanship).
2015.08.27~2015.08.29, 日本食品科学工学会第62回大会, 座長(Chairmanship).
2015.07.24~2015.07.25, 第33回九州分析化学若手の会夏季セミナー, 座長(Chairmanship).
2014.07.25~2014.07.26, 第32回九州分析化学若手の会夏季セミナー, 座長(Chairmanship).
2014.05.17~2014.05.17, 第27回九州分析化学若手の会 春の講演会, 座長(Chairmanship).
2014.10.12~2014.10.12, 平成26年度 日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部大会, 座長(Chairmanship).
2014.08.28~2014.08.30, 日本食品科学工学会 第61回大会, 座長(Chairmanship).
2012.12.08~2012.12.08, 平成24年度 日本食品科学工学会西日本支部大会, 座長(Chairmanship).
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2018年度      
2017年度      
2016年度      
2015年度      
2014年度      
2013年度      
2011年度      
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
ISNFF2017, GSCO, Gunsan, Korea, 2018.06~2018.06.
24th Meeting of the International Society of Hypertension, Australia, 2012.09~2012.10.
6th Worldnutra, Anaheim, UnitedStatesofAmerica, 2005.10~2005.10.
22rd Scientific Meeting of the International Society of Hypertension, Berlin, Germany, 2008.06~2008.06.
14th World Congress of Food Science and Technology (Iufost 2008) 上海, China, 2008.10~2008.10.
Yuanpei University, Taiwan, 2010.03~2010.03.
23rd Scientific Meeting of the International Society of Hypertension, Canada, 2010.09~2010.09.
中華人民共和国浙江省農業科学院食品研究所, China, 2010.11~2010.11.
ネスレ中央研究所(スイス ; ローザンヌ), Switzerland, 2008.02~2008.05.
受賞
日本農芸化学会2019年度大会 優秀発表, 日本農芸化学会, 2019.03.
2017年度 BBB Most-Cited Paper Award, 日本農芸化学会, 2018.03.
ISNFF2017 Poster Award, 2017.10.
2016年度 日本分析化学会 奨励賞, 日本分析化学会, 2016.09.
Food Science and Technology Research Award, 日本食品科学工学会, 2016.08.
平成28年度 日本食品科学工学会 奨励賞, 日本食品科学工学会, 2016.08.
日本食品科学工学会 第60回記念大会 若手の会 ポスター賞, 日本食品科学工学会, 2013.08.
日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部 優秀発表賞, 日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部, 2009.10.
日本農芸化学会西日本支部 奨励賞, 日本農芸化学会西日本支部, 2010.01.
平成21年度九州大学学生表彰, 九州大学, 2010.03.
平成21年度生物資源環境科学府賞, 九州大学大学院生物資源環境科学府, 2010.03.
九州大学学生後援会学術研究賞, 九州大学学生後援会, 2010.04.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2018年度~2020年度, 基盤研究(C), 代表, ポリフェノール類の腸管吸収・代謝プロセスの可視化とin situ評価法の構築.
2012年度~2014年度, 若手研究(B), 代表, 血管弛緩を加速する食品成分混合系の解明.
2010年度~2011年度, 若手研究(スタートアップ), 代表, 食相乗性科学構築のためのプラットフォーム研究.
日本学術振興会への採択状況(科学研究費補助金以外)
2007年度~2009年度, 特別研究員, 代表, 血管機能改善ペプチドの生理作用解明と多疾病対応型予防食品の創製.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2013年度~2014年度, 「研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)探索タイプ」平成25年度, 代表, 低分子生理活性物質の高感度可視化を可能とするMALDI-MS imaging技術の開発.
2011年度~2011年度, 平成22年度地域イノベーション創出研究開発事業, 分担, 微細化コンニャクグルコマンナンを用いた食機能増強食品の開発.
寄附金の受入状況
2019年度, 公益財団法人 飯島藤十郎記念食品科学振興財団, 公益財団法人 飯島藤十郎記念食品科学振興財団 2018年度学術研究助成金.
2015年度, 公益財団法人 飯島藤十郎記念食品科学振興財団, 公益財団法人 飯島藤十郎記念食品科学振興財団 平成26年度学術研究助成金.
学内資金・基金等への採択状況
2015年度~2016年度, 平成27年度農学研究院若手教員支援事業(共同研究プロジェクト支援), 分担, 光が導く革新的植物生産技術への挑戦.
2013年度~2013年度, 平成25年度 農学研究院若手教員支援事業(スタートアップ研究支援(A)), 代表, 血管の炎症に呼応し改善する食品成分の解明を基盤とする食機能科学の構築.
2012年度~2012年度, 平成24年度九州大学教育研究プログラム・研究拠点形成 プロジェクト D2タイプ, 代表, 質量分析顕微鏡(MALDI-MS Imaging)を用いた食品成分の腸管内代謝・分解動態の可視化.
2006年度~2006年度, 平成18年度 財団法人九州大学後援会 「学生の独創的研究計画への助成事業」, 代表, ペプチド生理の多様性と可能性追究-多機能疾病予防食品の成立を目指して-.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」