九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
佐藤 典子(さとう のりこ) データ更新日:2019.06.05

准教授 /  言語文化研究院 国際文化共生学部門 国際文化学


教育活動概要
1・2年生を対象とした初修外国語としてのフランス語教育に取り組む。
文法や発音などに慣れ親しんでもらうと同時に、異文化との出会いを通じて、自国の文化や自分自身を客観視することのできる知性と教養の下地作りを目指す。
担当授業科目
2019年度・前期, フランス語Ⅰ.

2019年度・前期, フランス語Ⅰ.

2019年度・後期, フランス語Ⅱ.

2019年度・後期, フランス語Ⅱ.

2019年度・後期, フランス語Ⅱ.

2019年度・前期, フランス語Ⅲ.

2019年度・前期, フランス語Ⅰ.

2019年度・前期, フランス語Ⅰ.

2019年度・後期, フランス語Ⅱ.

2019年度・後期, フランス語Ⅱ.

2018年度・前期, フランス語Ⅰ.

2018年度・前期, フランス語Ⅰ.

2018年度・後期, フランス語Ⅱ.

2018年度・後期, フランス語Ⅱ.

2018年度・前期, フランス語Ⅲ.

2018年度・後期, 入門フランス語Ⅱ.

2018年度・後期, フランス語Ⅱ.

2018年度・後期, フランス語Ⅱ.

2018年度・前期, フランス語Ⅰ.

2018年度・前期, フランス語Ⅰ.

2017年度・後期, 入門フランス語Ⅱ.

2017年度・後期, フランス語Ⅱ.

2017年度・前期, フランス語作文・読解コース.

2017年度・前期, フランス語Ⅲ.

2017年度・前期, フランス語Ⅰ.

2016年度・後期, 入門フランス語Ⅱ.

2016年度・後期, フランス語Ⅱ.

2016年度・前期, フランス語作文・読解コース.

2016年度・前期, フランス語Ⅲ.

2016年度・前期, フランス語Ⅰ.

2015年度・後期, 入門フランス語Ⅱ.

2015年度・後期, フランス語Ⅱ.

2015年度・前期, フランス語Ⅰ.

2015年度・前期, フランス語Ⅲ.

2014年度・前期, フランス語Ⅰ.

2014年度・前期, 入門フランス語.

2014年度・前期, フランス語読解コース.

2014年度・後期, フランス語Ⅱ.

2013年度・後期, フランス語Ⅱ.

2013年度・後期, フランス文学演習XIV.

2013年度・後期, フランス文学特殊研究IV.

2013年度・後期, ネオ・ノマド論.

2013年度・前期, フランス文学特殊研究Ⅲ.

2013年度・前期, フランス文学演習XIII.

2013年度・前期, フランス語読解コース.

2013年度・前期, 入門フランス語.

2013年度・前期, フランス語Ⅰ.

2012年度・前期, チュートリアル.

2012年度・後期, チュートリアル.

2012年度・後期, ネオ・ノマド論.

2012年度・前期, 入門フランス語.

2012年度・前期, フランス語Ⅰ.

2012年度・後期, フランス文学特殊研究Ⅱ.

2012年度・後期, フランス文学演習XVI.

2012年度・後期, 入門フランス語.

2011年度・後期, 入門フランス語.

2012年度・後期, フランス語Ⅱ.

2011年度・後期, フランス古典文学研究Ⅱ.

2011年度・後期, フランス語学(仏作文)Ⅰ.

2011年度・後期, フランス語Ⅱ.

ファカルティディベロップメントへの参加状況
2018.05, 部局, 参加, 九州大学学術情報リポジトリ(QIR)登録方法について(How to register QIR).

2017.07, 部局, 参加, 介護と仕事の両立セミナー.

2016.10, 部局, 参加, 『樋口ゲーテ・マン・コーパス』の言語文化研究院への移管に当たって.

2016.07, 部局, 参加, アナフィラキシーによる死亡事故を防ぐために、エピペンの使用法についてのFD.

2015.12, 部局, 参加, 外国語教育ウェブシステムとCALL科目への応用.

2015.07, 部局, 参加, 科研に関するFD.

2015.07, 部局, 参加, 研究倫理に関するFD.

2014.02, 部局, 参加, 英語新カリキュラムFD.

2013.02, 部局, 参加, 次期カリキュラム改定での初修外国語の位置づけ:2単位で何をどう教えるか.

2012.09, 部局, 参加, 平成25年度科学研究費採択向上に向けて.

2012.04, 全学, 参加, 新任者研修.


九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」