九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
神山 直之(かみやま なおゆき) データ更新日:2019.06.13



主な研究テーマ
離散最適化,グラフ理論,計算量理論
キーワード:アルゴリズム
2009.04~2021.04.
研究業績
主要原著論文
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
学会活動
所属学会名
情報処理学会
日本オペレーションズ・リサーチ学会
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2019.05.27~2019.05.30, 11th Hungarian-Japanese Symposium on Discrete Mathematics and Its Applications, Program committee.
2019.05.26~2019.05.29, 5th International Workshop on Matching Under Preferences, Program Committee .
2018.04.11~2018.04.13, 5th International Symposium on Combinatorial Optimization, Program Committee.
2017.12.09~2017.12.12, 28th International Symposium on Algorithms and Computation, Program Committee.
2016.05.16~2016.05.18, 4th International Symposium on Combinatorial Optimization, Program Committee.
2015.10.26~2015.10.30, Forum “Math-for-Industry” 2015, Program Committee.
2015.06.02~2018.06.05, 9th Hungarian-Japanese Symposium on Discrete Mathematics and Its Applications, Program Committee.
2015.12.02~2015.12.03, 平成27年度数学・数理科学と諸科学・産業との協働によるイノベーション創出のための研究促進プログラム「食と流通のしくみをデザインする数理技術と現場介入」, 運営責任者.
2015.10.31~2015.11.01, 日本オペレーションズ・リサーチ学会九州支部支部事業「九州地区における若手OR研究交流会, 実行委員長.
2015.09.09~2016.09.11, 日本オペレーションズ・リサーチ学会2015年秋季発表会, 実行委員.
2015.02.11~2015.02.12, 平成26年度数学・数理科学と諸科学・産業との協働によるイノベーション創出のための研究促進プログラム「社会システムデザインのための数理と社会実装へのアプローチ」, 運営責任者.
2014.10.25~2014.10.26, 日本オペレーションズ・リサーチ学会九州支部支部事業「九州地区における若手OR 研究交流会」, 実行委員.
2014.10.02~2014.10.03, 平成26年度数学・数理科学と諸科学・産業との協働によるイノベーション創出のための研究促進プログラム「自然言語処理と最適化」, 運営責任者.
2013.12.05~2013.12.05, 平成25年度文部科学省 数学・数理科学と諸科学・産業との連携研究ワークショップ「グラフビッグ データ」, 運営責任者.
2013.10.26~2013.10.27, 日本オペレーションズ・リサーチ学会九州支部支部事業「九州地区における若手OR研究交流会」, 実行委員.
2013.10.29~2013.10.30, 第25回RAMPシンポジウム, オーガナイザー.
2013.09.09~2013.09.11, 日本応用数理学会2013年度年会, 実行委員.
2013.02.18~2013.02.19, 平成24年度科学技術試験研究委託事業 数学・数理科学と諸科学・産業との協働によるイノベーション創出のための研究促進プログラム「拡がっていく最適化」, 運営責任者.
2012.12.10~2012.12.10, 電子情報通信学会2012年12月度コンピュテーション研究会, 会場世話人.
2012.11.29~2012.11.30, 平成24年度文部科学省数学・数理科学と諸科学・産業との連携研究ワークショップ「離散構造と最適化:展開と連携」, 運営責任者.
2012.10.27~2012.10.28, 日本オペレーションズ・リサーチ学会九州支部支部事業「九州地区における若手OR研究交流会」 , 実行委員.
2011.03.09~2011.03.09, 電子情報通信学会2011年3月度コンピュテーション研究会, 会場世話人.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2010.05~2012.03, 日本オペレーションズ・リサーチ学会OR誌編集委員, 国内, 編集委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2018年度 12 
2017年度
2016年度
2015年度 13 
2014年度
2013年度 10 
2012年度 12 
2011年度
受賞
平成31年度科学技術分野の文部科学大臣表彰 若手科学者賞, 2019.04.
日本オペレーションズ・リサーチ学会第38回文献賞, 2010.03.
情報処理学会平成20年度山下記念研究賞, 2009.03.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2013年度~2014年度, 若手研究(B), 代表, 先進的安定マッチング問題の離散構造に関する研究.
2010年度~2011年度, 若手研究(B), 代表, 有向木詰め込み問題の新展開.
2007年度~2008年度, 特別研究員奨励費, 動線を最適化する平面計画問題に対する効率的な組合せ最適化アルゴリズムの研究.
2013年度~2016年度, 基盤研究(A), 分担, 建築・都市分野における離散数理基盤の構築と大規模最適化への展開.
2012年度~2016年度, 新学術領域研究, 分担, 新学術領域研究「多面的アプローチの統合による計算限界の解明」 最適化技法との融合による計算限界解析法の深化.
2009年度~2012年度, 基盤研究(B), 分担, 建築・都市分野における計算幾何学と離散最適化.
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会以外)
2017年度~2020年度, 科学技術振興機構 さきがけ, 代表, 数理的システムデザインに潜む離散構造の研究とその応用.
2014年度~2017年度, 科学技術振興機構 さきがけ, 代表, 都市・社会システム最適化のための離散的数学理論の深化.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」