九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
藤本 景子(ふじもと けいこ) データ更新日:2019.08.07

助教 /  薬学研究院 臨床薬学部門 生命薬学講座


主な研究テーマ
リソソーム形成・維持機構の解明
キーワード:リソソーム、エンドソーム、低分子量GTPase、膜輸送
2012.04.
新規in vitroリン脂質症スクリーニング系の構築
キーワード:リン脂質症、リソソーム、スクリーニング系、薬物副作用
2012.04~2018.03.
美白候補素材によるメラニン産生抑制作用のメカニズム解明
キーワード:美白、メラニン、メラノソーム、リソソーム
2012.04~2016.03.
タンパク質代謝回転の分子制御機構の解明
キーワード:オートファジー、プロテアソーム、エンドサイトーシス、リソソーム
2012.04.
エンドソームおよびリソソーム形成・維持におけるRabタンパク質の機能解析
キーワード:低分子量GTPase、Rabタンパク質、リソソーム、エンドソーム、膜輸送
2011.03.
オートファゴソーム形成の分子制御機構
キーワード:オートファジー、LC3、リソソーム
2008.02.
リン脂質症発症機構の解明
キーワード:リン脂質症、リソソーム、膜輸送
2007.04.
トランスゴルジネットワーク膜タンパク質TGN46の細胞内輸送および局在化の分子制御機構
キーワード:TGN46、リソソーム、エンドソーム、ESCRT複合体
2010.02.
研究業績
主要著書
主要原著論文
1. 藤本 景子,井田 広顕,廣田 有子,石谷 雅樹,天野 潤,田中 嘉孝, Intracellular Dynamics and Fate of a Humanized Anti-Interleukin-6 Receptor Monoclonal Antibody, Tocilizumab., Molecular Pharmacology, 10.1124, 88, 4, 660-675, 2015.10, Tocilizumab (TCZ), a humanized anti-interleukin-6 (IL-6) receptor (IL-6R) monoclonal antibody, abrogates signal transducer protein gp130-mediated IL-6 signaling by competitively inhibiting the binding of IL-6 to the receptor, and shows clinical efficacy in autoimmune and inflammatory diseases. Despite accumulating evidence for therapeutic efficacy, the behavior and fate of TCZ at the cellular level remain largely unknown. To address this, we evaluated the endocytosis and intracellular trafficking of IL-6R in HeLa cells. The results of our study provide evidence that IL-6R is constitutively internalized from the cell surface by ligand or TCZ binding and the expression of gp130 in an independent manner and is targeted via endosomes without being significantly directed to the recycling pathway to, and degraded in, lysosomes. Furthermore, the cytoplasmic tail of IL-6R is required for constitutive endocytosis of the receptor, which is mediated by the clathrin and AP-2 complex. We further demonstrate that FcRn, whose function is to regulate the serum persistence of IgG, is confined primarily to early/recycling endosomes and rapidly transits between these compartments and late endosomes/lysosomes without being degraded. Importantly, the expression of FcRn induces the segregation of TCZ from IL-6R, resulting in extensive colocalization of TCZ and FcRn in IL-6R-depleted endosomal compartments. Collectively, our results suggest that FcRn can accelerate the retrieval of the internalized TCZ, not only from endosomes but also from lysosomes. Our findings provide new insight into the mechanism by which the antibody internalized into cells is rescued from lysosomal degradation and into how its serum levels are maintained..
2. Hideaki Fujita, Keiko Fujimoto, Kenzo Tokunaga, and Yoshitaka Tanaka, Intracellular logistics of BST-2/tetherin, Current HIV Research, in press, 2012.08.
主要学会発表等
1. Keiko Fujimoto,Ryo Tadakuma,Chiaki Tanaka,Yuko Hirota,Yuu Miyauchi,Yuji Ishii,Yoshitaka Tanaka., Papuamine prevents the fusion between autophagosomes and lysosomes by inhibiting the maturation of autophagosomes., Experimental Biology 2019, 2019.04.
2. 高原 奈津美,宮内 優,廣田 有子,田中 嘉孝,藤本 景子, trans-Golgi network膜タンパク質TGN46のTGNからエンドソームへの輸送制御機構の解明, 第41回日本分子生物学会年会, 2018.11.
3. 多田隈 凌,田中 千晶,廣田 有子,宮内 優,田中 嘉孝,藤本 景子, 海綿由来アルカロイドpapuamineはオートファゴソームとリソソームの融合を阻害する, 第41回日本分子生物学会年会, 2018.11.
4. 藤本 景子, 海綿由来アルカロイド papuamine によるオートファゴソーム成熟過程の分子制御機構, 平成30年度 内外環境応答・代謝酵素研究会, 2018.11.
5. 藤本 景子, 井田 広顕, 廣田 有子, 石谷 雅樹, 天野 潤, 田中 嘉孝, ヒト化抗インターロイキン-6 受容体モノクローナル抗体(トシリズマブ) の細胞内動態, 日本薬物動態学会第31回年会, 2016.10.
6. 藤本 景子, 廣田 有子, 田中 嘉孝, Trans-Golgi network膜タンパク質TGN46の局在と輸送を制御するユビキチン化機構の解析, 生体機能と創薬シンポジウム2013, 2013.08.
7. 藤本 景子, 藤田 英明, 廣田 有子, 田中 嘉孝, trans-Golgi network膜タンパク質TGN46のユビキチン化機構の解明, 第65回日本細胞生物学会, 2013.06.
8. 藤本 景子、吉永 奈央、平井 祥一、藤田 英明、廣田 有子、田中 嘉孝, trans-Golgi network膜タンパク質 TGN46 の細胞内輸送および局在化の分子制御機構, 第84回日本生化学会大会, 2011.09.
9. 藤本景子、吉永奈央、平井祥一、廣田有子、静川直子、藤田英明、田中嘉孝, trans-Golgi network膜タンパク質TGN46の細胞内輸送および局在化の分子制御機構に関する研究, 第27回日本薬学会九州支部大会, 2010.12.
学会活動
所属学会名
日本分子生物学会
日本細胞生物学会
日本生化学会
その他の研究活動
外国人研究者等の受入れ状況
2015.05~2015.09, 1ヶ月以上, Egypt, 外国政府・外国研究機関・国際機関.
研究資金
寄附金の受入状況
2012年度, 公益財団法人 上原記念生命科学財団, 平成24年度 上原記念生命科学財団 研究助成金/リソソーム遺伝子発現の分子制御機構の解明(分担).
学内資金・基金等への採択状況
2013年度~2013年度, 最先端研究基盤事業「化合物ライブラリーを活用した創薬等最先端研究・教育基盤の整備」, 代表, リソソーム遺伝子転写誘導を標的とした神経変性疾患に対する創薬研究.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」