九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
工藤 孔梨子(くどう くりこ) データ更新日:2019.10.18



主な研究テーマ
早期胃癌診断の国際遠隔医療教育における内視鏡画像品質の基準策定
キーワード:内視鏡、早期胃がん、診断画質、遠隔医療
2019.04~2022.03.
ミャンマーにおける医療水準の均霑化を目指した人材育成事業
キーワード:国際教育、遠隔医療、ミャンマー、人材育成
2019.06~2020.03.
遠隔医療拡大のための医師および技術者養成プログラムの継続
キーワード:遠隔医療 研修
2018.06~2019.05.
アジアにおける膵癌早期発見率の向上を目指した国際間遠隔教育プログラムの実現
キーワード:すい臓がん、遠隔医療、国際教育、アジア
2018.04~2022.03.
遠隔医療拡大のための技術者養成プログラム
キーワード:遠隔医療 研修
2017.06~2018.05.
国際医療拠点の強化による世界的教育イノベーションの実現と地域のグローバル化推進
キーワード:Telemedicine, international, education
2016.04~2021.03.
中南米における早期胃癌診断率向上のための継続的遠隔医療教育システムの構築
キーワード:胃がん、早期診断、遠隔医療教育、ラテンアメリカ
2016.04~2021.03.
国際医療テレカンファレンス実施のための連携支援オンラインデータベースの構築
キーワード:遠隔医療, オンラインデータベース, デザイン
2012.04~2017.03.
学術用超高速インターネットを利用した遠隔医療ネットワークの世界展開
キーワード:遠隔医療 ネットワーク
2011.06~2016.03.
従事しているプロジェクト研究
ミャンマーにおける医療水準の均霑化を目指した人材育成事業 (A Human Resources Development Project for Filling the Gaps of Medical Standards in Myanmar)
2019.06~2020.03, 代表者:清水周次, 九州大学(日本), 九州大学(日本)
都市部と地方の医療格差、専門医不足、卒後医療教育体制の不備など、ミャンマーにおける医療問題は深刻である。遠隔医療教育は現地における人的・物的援助の限界を埋めることが可能だが、その活動を支えるIT技術者の育成も進んでいない。医師の人材派遣や受入れによる直接的な医療指導や高度な医療教育を実施すると同時に、IT技術を駆使した遠隔医療教育システム確立のための技術者養成プログラムを実施する。昨年末にミャンマー国内への研究教育用高速インターネット回線の接続が正式に発表され、本事業の開始は正に絶好のタイミングである。確実な実地指導と安価で継続的な遠隔医療教育を組み合わせた効率的な医療教育を継続して行うことでミャンマーの医療水準の向上と均霑化を図る。これによりミャンマー国民の健康に寄与し、日本の医療技術と医療機器が広くミャンマー国内へ導入される。.
早期胃癌診断の国際遠隔医療教育における内視鏡画像品質の基準策定
2019.04~2022.03, 代表者:上田真太郎, 九州大学(日本), 九州大学(日本).
Continuous training programs for hospital engineers, coupling with doctors, to establish and expand telemedicine across the beneficiary countries(遠隔医療拡大のための医師および技術者養成プログラムの継続)
2018.06~2019.05, 代表者:清水周次, 九州大学病院.
アジアにおける膵癌早期発見率の向上を目指した国際間遠隔教育プログラムの実現
2018.04~2022.03, 代表者:麻生暁, 九州大学病院.
Guidelines for Telemedicine and TeleHealthDevelopment in Chile, A Strategic Public Good for Competitiveness Project –2018 CORFOInnovaChile (Maurizio Mattoli)
2018.04~2019.03, 代表者:Maurizio Mattoli, InnovaChile CORFO, Chile
チリにおける公・私立のヘルスケアへのアクセスの公平性と、効率性を改善するために、同国における遠隔医療や遠隔医療の発展のためのガイドラインを開発、普及、実装する。.
Training programs to disseminate telemedicine across the beneficiary countries(遠隔医療拡大のための技術者養成プログラム)
2017.06~2018.05, 代表者:清水周次, 九州大学病院.
中南米における早期胃癌診断率向上のための継続的遠隔医療教育システムの構築
2016.04~2021.03, 代表者:清水周次, 日本学術振興会(日本)
胃癌の早期診断を教育するための遠隔医療教育を中南米にターゲットを絞った形で展開。日本から最も遠い胃癌多発地域への効率的な教育プログラムを構築する。.
国際医療テレカンファレンス実施のための連携支援オンラインデータベースの構築
2015.04~2018.03, 代表者:工藤孔梨子, 九州大学病院.
学術用超高速インターネットを利用した遠隔医療ネットワークの世界展開
2008.04~2010.03, 代表者:清水周次, 九州大学病院.
研究業績
主要著書
1. Ed: Kuriko Kudo, Yasuaki Antoku, Supervisors : Shuji Shimizu, Naoki Nakashima, Technology Team, Globalization Section, Standing Committee of the National University Hospital Council of Japan, Telemedicine Conferencing An Introductory Guide for Engineers, 2017.08.
2. Yasuaki Antoku, Kuriko Kudo, Shunta Tomimatsu, Yoshiko Houkabe, Shoji Hirano, Chapter 3 Teleconferencing System, 41-72, In: Telemedicine Conferencing, An Introductory Guide for Engineers. National University Hospital Council of Japan, 2017.08.
3. 編:工藤 孔梨子, 安德 恭彰, 監修:清水 周次, 中島 直樹, 著:国立大学付属病院長会議 常置委員会 国際化担当/技術担当者チーム, 遠隔医療カンファレンス 技術担当者になったら読む本 入門編, 2016.07.
4. 安德 恭彰, 工藤孔梨子, 富松俊太, 波々伯部佳子, 平野将二, 第3章テレビ会議システム, 41-72, 遠隔医療カンファレンス 技術担当者になったら読む本 入門編, 一般社団法人 国立大学附属病院長会議事務局, 2016.07.
5. 工藤 孔梨子, 權 泰錫, 伝統芸能のデジタル化3DCG+アニマトロニクスによる顔表現, 読売新聞東京本社/国立科学博物館, 大ロボット博~からくりからアニメ、最新ロボットまで~ The Great Robot Exhibition,, 65.
主要原著論文
1. 工藤孔梨子, 森山智彦, 上田真太郎, 富松俊太, 清水周次, アジア発展途上国を対象とした遠隔医療教育技術研修の実施と評価, 日本遠隔医療学会雑誌, 15, 2, 119-122, 2019.09.
2. Kudo K, Moriyama T, Tomimatsu S, Ueda S, Shimizu S, A Train-the-Trainers (TtT) Program for Engineers for Hosting Multiparty International Clinical Teleconferences, J Int Soc Telemed eHealth, 7, e16 (1-8)., 2019.01, [URL].
3. Kuriko Kudo, Shunta Tomimatsu, Moriyama Tomohiko, Miguel A. Tanimoto, Salma Leticia Jalife Villalón, Shuji Shimizu, Remote Medical Education in Latin America, Seventh Conference of Directors of Information Technology, TICAL 2017 Management of ICTs for Research and Collaboration, 267-276, 2017.09.
4. 工藤 孔梨子, 工藤 達郎, 安徳 恭彰, 寅田 信博, 森山 大樹, 中島 直樹, 清水 周次, 国際的な遠隔医療カンファレンス運営のための情報デザイン-イベントプログラム管理システムの構築・公開運用 , 日本遠隔医療学会雑誌, 13, 2, 116-119, 2017.09.
5. Kuriko Kudo, Shunta Tomimatsu, Yoshiko Houkabe, Taiki Moriyama, Shuji Shimizu, Five-Year Progress of Technological Changes in Remote Medical Education, J Int Soc Telemed eHealth, 5:e10, 2017.06.
6. 工藤 孔梨子, 工藤 達郎, 寅田 信博, 安徳 恭彰, 中島 直樹, 清水 周次, 国際的な遠隔医療カンファレンス運営のための情報デザイン-人物情報管理のモデル化及びシステム構築, 日本遠隔医療学会雑誌, 12, 2, 177-180, 2016.10.
7. 工藤孔梨子, 工藤達郎, 寅田信博, 安徳恭彰, 中島直樹, 清水周次, 国際的な遠隔医療カンファレンス運営のために必要な情報項目の標準化に向けた取り組み, 日本遠隔医療学会雑誌, 11, 2, 118-121, 2015.10.
8. Kuriko Kudo, Shuji Shimizu, Ti-Chuang Chiang, Yasuaki Antoku, Min Hu, Yoshiko Houkabe, Naoki Nakashima, Evaluation of Videoconferencing Systems for Remote Medical Education, Creat Educ, Vol.5, No.12, 1064-1070, 2014.05.
9. 工藤 孔梨子, 安德 恭彰, 中島 直樹, 胡 旻, 清水 周次, 遠隔医療教育のための日本国内の商用回線によるDVTS接続の試み, 日本遠隔医療学会雑誌, 9, 2, 176-179, 2013.04.
10. Kuriko Kudo, Taisuk Kwon, Etsuo GENDA, The Proposal Method of Expression HumanFace for Kabuki make-up archives -the Kabuki make-up represented by using face replica and 3D CG, International Jouernal of Asia Digital Art and Design, 5-11, Vol.8, 2008.10.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
1. Kuriko Kudo, APAN Medical General Session, 2018 The 12th Asia Telemedicine Symposium, 2018.11.
2. Kuriko Kudo, Infrastructure, Achievements and Needs in Telemedicine at TEMDEC, National Seminar of Gastroenterology, The First Telemedicine Workshop, 2018.11.
3. Kuriko Kudo, Recent Technology for Remote Medical Education
, 2018 The second Chile Telemedicine Workshop, 2018.11.
4. Kuriko Kudo, Distant Medical Education in Asia and Beyond - Actions for sustainable expansion, The 2nd International Conference on Healthcare, SDGs and Social Business, 2018 Social Business Forum, Asia, 2018.04.
5. Kuriko Kudo, International Remote Medical Education in Asia and Beyond - Management of Programs, The 11th Asia Telemedicine Symposium, 2017.12.
6. Kuriko Kudo, Francisco Schmidt, Demonstration with Manual Book, Telemedicine Workshop Chile 2017, 2017.11.
7. 工藤 孔梨子, 工藤 達郎, 安徳 恭彰, 寅田 信博, 森山 大樹, 中島 直樹, 清水 周次, 国際的な遠隔医療カンファレンス運営のための情報デザイン-人物情報管理のモデル化およびシステム構築-, 第21回日本遠隔医療学会学術大会, 2017.09.
8. Kuriko Kudo, Experience of Tele-Medicine with Foreign Countries, Workshop on UniNet Network and Computer Application: 35th WUNCA, 2017.07.
9. Kuriko Kudo, Shunta Tomimatsu, Moriyama Tomohiko, Miguel A. Tanimoto, Salma Leticia Jalife Villalón, Shuji Shimizu, Remote Medical Education in Latin America, Seventh Conference of Directors of Information Technology, TICAL 2017, 2017.07.
10. Kuriko Kudo, Remote Medical Education in Latin America - 8 year Activities and Technologies -, CUDI Spring Meeting, 2017.05.
11. Kuriko Kudo, Shunta Tomimatsu, Yoshiko Houkabe, Taiki Moriyama, Naoki Nakashima, Shuji Shimizu, Five-Year Progress of Technological Changes in Remote Medical Education, ATA 2017 International Conference & Tradeshow, 2017.04.
12. Kuriko Kudo, Technical Changes for Recent Five Years, The 10th Asia Telemedicine Symposium, 2016.12.
13. Kuriko Kudo, Remote Medical Education in Asia and Beyond - To keep expanding, MYREN FUTURESCAPE 2016, 2016.11.
14. Kuriko Kudo, Technology for Remote Medical Education, The 1st Annual Meeting of Red LaTE, 2016.09.
15. 工藤 孔梨子, 工藤 達郎, 寅田 信博, 中島 直樹, 清水 周次, 国際的な遠隔医療カンファレンス運営のための情報デザイン-人物情報管理のモデル化およびシステム構築-, 第20回日本遠隔医療学会学術大会, 2015.10.
16. 工藤 孔梨子, 工藤 達郎, 寅田 信博, 安德 恭彰, 中島 直樹, 清水 周次, 国際的な遠隔医療カンファレンス運営のために必要な情報項目の標準化に向けた取り組み, 第19回日本遠隔医療学会学術大会, 2015.10.
17. Kuriko Kudo, Information Sharing Technology: Experience of AdobeConnect, The 8th Asia Telemedicine Symposium, 2014.12.
18. Kuriko Kudo, Information Sharing Technology: Med-hok: Database for APAN Medical community:, The 8th Asia Telemedicine Symposium, 2014.12.
19. 工藤 孔梨子, 安德 恭彰, 清水 周次, 各病院のニーズに合った接続方法の解説:エンジニアの立場から, 第27回日本内視鏡外科学会総会, 特別企画5 遠隔教育のトレンド:その進化と新たな展開, 2014.10.
20. Kuriko Kudo, Med-hok: Teleconference Arrangement Database System Designed for APAN, The 7th Asia Telemedicine Symposium, 2013.12.
21. 工藤 孔梨子, 安德 恭彰, 中島 直樹, 胡 旻, 清水 周次, 遠隔医療教育のための日本国内の商用回線によるDVTS接続の試み, 第17回日本遠隔医療学会学術大会, 2013.10.
22. 源田 悦夫, 工藤 孔梨子, 無形文化財のアーカイブス… 伝統芸能の記録と再現, 一般財団法人デジタル文化財創出機構発足記念シンポジウム 進化するミュージアム2010, 2010.11.
23. Taisuck Kwon, Etsuo Genda, Kuriko Kudo, Animatronics for control of countenance muscles in face using Moving-Units, ACM SIGGRAPH 2008 New Tech Demos Article, 2008.08.
24. 工藤 孔梨子, 權 泰錫, 源田 悦夫, 模型と3DCG による歌舞伎化粧アーカイブに関する研究, 第12回日本バーチャルリアリティ学会大会, 2007.09.
25. Kuriko Kudo, Tatsuro Ishii T, Etsuo Genda, The Kabuki Make-up Archives Represented by “Reality and Virtual Reality”, Asia Digital Art and Design International Forum, 2006.12.
26. Kuriko Kudo, Yosuke Okuda, Tatsuro Ishii, Hiroyuki Matsuguma, Etsuo Genda, A Representation of the Kabuki make-up on human face in 3D, Asia Digital Art and Design International Forum, 2005.12.
27. 工藤 孔梨子, 奥田 陽祐, 石井 達郎, 松隈 浩之, 源田 悦夫, 3D グラフィックスによる歌舞伎化粧の表現, 文部科学省科学研究費補助金特定領域研究「江戸のモノづくり」第7回国際シンポジウム, 2005.10.
作品・ソフトウェア・データベース等
1. 松永孔梨子, 權泰錫, 伝統芸能のデジタル化3DCG+アニマトロニクスによる顔表現
大ロボット博~からくりからアニメ、最新ロボットまで~ The Great Robot Exhibition,読売新聞東京本社/国立科学博物館, 2007.10.
学会活動
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2013.12.14~2013.12.14, 2013 The 7th Asia Telemedicine Symposium, 座長.
2014.12.13~2014.12.13, 2014 The 8th Asia Telemedicine Symposium, 座長.
2015.07.28~2017.02.28, Asian Pacific Digestive Week (APDW) 2016, プログラム委員.
2015.08.14~2015.08.14, 2015 The 40th APAN, 座長.
2015.11.14~2015.11.14, 2015 The 9th Asia Telemedicine Symposium, 座長.
2016.01.29~2016.01.29, 2016 The 41st APAN, 座長.
2016.04~2017.06.28, 日本消化器内視鏡学会総会 2016, プログラム委員.
2016.08.05~2016.08.05, 2016 The 42nd APAN, 座長.
2016.08.11~2016.08.11, 2016 The First Indonesia Telemedicine Workshop, 座長.
2016.12.03~2016.12.03, 2016 The 10th Asia Telemedicine Symposium, 座長.
2017.02.17~2017.02.17, 2017 The 43rd APAN, 座長.
2017.10.06~2017.10.05, 2017 The Second Indonesia Telemedicine Workshop, 座長.
2017.11.18~2017.11.18, 2017 The Second Philippine Telemedicine Workshop, 座長.
2017.11.29~2017.11.29, 2017 The First Chile Telemedicine Workshop, 座長.
2018.03.29~2018.03.29, 2018 The 45th APAN, 座長.
2018.08.08~2018.08.08, 2018 The 46th APAN, 座長.
2018.08.09~2018.08.09, 2018 The 46th APAN, 座長.
2018.08.09~2018.08.09, 2018 The Second Vietnam Telemedicine Workshop, 座長.
2018.08.30~2018.08.09, 2018 The Third Indonesia Telemedicine Workshop, 座長.
2018.11.10~2018.11.10, 2018 The 12th Asia Telemedicine Symposium, 座長.
2019.04.12~2019.04.14, Asian EUS Congress 2019, Technical Adviser for Live.
2019.10.21~2019.10.23, 19th International Conference on Successes and Failures in Telehealth (SFT-19), Scientific Review Committee.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2015.04~2016.07, 遠隔医療カンファレンス 技術担当者になったら読む本 入門編, 国内, 編集委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2017年度    
その他の研究活動
外国人研究者等の受入れ状況
2019.01~2019.01, 2週間以上1ヶ月未満, ブラジル研究教育ネットワーク 遠隔医療部門, Brazil, 外国政府・外国研究機関・国際機関.
2019.01~2019.01, 2週間以上1ヶ月未満, ミナスジェライス連邦大学, Brazil, 外国政府・外国研究機関・国際機関.
2018.07~2018.08, 2週間以上1ヶ月未満, サンカーラ・ネスララヤ病院, India, 外国政府・外国研究機関・国際機関.
2018.07~2018.08, 2週間以上1ヶ月未満, ネパール教育研究ネットワーク, Nepal, 外国政府・外国研究機関・国際機関.
2018.07~2018.08, 2週間以上1ヶ月未満, カトマンズモデル病院, Nepal, 外国政府・外国研究機関・国際機関.
2018.07~2018.08, 2週間以上1ヶ月未満, バングラデシュ研究教育ネットワーク, Bangladesh, 外国政府・外国研究機関・国際機関.
2018.07~2018.08, 2週間以上1ヶ月未満, ハノイ医科大学, Vietnam, 外国政府・外国研究機関・国際機関.
2017.08~2017.09, 2週間未満, セントルークス医療センター ケソン市, Philippines, 外国政府・外国研究機関・国際機関.
2017.08~2017.09, 2週間以上1ヶ月未満, フエ医科薬科大学, Vietnam, 外国政府・外国研究機関・国際機関.
2017.08~2017.09, 2週間以上1ヶ月未満, ホーチミン市大学医療センター, Vietnam, 外国政府・外国研究機関・国際機関.
2017.08~2017.09, 2週間以上1ヶ月未満, メキシコ研究教育ネットワーク, Mexico, 外国政府・外国研究機関・国際機関.
2017.08~2017.09, 2週間以上1ヶ月未満, カリ・ザビエル大学, Colombia, 外国政府・外国研究機関・国際機関.
2017.08~2017.09, 2週間以上1ヶ月未満, サンパウロ大学, Brazil, 外国政府・外国研究機関・国際機関.
2017.02~2017.02, 2週間未満, メキシコ癌研究所, Mexico, 外国政府・外国研究機関・国際機関.
2017.02~2017.02, 2週間以上1ヶ月未満, メキシコ国立医学・栄養センター, Mexico, 外国政府・外国研究機関・国際機関.
2017.01~2017.02, 2週間以上1ヶ月未満, ブラジル癌研究所, Brazil, 外国政府・外国研究機関・国際機関.
2017.01~2017.02, 2週間以上1ヶ月未満, メキシコ国立医学・栄養センター, Mexico, 外国政府・外国研究機関・国際機関.
2017.01~2017.02, 2週間以上1ヶ月未満, チリ・カトリック大学, Chile, 外国政府・外国研究機関・国際機関.
2016.11~2016.11, 2週間未満, マラヤ大学, Malaysia, 外国政府・外国研究機関・国際機関.
2016.11~2016.11, 2週間未満, マラヤ大学, Malaysia, 外国政府・外国研究機関・国際機関.
2016.07~2016.08, 2週間以上1ヶ月未満, コスタ・リカ大学, CostaRica, 外国政府・外国研究機関・国際機関.
2016.07~2016.08, 2週間以上1ヶ月未満, フィリピン学術研究ネットワーク, Philippines, 外国政府・外国研究機関・国際機関.
2016.07~2016.08, 2週間以上1ヶ月未満, フィリピン大学 マニラ総合病院, Philippines, 外国政府・外国研究機関・国際機関.
2016.02~2016.03, 2週間以上1ヶ月未満, アイルランガ大学, Indonesia, 外国政府・外国研究機関・国際機関.
2015.11~2015.11, 2週間以上1ヶ月未満, 108 陸軍中央病院, Vietnam, 外国政府・外国研究機関・国際機関.
2015.11~2015.11, 2週間未満, マレーシアプトラ大学, Malaysia, 外国政府・外国研究機関・国際機関.
2015.10~2015.11, 2週間以上1ヶ月未満, バックマイ病院, Vietnam, 外国政府・外国研究機関・国際機関.
2015.07~2015.08, 2週間以上1ヶ月未満, ベトナム学術研究ネットワーク, Vietnam, 外国政府・外国研究機関・国際機関.
2015.07~2015.08, 2週間以上1ヶ月未満, ソンクラー大学, Thailand, 外国政府・外国研究機関・国際機関.
2015.07~2015.08, 2週間以上1ヶ月未満, ブラウィジャヤ大学, Indonesia, 外国政府・外国研究機関・国際機関.
2015.07~2015.08, 2週間以上1ヶ月未満, ハラパンキタ小児医療センター, Indonesia, 外国政府・外国研究機関・国際機関.
2015.07~2015.08, 2週間以上1ヶ月未満, トリプバン大学 医学部, Nepal, 外国政府・外国研究機関・国際機関.
2015.07~2015.08, 2週間以上1ヶ月未満, アイルランガ大学, Indonesia, 外国政府・外国研究機関・国際機関.
受賞
第18回世界遠隔医療学会 2013年「国際賞」 The 18th International Conference of International Society for Telemedicine and eHealth, 2013, International Collaboration Award, International Society for Telemedicine and eHealth, 2013.10.
第12 回日本バーチャルリアリティ学会大会 学術奨励賞(芸術展示部門), 日本バーチャルリアリティ学会, 2008.10.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2019年度~2021年度, 基盤研究(C), 分担, 早期胃癌診断の国際遠隔医療教育における内視鏡画像品質の基準策定.
2016年度~2020年度, 基盤研究(A), 分担, 中南米における早期胃癌診断率向上のための継続的遠隔医療教育システムの構築.
2018年度~2022年度, 基盤研究(C), 分担, アジアにおける膵癌早期発見率の向上を目指した国際間遠隔教育プログラムの実現.
2015年度~2017年度, 基盤研究(C), 代表, 国際医療テレカンファレンス実施のための連携支援オンラインデータベースの構築.
2011年度~2016年度, 基盤研究(A), 分担, 学術用超高速インターネットを利用した遠隔医療ネットワークの世界展開.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2019年度~2020年度, Asia Pacific Advanced Network Grant, 代表, Development of an international telemedicine program management system and training of organizing programs
- Toward promotion of telemedicine education among Asia-Pacific regions -.
2018年度~2019年度, Asi@Connect, 分担, Continuous training programs for hospital engineers, coupling with doctors, to establish and expand telemedicine across the beneficiary countries.
2013年度~2014年度, 公益財団法人 臨床研究奨励基金, 代表, 世界をリードする国際人育成のための遠隔医療教育用データベースのシステム開発.
共同研究、受託研究(競争的資金を除く)の受入状況
2019.10~2020.03, 代表, 通信・映像音声機器を用いた遠隔医療教育の実現のための技術指導.
2017.08~2018.03, 代表, 通信・映像音声機器を用いた国際間遠隔医療教育の実現のための技術指導.
学内資金・基金等への採択状況
2019年度~2020年度, 2019年度教育の質向上プログラム(NEEP)採択プログラム, 分担, 保健学における国際教育・研究におけるジェミニ・プロジェクトの推進.
2018年度~2018年度, 平成30年度研究活動基礎支援制度「外国語校閲経費支援」, 代表, 多地点国際医療テレカンファレンス主催のための技術者研修プログラム.
2017年度~2017年度, 九州大学 研究補助者雇用支援(短期) 育児介護支援(秋期), 代表, 題目なし.
2017年度~2017年度, 九州大学 研究補助者雇用支援(短期) 育児介護支援(春期), 代表, 題目なし.
2017年度~2017年度, 平成29年度 研究活動基礎支援制度「国際学会派遣支援」, 代表, 学術用超高速インターネットを利用した遠隔医療ネットワークの世界展開.
2016年度~2016年度, 平成28年度研究活動基礎支援制度「外国語校閲経費支援」, 代表, 遠隔医療教育における直近 5 年間の技術的変化.
2016年度~2016年度, 九州大学 研究補助者雇用支援(短期) 育児介護支援(秋期), 代表, 題目なし.
2016年度~2016年度, 九州大学 研究補助者雇用支援(短期) 育児介護支援(春期), 代表, 題目なし.
2015年度~2015年度, 九州大学 研究補助者雇用支援(短期) 育児介護支援(春期), 代表, 題目なし.
2013年度~2013年度, 九州大学 女性研究者キャリア開発センター 研究補助者措置制度(Hand in Hand) B支援 平成25年度秋期, 代表, 題目なし.
2013年度~2013年度, 九州大学 女性研究者キャリア開発センター 研究補助者措置制度(Hand in Hand) B支援 平成25年度春期, 代表, 題目なし.
2012年度~2012年度, 九州大学 女性研究者キャリア開発センター 研究補助者措置制度(Hand in Hand) B支援 平成24年度秋期, 代表, 題目なし.
2014年度~2014年度, 九州大学 研究補助者雇用支援(短期) 育児介護支援(秋期), 代表, 題目なし.
2013年度~2013年度, 平成25年度九州大学教育研究プログラム・研究拠点形成プロジェクト(P&P) 特別枠 学術研究員研究奨励, 代表, 国際遠隔医療教育の更なる推進:コミュニケーションのモデル化とデータベースシステム構築..

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」