九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
工藤 孔梨子(くどう くりこ) データ更新日:2019.09.30



社会貢献・国際連携
社会貢献・国際連携活動概要
世界における医療技術・知識や医療サービスの格差へ、ICTを用いた国際貢献活動を実施。国際学会におけるライブ手術、国際間症例カンファレンス、また国際診療支援センターとの連携による海外患者の遠隔相談など、医療分野における効率的で効果的なICTの応用を支援している。詳細は以下
http://www.temdec.med.kyushu-u.ac.jp/gaiyo_gyoumu.html

またアジア太平洋学術ネットワーク医療ワーキンググループ(APAN-MWG)委員、ローカルエンジニアチーム(APAN-LET)委員長として、アジアを中心とした世界の遠隔医療技術スタッフの育成活動に従事。
詳細は以下
APAN 医療 WG 技術者研修 (APAN-TET)
http://www.temdec.med.kyushu-u.ac.jp/katsudo_apanengws.html

TEMDEC技術者研修(TTT)
http://www.temdec.med.kyushu-u.ac.jp/katsudo_temdectraining.html
諸外国を対象とした高度専門職業人教育活動
2019.02~2019.02, Telemedicine Engineering Training (TET) at APAN47, 9か国17名(インド、バングラデシュ、タイ、フィリピン、台湾、スリランカ、ベトナム、ネパール、マレーシア).

2018.08~2018.08, Telemedicine Engineering Training (TET) at APAN46, 7か国13名(インド、インドネシア、ネパール、フィリピン、台湾、中国、ベトナム).

2018.03~2018.03, Telemedicine Engineering Training (TET) at APAN45, 9か国20名(インド、ネパール、マレーシア、フィリピン、インドネシア、台湾、ベトナム、シンガポール、タイ).

2017.08~2017.09, Telemedicine Engineering Training (TET) at APAN44, 11か国22名(マレーシア、ベトナム、台湾、タイ、インド、フィリピン、インドネシア、ネパール、キルギス、中国、日本).

2017.02~2017.02, Telemedicine Engineering Training (TET) at APAN43, 6か国11名(マレーシア、台湾、ベトナム、インドネシア、インド、シンガポール).

2016.08~2016.08, Telemedicine Engineering Training (TET) at APAN42, 10か国28名(タイ、マレーシア、ベトナム、インド、台湾、インドネシア、香港、バングラデシュ、韓国、ネパール).

2016.01~2016.01, Telemedicine Engineering Training (TET) at APAN41, 10か国27名(フィリピン、マレーシア、ベトナム、バングラデシュ、インドネシア、ネパール、インド、タイ、韓国、メキシコ).

2015.08~2015.08, Telemedicine Engineering Training (TET) at APAN40, 10か国27名(タイ、インドネシア、インド、スリランカ、ネパール、フィリピン、ベトナム、マレーシア、韓国、台湾).

大学運営
学内運営に関わる各種委員・役職等
2017.11~2018.03, 病院ホームページWG.

2017.04~2020.03, アジア遠隔医療開発センター 委員会.


九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」