九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 社会活動
太田 徹志(おおた てつじ) データ更新日:2015.12.23



主な研究テーマ
リモートセンシングデータを用いた森林資源把握
キーワード:リモートセンシング, 森林管理
2012.04~2014.03.
研究業績
主要著書
主要原著論文
1. Tetsuji Ota, Miyuki Ogawa, Katsuto Shimizu, Tsuyoshi Kajisa, Nobuya Mizoue, Shigejiro Yoshida, Gen Takao, Yasumasa Hirata, Naoyuki Furuya, Takio Sano, Heng Sokh, Vuthy Ma, Eriko Ito, Jumpei Toriyama, Yukako Monda, Hideki Saito, Yoshiyuki Kiyono, Chann Sophal, Nang Ket,Aboveground Biomass Estimation Using Structure from Motion Approach with Aerial Photographs in a Seasonal Tropical Forest,Forests,6,11,3882-3898,2015.11,[URL].
2. Tetsuji Ota, Oumer S. Ahmed, Steven E. Franklin, Michael A. Wulder, Tsuyoshi Kajisa, Nobuya Mizoue, Shigejiro Yoshida, Gen Takao, Yasumasa Hirata, Naoyuki Furuya, Takio Sano, Sokh Heng, Ma Vuthy,Estimation of Airborne Lidar-Derived Tropical Forest Canopy Height Using Landsat Time Series in Cambodia,Remote sensing,6,11,10750-10772,2014.11,[URL].
3. 太田 徹志, 高比良 聡, 中間 康介, 吉田 茂二郎, 溝上 展也,伐採収益と植栽経費の観点からみた低密度植栽の有効性,日本森林学会誌,95,2,126-133,2013.04.
4. Tetsuji Ota, Nobuya Mizoue, Shigejiro Yoshida,Influence of using texture information in remote sensed data on the accuracy of forest type classification at different levels of spatial resolution,Journal of Forest Research,16,6,432-437,2011.12,[URL].
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 太田 徹志,航空機LiDARと時系列衛星データによる平均林冠高の推定,森林科学 74, 5-8.,2015.06.
主要学会発表等
1. 太田 徹志・村上 拓彦・吉田 茂二郎・溝上 展也,LANDSAT/TMデータを用いた森林伐採地抽出方法の比較検討,日本森林学会九州支部大会,2004.10.23.
2. 太田徹志・村上拓彦・葛岡成樹・加治佐剛・溝上展也・吉田茂二郎,同時生起行列から得られるテクスチャ情報とスギ林分本数密度との関係解析,日本森林学会九州支部大会,2006.11.11.
3. 太田徹志・溝上展也・吉田茂二郎,高分解能リモートセンシングデータを用いた森林情報取得の可能性,日本森林学会九州支部大会,2009.10.17.
4. 太田徹志・溝上展也・吉田茂二郎,高分解能リモートセンシングデータを用いた人工林本数密度推定手法の比較,日本森林学会九州支部大会,2010.10.09.
5. 太田徹志・溝上展也・吉田茂二郎,伐採時の収益と植栽経費の観点からみた低密度植栽の有効性,日本森林学会九州支部大会,2011.10.29.
学会活動
学会・研究会における座長等
2014.03.26~2014.03.30,日本森林学会,座長.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2014年度
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
Trent University,Canada,2010.04~2010.07.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」