九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
田井 明(たい あきら) データ更新日:2018.12.07

准教授 /  工学研究院 環境社会部門


主な研究テーマ
水分野における環境,防災,社会経済活動の調和に関する研究
キーワード:環境,防災,社会経済活動,住民参加
2012.02.
高精度沿岸海洋シミュレータの開発
キーワード:数値シミュレーション,POM,潮汐,潮流
2012.02.
研究業績
主要著書
主要原著論文
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
1. 田井明,山口創一, 潮汐・潮流および成層強度の長期変化に関する最新の研究, 沿岸環境関連学会連絡協議会第21回ジョイントシンポジウム「有明海貧酸素水塊の実態と要因」, 2009.10.
学会活動
所属学会名
国際水圏環境工学会
日本流体力学会
日本海洋学会
土木学会
学協会役員等への就任
2015.09, 土木学会水工学委員会環境水理部会, 部会員.
2012.04~2015.09, 土木学会水工学委員会環境水理部会, オブザーバー.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2018.03.05~2018.03.07, 第62回水工学講演会, 座長(Chairmanship).
2018.03.03~2018.03.03, 平成29年度土木学会西部支部講演会, 座長(Chairmanship).
2017.08.30~2017.09.01, 日本流体力学会年会2017, セッションオーガナイザー.
2017.03.15~2017.03.17, 第61回土木学会水工学委員会, 実行委員.
2017.03.15~2017.03.17, 第61回水工学講演会, 座長(Chairmanship).
2017.03.04~2017.03.04, 平成28年度土木学会西部支部研究発表会, 第II部門運営委員.
2016.03.14~2016.03.16, 第60回水工学講演会, 座長(Chairmanship).
2016.03.06~2016.03.06, 平成27年度土木学会西部支部研究発表会, 第II部門運営委員.
2015.09.16~2015.09.18, 平成27年度第70回土木学会年次学術講演会, 座長(Chairmanship).
2014.09.06~2014.09.07, 九州山口地区海岸工学者の集い, 実行委員.
2014.05.08~2014.05.08, 地球温暖化時代の水・土砂災害適応策シンポジウム, 実行委員.
2014.03.08~2014.03.08, 平成25年度土木学会西部支部講演会, 座長(Chairmanship).
2013.11.13~2013.11.15, 第60回海岸工学講演会, 実行委員.
2013.03.09~2013.03.09, 平成24年度土木学会西部支部講演会, 座長(Chairmanship).
2011.04.22~2011.04.22, 自然災害フォーラム 九大2011, 幹事.
2011.03.05~2011.03.05, 平成22年度土木学会西部支部講演会, 座長(Chairmanship).
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2017年度    
2016年度      
2015年度    
2013年度      
2012年度      
2011年度      
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
サムラトランギ大学, Indonesia, 2018.03~2018.03.
UCサンタクルーズ校, スタンフォード大学, UnitedStatesofAmerica, 2016.11~2016.11.
ハサヌディン大学, Indonesia, 2016.08~2016.08.
Bangor大学海洋科学科, UnitedKingdom, 2015.10~2015.12.
Grand Yazıcı Club Turban Hotel, Turkey, 2013.10~2013.11.
成都国際会議場, China, 2013.09~2013.09.
済州国際コンベンションセンター, Korea, 2012.08~2012.08.
成功大学, 台湾大学, Taiwan, 2012.03~2012.03.
チュラロンコン大学, Thailand, 2012.01~2012.01.
ハサヌディン大学, Indonesia, 2012.01~2012.01.
ハサヌディン大学, Indonesia, 2011.02~2011.02.
成功大学, Taiwan, 2010.12~2010.12.
ハサヌディン大学, Indonesia, 2010.08~2010.08.
リュブリャーナ大学, Slovenia, 2005.10~2005.10.
受賞
アウトスタンディング・ディスカッション賞, 土木学会水工学委員会, 2016.08.
土木学会西部支部奨励賞, 土木学会西部支部, 2013.04.
HASIMA AWARD for Attractive posters, Techno-Ocean2006 /19th JASNAOE Ocean Engineering Symposium, 2006.10.
研究発表会優秀講演者賞, 土木学会西部支部, 2006.03.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2018年度~2020年度, 基盤研究(B), 分担, 有明海奥部における物質循環変動機構の解明と環境再生策に関する研究.
2018年度~2020年度, 基盤研究(C), 分担, 貧酸素水の移流が貧酸素非発生域の底生動物群集に与える影響の解明.
2017年度~2019年度, 若手研究(B), 代表, 干潟の総合的な将来予測を目指した物理・社会経済価値統合評価モデルの開発.
2017年度~2020年度, 基盤研究(B), 分担, 金鉱山由来水銀ホットスポットにおけるメチル水銀動態モデル構築のための現地調査

.
2012年度~2014年度, 若手研究(B), 代表, 沿岸浅海域における高精度海洋環境シミュレータの開発.
2012年度~2015年度, 基盤研究(B), 分担, 諫早湾と北部有明海におけるバロクリニック構造の動的変化.
2012年度~2014年度, 基盤研究(B), 分担, 海水中における水銀の有機化(メチル化)反応に及ぼす環境要因の影響に関する研究..
2008年度~2009年度, 特別研究員奨励費, 代表, 粒子法を用いた微量水銀の動態予測モデルの開発.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2018年度~2018年度, 平成30年度九州地域づくり協会研究等助成, 代表, 大規模アンサンブル気候データベースを用いた九州地方の水災害リスクの将来予測.
2017年度~2017年度, 河川整備基金助成事業, 代表, 河口干潟の短周期の地盤変化に対する生態系応答の解明.
2016年度~2016年度, 京都大学防災研究所 特別緊急共同研究, 分担, 大震度直下型地震による河川への影響の総合的調査研究.
2016年度~2016年度, 九州地域づくり協会熊本地震関連助成事業, 代表, 熊本地震による河川の治水安全度ならびに生態系への影響.
2014年度~2016年度, 環境研究総合推進費, 分担, 持続可能な沿岸海域実現を目指した沿岸海域管理手法の開発(サブテーマ:対馬・五島の海洋保護区における漁業活動調整).
2014年度~2015年度, 河川整備基金助成事業, 代表, 潮汐と平均海面の変化がエスチャリーの地形形成に与える影響に関する研究.
2013年度~2013年度, 日本科学協会海外発表促進助成, 代表, 2013年にトルコで開催されるGlobal Congress on Integrated Coastal Managementでの研究発表.
2013年度~2013年度, 平成25年度九州地域づくり協会研究等助成, 代表, 超過洪水時の橋梁部における水理現象の解明と評価手法の開発.
2013年度~2013年度, 鹿島学術振興財団研究助成, 代表, マングローブ河口域の土砂堆積の進行が流域の洪水に与える影響の評価.
2013年度~2013年度, 前田記念工学振興財団研究助成, 分担, 河川汽水域に生息する甲殻類の浮遊幼生分散のモデリングと回帰戦略の解明.
2012年度~2012年度, 平成24年度笹川科学研究助成, 代表, 密度躍層における乱流エネルギー散逸率の推定.
2012年度~2012年度, 平成24年度有明海再生に係る研究費等助成事業(NPO法人有明海再生機構), 代表, 早崎瀬戸の流動特性と物質輸送構造について.
2011年度~2011年度, 平成23年度有明海再生に係る研究費等助成事業(NPO法人有明海再生機構), 代表, 諫早湾干拓事業による潮汐振幅と河川水の挙動の変化に関する研究.
2010年度~2012年度, 三井物産環境基金研究助成, 分担, 豊饒の沿岸閉鎖性海域で発生する環境異変の原因究明と沿岸生態系回復策の提示.
共同研究、受託研究(競争的資金を除く)の受入状況
2013.04~2018.03, 分担, ハブ型ネットワークによる有明海地域共同観測プロジェクト(COMPAS).
2012.12~2013.03, 代表, 漁業者ヒアリング結果に基づく過去の有明海海洋環境の変遷と将来予測.
学内資金・基金等への採択状況
2015年度~2015年度, 工学研究院若手研究者育成研究助成, 代表, 汽水域における浮遊幼生分散過程の高精度予測モデルの開発.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」