九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
川村 隆一(かわむら りゅういち) データ更新日:2019.04.12

教授 /  理学研究院 地球惑星科学部門 流体圏・宇宙圏科学


社会貢献・国際連携
社会貢献・国際連携活動概要
気象庁異常気象分析検討会委員として、異常気象に関する最新の知見に基づく分析検討に協力している。また、日本気象学会九州支部気象教室での講演「モンスーン変動と日本の異常気象」、九州大学オープンキャンパスでの講演「日本の異常気象・極端現象について」などの各種講演や「メガストーム(台風・爆弾低気圧)情報データベース」の公開等を通して、一般市民や生徒を対象に、気象・気候の理解ならびに気象災害の防災・減災を目指した啓蒙活動に携わっている。
国内, 国際政策形成, 及び学術振興等への寄与活動
2013.06~2019.06, 異常気象に関する気候学的な解析及び調査の実施、気象庁が発表する異常気象の発生要因等に関する情報への助言、異常気象に関する気候学的な研究成果の気象庁での活用に関する提言, 気象庁異常気象分析検討会.

2011.08~2012.07, 環境基本計画に関し、評価及び提言を行う。, 富山市環境審議会委員.

2006.04, モンスーンアジア水文気候研究計画の策定および提言を行う。, 内閣府日本学術会議環境学委員会・地球惑星科学委員会合同IGBP・WCRP合同分科会モンスーンアジア水文気候研究計画小委員会.

2007.04~2013.09, 異常気象に関する気候学的な解析及び調査の実施、気象庁が発表する異常気象の発生要因等に関する情報への助言、異常気象に関する気候学的な研究成果の気象庁での活用に関する提言, 気象庁異常気象分析作業部会.

文部科学省, 日本学術振興会等による事業の審査委員等就任状況
2012.08~2013.07, 科学研究費委員会専門委員, 独立行政法人日本学術振興会.

2010.04~2011.03, 日本学術振興会「最先端・次世代研究開発支援プログラム」書面審査委員, 日本学術振興会.

新聞・雑誌記事及びTV・ラジオ番組出演等
2019.01, 北海道新聞, 「フィリピンで海水温上昇→北海道の暴風雪倍増 『南岸低気圧』接近しやすく 九大チーム分析」、取材協力.

2018.07, 時事通信, 「熊谷41.1℃ 複数の要因重なる「フェーン、高気圧、都市化=複数要因重なる―専門家」」、取材協力.

2018.07, 共同通信(掲載紙:西日本新聞、山陽新聞、四国新聞ほか), 「線状降水帯の予測困難」(平成30年7月西日本豪雨の特徴と要因について解説)、取材協力.

2018.07, 日本経済新聞, 「積乱雲、同じ場所に次々 西日本豪雨、観測史上最大の雨量 偏西風蛇行し前線が停滞」、取材協力.

2018.06, 共同通信(東京新聞、中日新聞、各地方紙に掲載), 「2017年九州豪雨を解析 2方向から気流、上空に」、取材協力.

2018.06, 西日本新聞, 「九州豪雨 湿った気流、2方向から朝倉に 線状降水帯の原因『特異』 九州大研究班が解析」、取材協力.

2017.09, NHK, NHKスペシャル「黒潮 ~世界最大 渦巻く不思議の海~」、番組制作協力(「九州大学爆弾低気圧情報データベース」のデータ提供).

2017.08, 西日本新聞, 「線状降水帯九州多発 95-09年気象庁分析 研究途上、予測困難」(九州北部豪雨の予測の問題について解説)、取材協力.

2017.07, 日本経済新聞, 「九州豪雨、積乱雲連なる「線状降水帯」が猛威」(九州北部の記録的豪雨の要因について解説)、取材協力.

2017.07, 毎日新聞, 「九州豪雨「家の中、まるで海」2市全域、避難指示」(九州北部の記録的豪雨の要因について解説)、取材協力.

2017.07, 朝日新聞, 「積乱雲が次々発生 「線状降水帯」、記録的豪雨の原因に」(九州北部の記録的豪雨の要因について解説)、取材協力.

2017.07, 毎日新聞, 「大雨:線状降水帯が持続 福岡から島根に」(九州北部の記録的豪雨の要因について解説)、取材協力.

2016.08, 毎日新聞, 「台風10号:迷走 進路反転、来週本州上陸も」、取材協力.

2016.01, 毎日新聞, 「北極圏で寒気蓄積、偏西風蛇行沖縄へ」(今冬の寒波の要因について解説)、取材協力 .

2015.02, 日本経済新聞, ナゾ謎かがく「爆弾低気圧なぜ発達? 渦や水蒸気 引き金に」、取材協力 .

2014.08, 朝日新聞, 「海水温低く梅雨に戻る」(今夏の天候不順の要因について解説)、取材協力.

2012.09, AERA, 気象学者46人に聞く「暑い理由」.

2013.09, 日本経済新聞, 「黒潮大蛇行が気象変える」、取材協力 .

一般市民、社会活動及び産業界等を対象とした活動
2018.03, 九州北部豪雨の要因分析と予測可能性, 科学研究費助成事業(特別研究促進費)「平成29年7月九州北部豪雨災害に関する総合的研究」報告会, アクロス福岡.

2015.03, 急発達する低気圧(爆弾低気圧)と黒潮・黒潮続流, 一般公開シンポジウム 「気候系のHot Spot:熱帯と寒帯が近接するモンスーンアジアの大気海洋結合変動」(新学術領域研究), 東京大学先端科学技術センター.

2012.08, モンスーン変動と日本の異常気象, 日本気象学会九州支部気象教室, 天神クリスタルビル.

大学運営
学内運営に関わる各種委員・役職等
2018.04~2020.03, 理学研究院 副研究院長(研究・財務担当).

2018.04~2020.03, グローバルイノベーションセンター委員会委員.

2017.04~2018.03, 談話会委員.

2016.04~2017.03, 21世紀プログラム実施協議会構成員.

2016.04~2017.03, 21世紀プログラム主導教員(修学指導).

2016.04~2017.03, 経済支援専門部会部会長.

2016.04~2017.03, 学生支援委員会委員.

2016.04~2018.03, 学生生活・修学相談室室員.

2016.04~2019.03, 教員業績評価委員会委員.

2016.04~2017.03, 年報委員.

2015.04~2016.03, 地球惑星科学科長.

2015.04~2016.03, 地球惑星科学専攻長.

2015.04~2016.03, 地球惑星科学部門長.

2014.04~2019.03, 附属地震火山観測研究センター運営委員.

2014.04~2015.03, 点検・評価専門委員会委員.

2014.04~2015.03, 地球惑星科学部門長代理.

2013.04~2014.03, 研究院長任期等検討WG委員.

2013.04~2014.03, 経理委員会委員長.

2012.10~2014.09, 就職担当委員.


九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」