九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
加藤 和利(かとう かずとし) データ更新日:2019.07.03



教育活動概要
工学部2年後期の「電子物性Ⅰ」、3年前期の「電磁波工学Ⅰ」、工学部G30コースの「Elementary of Electromagnetism」、大学院修士の「高周波デバイス工学特論」を担当。また「電気情報工学入門」として研究室において工学部1年次の初歩的な研究指導を行った。さらに修士2年生4名、修士1年生4名の修士研究指導と4年生3名の卒業研究指導を行っている。
担当授業科目
2018年度・前期, 電磁波工学Ⅰ.

2018年度・前期, 高周波デバイス工学特論.

2018年度・前期, 電気電子工学演習第一.

2018年度・前期, 電気電子工学演習第三.

2018年度・後期, 電子物性(A).

2018年度・後期, 電磁波工学Ⅱ.

2018年度・後期, 電気電子工学演習第二.

2018年度・後期, Elementary of Electromagnetism.

2017年度・前期, 電磁波工学Ⅰ.

2017年度・後期, 電子物性Ⅰ.

2017年度・後期, 電磁波工学Ⅱ.

2017年度・前期, 高周波デバイス工学特論.

2017年度・前期, 電気電子工学演習第一.

2017年度・後期, 電気電子工学演習第二.

2017年度・前期, 電気電子工学演習第三.

2017年度・通年, 国際演示技法.

2017年度・通年, 知的財産技法.

2017年度・通年, ティーチング演習.

2017年度・通年, 先端プロジェクト管理技法.

2017年度・通年, Overseas Internship.

2017年度・通年, Scientific English Presentation.

2017年度・通年, Intellectual Property Management.

2017年度・通年, Exercise in Teaching.

2017年度・通年, Advanced Project Management Technique.

2017年度・通年, 電気電子工学特別講究第一.

2017年度・通年, 電気電子工学特別講究第二.

2017年度・通年, Advanced Research in Electrical and Electronic Engineering I.

2017年度・通年, Adv Res in Electrical and Electronic Engineering II.

2017年度・通年, 電気電子工学特別演習.

2017年度・通年, Advanced Seminar in Electrical and Electronic Engineering.

2017年度・通年, 情報伝送工学特別講究.

2017年度・通年, A. R. in Info Tech Based on Electromagnetic Wave Devices.

2017年度・秋学期, Elements of Electromagnetism.

2018年度・前期, 電磁波工学Ⅰ.

2018年度・前期, 高周波デバイス工学特論.

2018年度・前期, 高周波デバイス工学特論.

2018年度・前期, 電気電子工学演習第一.

2018年度・前期, 電気電子工学演習第三.

2016年度・前期, 高周波デバイス工学特論.

2016年度・後期, Elementary of Electromagnetism.

2016年度・後期, 電子物性Ⅰ.

2016年度・後期, 電磁波工学Ⅱ.

2016年度・前期, 電磁波工学Ⅰ.

2015年度・前期, 電子情報工学基礎.

2015年度・後期, 電子物性Ⅰ.

2015年度・後期, Elementary of Electromagnetism.

2015年度・前期, 高周波デバイス工学特論.

2015年度・前期, 電磁波工学Ⅰ.

2014年度・前期, 高周波デバイス工学特論.

2014年度・後期, Elementary of Electromagnetism.

2014年度・後期, 電子物性Ⅰ.

2013年度・前期, 電磁波工学I.

2013年度・後期, 回路路論II.

2014年度・前期, 電磁波工学Ⅰ.

2013年度・前期, 高周波デバイス工学特論.

2012年度・前期, 電磁波工学I.

2012年度・前期, 高周波デバイス工学特論.

その他の特筆すべき教育実績
2017.06, 「電磁波工学Ⅰ」の講義に対して九州大学工学講義賞を受賞.


九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」