九州大学 研究者情報
著書一覧
古賀 聡(こが さとし) データ更新日:2020.01.10

准教授 /  人間環境学研究院 人間科学部門 臨床心理学


著書
1. 矢澤美香子編  , 基礎から学ぶ心理療法 (第20章 心理劇), ナカニシヤ出版, 2018.05.
2. 監修:針塚進、編著:遠矢浩一、著者:石倉健二、古賀聡、飯塚一裕、鬼塚良太郎、井上久美子、黒山竜太、橋本亜希子、松尾伸一、一ノ瀬有紗、川村由紀、中村真樹、渡辺須美子、岡島一郎、竹下可奈子、平山篤史、金城志麻、税田慶昭、中園照美, 軽度発達障害児のためのグループセラピー (第3章 グループセラピーの方法論), ナカニシヤ出版, 2006.07, 軽度発達障害児ならではの支援の必要性を踏まえ、集団という場で子どものもてる力を最大限のばすグループセラピーの方法論を筆者らの実践例にそって解説を行った。筆者(古賀)の執筆担当は、第3章「グループセラピーの方法論」である。これまで実践してきた数多くのプログラムを、感覚運動的遊び、心理劇的方法、セラピューティック・アクティビティの3つの視点から整理し、その方法論の理論的根拠や実際の展開方法について説明を行った。.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」