九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
猿渡 悦子(さわたり えつこ) データ更新日:2018.06.15



主な研究テーマ
線虫 C. elegansを用いた記憶の忘却の分子メカニズム

キーワード:行動・学習・情報処理・神経可塑性・線虫C. elegans
2010.04.
研究業績
主要原著論文
1. Akitoshi Inoue, Etsuko Sawatari, Naoki Hisamoto, Tomohiro Kitazono, Takayuki Teramoto, Manabi Fujiwara, Kunihiro Matsumoto, Takeshi Ishihara, Forgetting in C. elegans Is Accelerated by Neuronal Communication via the TIR-1/JNK-1 Pathway, Cell Reports, Volume , 21 March 2013, Issue 3, 3808-3819, 2012.03.
2. Etsuko Sawatari, Ryoko Seki, Tomoko Adachi, Hisashi Hashimoto, Susumu Uji, Yuko Wakamatsu, Takahiro Nakata, Masato Kinoshita. , Overexpression of the dominant-negative form of myostatin results in doubling of muscle-fiber number in transgenic medaka (Oryzias latipes).
, Comparative Biochemistry and Physiology - Part A: Molecular & Integrative Physiology, 155, 2, 183-189, 2010.02.
3. Etsuko Sawatari, Hisashi Hashimoto, Takaharu Matsumura, Yasuhiro Iwata, Naoki Yamamoto, Yoshihiro Yokoyama, Yuko Wakamatsu. , Cell growth promoting activity of fluid from eye sacs of bubble-eye goldfish (Carassius auratus). , Zoological Science, 26, 254-258, 2009.04.
4. Etsuko Sawatari, Shinya Shikina, Toshio Takeuchi, Goro Yoshizaki., A novel transforming growth factor-beta superfamily member expressed in gonadal somatic cells enhances primordial germ cell and spermatogonial proliferation in rainbow trout (Oncorhynchus mykiss).
, Developmental Biology, 301, 266-275, 301: 266-275, 2007.01.
主要学会発表等
1. 猿渡 悦子, 海江田 兼次, 寺本 孝行, 石原 健, シナプトタグミン類似タンパク質SNT-3は線虫C. elegansにおいてブタノンエンハンスメントの記憶の消去を制御する, 第35回日本分子生物学会年会, 2012.12.
2. 猿渡悦子, 線虫C. elegansをモデルとした感覚情報処理メカニズムの解析, 第4回九州昆虫セミナー, 2012.09.
3. 猿渡悦子, 線虫C. elegansをモデルとした感覚情報処理メカニズムの解析, 日本昆虫学会九州支部例会, 2012.07.
4. Etsuko Sawatari, Kenji Kaieda, Takayuki Teramoto, Takeshi Ishihara, snt-3 regulates memory erasing for butanone enhancement in Caenorhabditis elegans
, 2012 EMBO conference series: C. elegans Neurobiology, 2012.06.
5. Etsuko Sawatari, Akitoshi Inoue, Takayuki Teramoto, Takeshi Ishihara , Changes in responsivity of olfactory neurons to odor during olfactory adaptation and recovery in Caenorhabditis elegans
, The 18th International C. elegans Meeting , 2011.06.
6. 猿渡悦子、海江田兼次、石原健, 線虫C.elegansにおけるブタノンエンハンスメントに関わる記憶の消去の解析
, 第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会 合同大会, 2010.12.
学会活動
所属学会名
日本分子生物学会
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2013年度~2015年度, 若手研究(B), 代表, 線虫C.elegansの嗅覚学習をモデルとした忘却の制御メカニズム.
2012年度~2013年度, 基盤研究(B), 分担, 記憶の忘却を制御する分子・神経回路メカニズムの遺伝学的解析
2011~2013 代表 石原健.
2012年度~2013年度, 新学術領域研究, 連携, 神経回路における感覚情報処理の制御機構の解明
2008~2012 代表 石原健.
学内資金・基金等への採択状況
2017年度~2017年度, H29年度出産・育児復帰者支援, 代表, 線虫C. elegansの嗅覚学習をモデルとした忘却の制御メカニズム.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」