九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
前田 晴良(まえだ はるよし) データ更新日:2016.10.21

教授 /  総合研究博物館 理学府 地球惑星科学専攻 地球惑星博物学講座


主な研究テーマ
化石頭足類:アンモノイドの分類・進化・古生態・化石化作用の研究.例外的に保存の良い化石(化石鉱脈)の成因と意義
キーワード:古生物学,分類,古生態,タフォノミー,アンモノイド,化石鉱脈,保存メカニズム
2012.08~2022.03.
従事しているプロジェクト研究
軟体部が保存された化石鉱脈の成因解明
2012.08~2023.03, 代表者:前田 晴良, 日本
皮膚・筋肉・付属肢など普通なら残らない軟体部が保存された化石鉱脈の成因を解明し,過去の生態系に関するより高度な情報を解読する..
極東ロシア・サハリン州の白亜系に関する国際共同研究
1997.04~2023.03, 代表者:重田 康成, 国立科学博物館(日本)
ロシア科学アカデミー極東地質研究所(ロシア共和国)
サハリンに露出する白亜系模式層序の層位・古生物学分野を中心とする日ロ国際共同研究.
極東ロシア・下部三畳系の層位・古生物学に関する国際共同研究
1998.04~2023.03, 代表者:重田 康成, 国立科学博物館(日本)
ロシア科学アカデミー極東地質研究所(ロシア共和国)
ロシア沿海州に分布する下部三畳系に関する層位・古生物学分野を中心とする日ロ国際共同研究.
北米コーディレラ地域・下部三畳系の層位・古生物学に関する国際共同研究
1998.04~2023.03, 代表者:重田 康成, 国立科学博物館(日本)
ユタ州化石研究会(アメリカ合衆国)
アメリカ合衆国西部に分布する下部三畳系に関する層位・古生物学分野を中心とする日米国際共同研究.
研究業績
主要著書
1. 巌佐 庸, 倉谷 滋, 斎藤成也, 塚谷裕一, 岩波 生物学事典 第5版, 岩波書店, 1—2192, 2012.02.
2. Shigeta Yasunari, Zakharov, Y.D., Maeda Haruyoshi, Popov, A.M., The Lower Triassic System in the Abrek area, south Primorye, Russia, National Science Museum, Tokyo, National Science Museum Monographs, No.31, 1—136, 2009.03.
3. Shigeta Yasunari, Maeda Haruyoshi, The Cretaceous System in the Makarov area, southern Sakhalin, Russian Far East, National Science Museum, Tokyo, National Science Museum Monographs, No.31, 1—136, 2005.12.
4. Maeda Haruyoshi, Seilacher A., Ammonoid Taphonomy in Ammonoid Paleobiology, Prenum Pess, New York, 543—578, 1996.06.
主要原著論文
1. 前田 晴良, 唐沢 與希, 漂着オウムガイ殻の破損パターンの新評価法., 三笠市立博物館紀要, 19, 印刷柱, 2015.03.
2. Tanaka Gengo, Parker, A.R., YHasegawa Yoshikazu, Siveter, D.J., Yamamoto Ryoichi, Miyashita Kiyoshi, Takahashi Yuichi, Ito Shosuke, Wakamatsu Kazumasa, Mukuda Takao, Matsuura Marie, Tomikawa Ko, Furutani Masumi, Suzuki Kayo, Maeda Haruyoshi, Mineralized rods and cones suggest colour vision in a 300 Myr-old fossil fish., Nature Communications, 5, 2014.12.
3. Misaki Akhiro, Maeda Haruyoshi, Kumae Taro, Ichida Masahiro, Commensal anomiid bivalves on Late Cretaceous heteromorph ammonites from southwest Japan, Palaeontology, 57, 77-95, 2014.02.
4. Fujino Shigehiro, Maeda Haruyoshi, Environmental changes and shallow marine fossil bivalve assemblages of the Lower Cretaceous Miyako Group, NE Japan, Journal of Asian Earth Sciences, 64, 168-179, 2013.01.
5. 前田 晴良, 上田 直人, 西村 智弘, 田中 源吾, 野村 真一, 松岡 廣繁, 高知県佐川地域の七良谷層から最上部ジュラ系アンモノイドの産出, 地質学雑誌, 118, 11, 741-747, 2012.11.
6. Tanaka Gengo, Matsushima Yoshiaki, Maeda Haruyoshi, Holocoene ostracods from the borehole core at Oppama Park, Yokosuka City, Kanagawa Prefecture, central Japan: Paleoenvironmental analysis and the discovery of a fossil ostracod with three- dimensionally preserved soft parts, Paleontological Research, 16, 1, 1-18, 2012.04.
7. Maeda Haruyoshi, Tanaka Gengo, Shimobayashi Norimasa, Ohno Terufumi, Matsuoka Hiroshige, Cambrian Orsten lagerstätte from the Alum Shale Formation: fecal pellets as a probable source of phosphatic preservation, Palaios, 26, 225-231, 2011.04.
8. Tanaka Gengo, Taniuchi, H., Maeda Haruyoshi, Nomura Shin'ichi, Original structural color preserved in an ancient leaf beetle, Geology, 38, 127-130, 2010.03.
9. Maeda Haruyoshi, Kumagae Taro, Matsuoka Hiroshige, Yamazaki Yosuke, Taphonomy of large Canadoceras (ammonoid) shells in the Upper Cretaceous Series in South Sakhalin, Russia, Paleontological Research, 14, 1, 56-68, 2010.03.
10. Nishimura Tomohiro, Maeda Haruyoshi, Tanaka Gengo, Ohno Terufumi, Taxonomic evaluation of various morphological characters in the Late Cretaceous desmoceratine polyphyletic genus "Damesites" from the Yezo Group in Hokkaido and Sakhalin, Paleontological Research, 14, 1, 33-55, 2010.03.
11. Tsujino Takumi, Maeda Haruyoshi, Maeda Yoko, Taphonomic processes in diatomaceous laminites of the Pleistocene Shiobara Group (caldera-fill, lacustrine), Northeastern Japan, Paleontological Research, 13, 3, 213-229, 2009.09.
12. Matsunaga Takeshi, Maeda Haruyoshi, Shigeta Yasunari, Hasegawa Koji, Nomura Shin'ichi, Nishimura Tomohiro, First discovery of Pravitoceras sigmoidale Yabe from the Yezo Supergroup in Hokkaido, Japan, Paleontological Research, 12, 4, 309-319, 2008.12.
13. Allison P.A., Maeda Haruyoshi, Tsujino Takumi, Maeda Yoko, Exceptional preservation within Pleistocene lacustrine sediments of Shiobara, Japan, Palaios, 23, 4, 260-266, 2008.08.
14. Maeda Haruyoshi, Mapes, R.H., Mapes, G., Taphononic features of a Lower Permian beached cephalopod assemblage from central Texas, Palaios, 18, 4, 5, 421-434, 2003.10.
15. 小玉 一人, 前田 晴良, 重田 康成, 加瀬 友喜, 竹内 徹, ロシア・サハリン州南部ナイバ川(内淵川)流域に分布する白亜系上部の化石層序と古地磁気層序, 地質学雑誌, 108, 6, 366-384, 2002.06.
16. 前田 晴良, アンモノイドの遺骸は浮くか沈むか?, 地質学論集, 54, 131-140, 1999.12.
17. Maeda Haruyoshi, Dimorphism of two late Cretaceous false-puzosiine ammonites, Yokoyamaoceras Wright and Matsumoto, 1954 and Neopuzosia Matsumoto, 1954, Trans. Proc. Palaeont. Soc. Japan, N.S., 169, 97-128, 1993.06.
18. Maeda Haruyoshi, Sheltered preservation: a peculiar mode of ammonite occurrence in the Cretaceous Yezo Group, Hokkaido, north Japan, Lethaia, 24, 1, 69-82, 1991.03.
19. Maeda Haruyoshi, Taphonomy of ammonites from the Cretaceous Yezo Group in the Tappu area, northwestern Hokkaido, Japan, Trans. Proc. Palaeont. Soc. Japan, N.S., 148, 285-305, 1987.12.
20. 前田 晴良, 宮田 憲一, 川路 芳弘, 徳島県勝浦地域に分布する下部白亜系藤川層の堆積環境について, 高知大学学術研究報告[自然科学], 36, 93-107, 1987.10.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 田中 源吾, 前田 晴良, 眼の軟組織が保存された最古の魚類火星発見!, 九州大学総合研究博物館ニュース, 2015.03.
2. 前田 晴良, アンモノイドを追いかけて, 九州大学総合研究博物館ニュース, 2013.03.
3. 前田 晴良, 異常なサイズの異常巻アンモノイド:菱鉄鉱ノジュールの謎, 九州大学総合研究博物館ニュース, 2012.10.
4. 前田 晴良, 松本達郎博士によるご進講と天覧化石, U7, 2013.07.
主要学会発表等
1. 前田 晴良, フィールド古生物学, 日本古生物学会, 2014.06.27.
2. 御前 明洋, 前田 晴良, 岡本 隆, 上部白亜系和泉・外和泉層群産ノストセラス科異常巻アンモノイドの進化と古生態, 日本古生物学会, 2014.06.27.
3. 御前 明洋, 岡本 隆, 前田 晴良, 白亜紀異常巻アンモノイドPravitocerasの殻形成過程, 日本古生物学会, 2014.01.25.
4. 唐沢 與希, 前田 晴良, 漂着オウムガイ殻の破損パターンの検討, 日本古生物学会, 2013.06.29.
5. 前田 晴良, 上田 直人, 西村 智弘, 田中 源吾, 野村 真一, 松岡 廣繁, 高知県佐川地域の七良谷層から最上部ジュラ系アンモノイドの産出, 日本古生物学会, 2013.01.26.
学会活動
所属学会名
日本古生物学会
日本地質学会
日本堆積学会
英国古生物学協会
英国記載古生物学会
国際古生物学協会
米国古生物学会
米国堆積地質学会
米国地質学会
学協会役員等への就任
2015.07~2017.06, 日本古生物学会, 会長.
2015.10~2018.09, 日本地質学会, 編集顧問.
2013.08~2015.07, 日本古生物学会, 学会誌編集長.
2001.01~2012.12, Paleontological Society, Paleobiology Patron.
1999.04~2015.04, 日本古生物学会, 運営委員.
1997.08~2015.04, 日本古生物学会, 評議員.
学会・研究会における座長等
2015.06.26~2016.06.28, 日本古生物学会, 司会.
2016.06.24~2016.10.26, 日本古生物学会, 司会.
2015.01.30~2015.02.01, 日本古生物学会, 司会.
2014.06.27~2014.06.29, 日本古生物学会, 司会.
2013.01.26~2013.01.27, 日本古生物学会, 座長.
2006.09.05~2006.09.15, 7th International Symposium of "Cephalopods: present and past", 座長.
1992.08.20~1992.08.30, 29th International Geological Congress, 座長.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2014.06.27~2011.06.29, 日本古生物学会, シンポジウムコンビナー.
2011.01.28~2011.01.30, 日本古生物学会, シンポジウムコンビナー.
2007.09.01~2007.09.30, 7th International symposium of "Cephalopods: present and past", 大会運営委員.
1991.08.01~1992.09.30, International Geological Congress, 会場運営委員.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2015.10~2018.09, Island Arc, 編集顧問.
2013.08~2015.07, 化石, 編集委員長.
2012.04~2014.03, Paleontological Research, 編集委員.
2012.04~2013.03, 福井県立博物館紀要, 査読委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2016年度    
2015年度 12      15 
2014年度 12      18 
2013年度 10      14 
2012年度
その他の研究活動
研究活動に関する情報の公開
ホームページ, 現在進めているプロジェクト研究の成果や社会教育イベントの内容を公開, 2014.05.
特別展での展示解説, 故・松本達郎名誉教授による昭和天皇へのご進講に用いた天覧化石を九州大学標本庫から再発見し,その特別展を開くと同時に,その研究史・科学史的な意義を解説した., 2013.05.
普及講演会, 科学研究費補助金(基盤および海外調査)による研究成果の一部を普及講演会で一般市民に公開した., 2012.03.
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
ロシア科学アカデミー極東地質研究所, Russia, 2016.09~2016.10.
ロシアCNIGR博物館, Russia, 2014.09~2014.09.
Uta Ammonoid Research, United States of America, 2013.09~2013.09.
Far Eastern Geological Institute, Russia, 2002.05~2002.06.
United States Geological Survey, Denver, United States of America, 2000.04~2000.04.
American Museum of Natural History, United States of America, 2000.03~2000.03.
Ohio University, United States Geological Survey, American Museum of Natural History, United States of America, 1999.07~2000.10.
外国人研究者等の受入れ状況
2016.03~2016.03, ポーランド科学アカデミー古生物学研究所, Poland, 外国政府・外国研究機関・国際機関.
2013.03~2013.04, ロシア科学アカデミー極東地質研究所, Russia, 国立科学博物館.
2002.10~2002.11, Ohio University, United States of America, 学内資金.
2010.06~2010.06, Yale University, United Kingdom, 日本古生物学会.
受賞
日本古生物学会ポスター賞, 日本古生物学会, 2010.06.
日本古生物学会論文賞, 日本古生物学会, 2010.06.
日本古生物学会学術賞, 日本古生物学会, 1998.01.
日本古生物学会論文賞, 日本古生物学会, 1994.01.
日本古生物学会論文賞, 日本古生物学会, 1989.02.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2016年度~2018年度, 基盤研究(C), 分担, 眼の起源と古生物の視覚の復元に挑む.
2012年度~2015年度, 基盤研究(B), 代表, オルステン型化石鉱脈の成因の解明.
2012年度~2014年度, 基盤研究(C), 分担, 化石証拠に基づく「光スイッチ説」の検証.

九大関連コンテンツ