九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
今里 悟之(いまざと さとし) データ更新日:2019.05.20

准教授 /  人文科学研究院 歴史学部門 地理学


主な研究テーマ
日本の農山漁村における民俗的な空間分類体系
キーワード:空間分類
1995.04~2028.03.
日本村落における社会組織と社会構造
キーワード:社会組織 社会構造 
2000.04~2028.03.
長崎県平戸島の民俗宗教
キーワード:民俗宗教
2011.04~2028.03.
従事しているプロジェクト研究
集落再編の国際比較と生活空間論による再考
2016.04~2021.03, 代表者:小島泰雄, 京都大学.
研究業績
主要著書
1. 今里 悟之, 近代日本の地図作製とアジア太平洋地域―「外邦図」へのアプローチ(小林茂編), 大阪大学出版会, 32-46,55-69,70-79ページ, 2009.02.
2. 今里 悟之, 農山漁村の<空間分類>―景観の秩序を読む, 京都大学学術出版会, 315ページ, 2006.02.
主要原著論文
1. Satoshi Imazato, Spatial structures of Japanese hidden Christian organizations on Hirado Island: A comparative study of three villages and Ikitsuki Island, Japanese Journal of Religious Studies, 10.18874/jjrs.44.2.2017.255-279, 44, 2, 255-279, 2017.01, [URL], Northwestern Kyushu is the most notable region in Japan for its dense distribution of former Hidden Christians. The spatial structures of its religious organizations have been classified into several types. However, this classification procedure and the formation principles of such organizations need further examination. This article reexamines the spatial structures of these organizations and their formation principles from a social geographical perspective, focusing on three villages on Hirado Island and comparing them with Ikitsuki Island, Nagasaki Prefecture. We reveal the basic units and subunits that constitute one or two components of the organizations in the case study villages on Hirado as compared with the three components, including alliance units, found on Ikitsuki. Within the same region, different structural patterns were observed among the villages, each subject to their own geographical conditions, such as physical environment, settlement morphological pattern, and population size, as well as existing neighborhood relationships or kinships and the administrative units within and over the village..
2. 今里 悟之, カトリック村落における宗教的地位とキャリアパターン―長崎県平戸市宝亀町三区を事例として, 村落社会研究ジャーナル(日本村落研究学会), 21, 2, 26-36, 2014.10.
3. Satoshi IMAZATO, Naming methods of folk agricultural plot names in Japanese villages: A connection between geography and cognitive linguistics., Semestrale di Studi e Ricerche di Geographia (Sapienza University of Rome), 25, 2, 27-39, 2013.12.
4. 今里悟之, 長崎県平戸島における筆名の命名原理と空間単位―認知言語学との接点, 地理学評論(日本地理学会), 85, 2, 106‐126, 2012.03.
5. 今里 悟之, 圃場整備を通じた筆名の命名原理変化―滋賀県野洲市の三集落の事例, 人文地理(人文地理学会), 61, 3, 209-230, 2010.06.
6. Satoshi IMAZATO, Under two globalizations: Progress in social and cultural geography of Japanese rural areas, 1996-2006, Geographical Review of Japan (Association of Japanese Geographers), 81, 5, 323-335, 2008.05.
7. Satoshi IMAZATO, Gender differences in the folk classification of subsistence spaces and religious places in a Japanese fishing village, Japanese Review of Cultural Anthropology (Japanese Society of Cultural Anthropology), 8, 77-100, 2007.12.
8. Satoshi IMAZATO, Rethinking the humanistic approach in geography: Misunderstood essences and Japanese challenges, Japanese Journal of Human Geography (Human Geographical Society of Japan), 59, 6, 508-532, 2007.12.
9. Satoshi IMAZATO, Semiotic structure of traditional Japanese rural space: Hagikura village, Suwa Basin, The Public Journal of Semiotics (Open Semiotic Resource Center), 1, 1, 2-14, 2007.01.
10. 今里 悟之, 区費等級割にみる同族型村落の家格秩序変動―諏訪地方萩倉集落を事例として, 村落社会研究(日本村落研究学会), 13, 1, 13-24, 2006.10.
11. 今里 悟之, 村落社会秩序に対する家格の影響度の計量的測定―丹後半島新井漁村を事例として, 村落社会研究(日本村落研究学会), 11, 2, 19-29, 2005.03.
12. 今里 悟之, 景観テクスト論をめぐる英語圏の論争と今後の課題, 地理学評論(日本地理学会), 77, 7, 483-502, 2004.06.
13. 今里 悟之, 日本村落の空間テクスト論の視角と課題, 人文地理(人文地理学会), 54, 4, 319-339, 2002.08.
14. 今里 悟之, 村落空間の分類体系とその統合的検討―長野県下諏訪町萩倉を事例として, 人文地理(人文地理学会), 51, 5, 433-456, 1999.10.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 今里 悟之, 地理学と民俗学, 日本民俗学(日本民俗学会)277号, 2014.02.
2. 今里 悟之, 村落共同体, 人文地理学会編『人文地理学事典』丸善出版, 2013.09.
主要学会発表等
1. Satoshi IMAZATO, Naming methods of folk agricultural plot names: A connection between geography and cognitive lingustics, IGU Kyoto Regional Conference 2013, 2013.08.
2. 今里 悟之, 空間分類体系の最小単位としての筆名―課題と展望, 人文地理学会2012年度大会, 2012.11.
学会活動
所属学会名
福岡地理学会
日本宗教学会
人文地理学会
日本地理学会
日本民俗学会
日本文化人類学会
日本村落研究学会
歴史地理学会
形の科学会
京都民俗学会
日本地球惑星科学連合
学協会役員等への就任
2019.04~2021.03, 歴史地理学会, 評議員.
2018.11~2020.10, 人文地理学会, 代議員.
2018.07~2020.06, 福岡地理学会, 会計監査.
2018.04~2020.03, 日本地理学会, 代議員.
2016.07~2018.06, 福岡地理学会, 委員長.
2014.11~2016.10, 人文地理学会, 代議員.
2014.04~2016.03, 日本地理学会, 代議員.
2008.11~2014.10, 人文地理学会, 協議員.
2010.11~2012.10, 人文地理学会, 評議員.
2011.04~2017.03, 歴史地理学会, 評議員.
2011.10~2013.09, 日本村落研究学会, 理事.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2019.03.20~2019.03.22, 2019年日本地理学会春季学術大会, シンポジウム・コメンテーター.
2016.11.11~2016.11.13, 2016年人文地理学会大会, 座長(Chairmanship).
2013.08.04~2013.08.09, IGU Kyoto Regional Conference 2013, 会場委員会副委員長.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2014.04~2016.03, 村落社会研究年報(日本村落研究学会), 国内, 編集委員.
2005.06~2009.03, 地理学文献目録第12集(人文地理学会), 国内, 編集委員.
2007.11~2012.10, 村落社会研究年報(日本村落研究学会), 国内, 編集委員.
2012.04~2020.03, Geographical Review of Japan, Series B(日本地理学会), 国内, 編集委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2018年度    
2017年度    
2016年度    
2015年度    
2014年度    
2013年度    
受賞
2005年度日本地理学会賞奨励賞, 日本地理学会, 2005.03.
2006年度日本村落研究学会研究奨励賞, 日本村落研究学会, 2006.11.
第7回人文地理学会学会賞(学術著作部門), 人文地理学会, 2007.11.
平成22年度日本国際地図学会特別賞(研究分担者), 日本国際地図学会, 2007.11.
第10回人文地理学会学会賞(論文部門), 人文地理学会, 2011.11.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2019年度~2022年度, 基盤研究(C), 代表, 現代日本のキリシタン集落における社会組織の空間構成と社会構造.
2017年度~2019年度, 基盤研究(B), 連携, 物質・場所・人の関係性に注目した知の関係性に関する地理学史研究.
2016年度~2020年度, 基盤研究(A), 分担, 集落再編の国際比較と生活空間論による再考.
2015年度~2018年度, 基盤研究(C), 代表, 日本村落における一筆耕地呼称の流通範囲と歴史的変遷過程.
2014年度~2016年度, 基盤研究(B), 連携, 「コモンズ」をめぐる思想・理論・社会的実践に関する地理学的研究.
2011年度~2014年度, 基盤研究(C), 代表, 村落耕地の極微細地名における地域差および集落差とその自然的・社会的条件.
学内資金・基金等への採択状況
2016年度~2018年度, つばさプロジェクト, 分担, 文理横断型のネットワークを活用した消滅危機方言の辞典作成の試み.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」