九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
田原 祐助(たはら ゆうすけ) データ更新日:2019.06.14

准教授 /  五感応用デバイス研究開発センター 味覚センサ部門 電子デバイス工学


主な研究テーマ
①脂質高分子膜を用いた味覚センサに関する研究
②バイオマーカの分析技術に関する研究
キーワード:味覚センサ,脂質高分子膜,バイオセンサ
2010.04.
従事しているプロジェクト研究
医薬品用新規味覚センサの開発,若手B
2014.04~2017.03, 代表者:田原 祐助, 九州大学
医薬品の苦みを計測可能な新規味覚センサの開発を実施する..
味覚を題材とした教育用味覚センサキットの開発,挑戦的萌芽研究
2013.04~2015.03, 代表者:栗焼 久夫, 九州大学.
味覚・嗅覚・視覚融合バイオセンサシステム,基盤A
2011.04~2014.03, 代表者:都甲 潔, 九州大学.
研究業績
主要著書
1. Kiyoshi Toko, Yusuke Tahara, Beer Analysis Using an Electronic Tongue, In: M.L.R. Mendez (ed): Electronic Noses and Tongues in Food Science, Oxford: Academic Press, 2016.02.
2. Kiyoshi Toko, Yusuke Tahara, Masaaki Habara, Yoshikazu Kobayashi, Hidekazu Ikezaki, Taste Sensor: Electronic Tongue with Global Selectivity, In: T. Nakamoto (ed): Essentials of Machine Olfaction and Tasted.:, Wiley & Sons Singapore Pte Ltd, 2016.01.
3. Yusuke Tahara, Portable Taste Sensor, In: K. Toko (ed): Biochemical Sensors: Mimicking Olfactory and Gustatory Senses, Pan Stanford Publishing, 423-433, 2013.09.
4. Kiyoshi Toko, Onodera Takeshi, Yusuke Tahara, "Nano-Biosensors for Mimicking Gustatory and Olfactory Senses", Wiley-Blackwell, Oxford, (Editors: Debasis Bagchi, Manashi Bagchi, Hiroyoshi Moriyama and Fereidoon Shahidi), Chapter 15, pp.270-291, 2013.02.
5. 田原 祐助, 都甲 潔, 食品・医薬品のおいしさと安全・安心の確保技術, シーエムシー出版, 第15章残留農薬検知への応用,pp. 119-124, 2012.05.
6. 田原 祐助, 山口 昌樹, ヒューマンインターフェースのための計測と制御, シーエムシー出版, 第23章 児童生徒の心身ストレスの定量化と不登校対策,pp. 296-306, 2009.03.
主要原著論文
1. 田原 祐助, 志堂寺 和則, 林 健司, 都甲 潔, 味・匂い・視覚のセンサ情報を用いたトマトのおいしさ評価, 信学技報, 113, 409, 45-48, 2014.01.
2. Yusuke Tahara, Kiyoshi Toko, Electronic Tongues–A Review, IEEE Sensors Journal , 10.1109/jsen.2013.2263125, 13, 8, 3001-3011, 2013.08.
3. Yusuke Tahara, Nakashi Kenichi, Ji Ke, Akihiro Ikeda, Kiyoshi Toko, Development of a Portable Taste Sensor with a Lipid/Polymer Membrane, Sensors, 10.3390/s130101076, 13, 1, 1076-1084, 2013.01.
4. Yusuke Tahara, Akihiro Ikeda, Habara Masaaki, Kiyoshi Toko, Development and Evaluation of a Miniaturized Taste Sensor Chip, Sensors, 10.3390/s111009878, 11, 10, 9878-9886, 2011.10.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
1. Yusuke Tahara, Tomohiro Hattori, Xiao Wu, Rui Yatabe, Hidekazu Ikezaki, Masaaki Habara, Kiyoshi Toko, Development of sweetness sensor for high-potency sweeteners using lipid polymer membrane, 2017 ISOCS/IEEE International Symposium on Olfaction and Electronic Nose (ISOEN 2017), 2017.07.
2. 田原 祐助, 志堂寺 和則, 林 健司, 都甲 潔, 味・匂い・視覚のセンサ情報を用いたトマトのおいしさ評価, MEとバイオサイバネティックス研究会, 2014.01.
3. Masato Yasuura, Yusuke Tahara, Kazuyoshi Kobayashi, Hidekazu Ikezaki, Kiyoshi Toko, Sweetness sensor with lipid/polymer membranes for detection of positive electric charged high intensity sweetners, 10th Asian Conference of Chemical Sensors, 2013.11.
4. Yusuke Tahara, Kiyoshi Toko, Development of a portable taste sensor, ISOEN 2013, 2013.07.
5. Yusuke Tahara, Yoshihiro Maehara, Ji Ke, Akihiro Ikeda, Kiyoshi Toko, Design of miniaturized taste sensor chip with lipid/polymer membranes, 2012 IEEE Sensors, 2012.10.
6. 田原 祐助, 前原 義弘, 籍 可, 池田 晃裕, 都甲 潔, ポータブル味覚センサの開発, 2012年電気学会センサ・マイクロマシン部門総合研究会(E部門総合研究会), 2012.06.
7. Yusuke Tahara, Yoshihiro Maehara, Kiyoshi Toko, Design of Miniaturized Taste Sensor Chip with Lipid/Polymer Membranes, the 9th Asian Conference on Chemical Sensors, 2011.11.
8. 田原 祐助, 池田 晃裕, 羽原 正秋, 都甲 潔, 同一基板上マルチチャネル型味覚センサチップの開発, 電子情報通信学会有機エレクトロニクス研究会, 2010.10.
特許出願・取得
特許出願件数  2件
特許登録件数  1件
学会活動
所属学会名
応用物理学会
日本生体医工学会
電気学会
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2016.10.24~2016.10.26, 第33回「センサ・マイクロマシンと応用システム」シンポジウム, 座長(Chairmanship).
2016.09.29~2016.09.30, 平成28年度電気・情報関係学会九州支部連合大会, 座長(Chairmanship).
2016.06.05~2016.06.09, International Symposium of Olfaction and Taste (JASTS) 50th Annual Meeting, 座長(Chairmanship).
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2010年度      
2012年度      
2014年度    
2015年度      
2017年度    
2018年度     11  12 
受賞
Best Paper Award, ALLSENSORS 2018, The Third International Conference on Advances in Sensors, Actuators, Metering and Sensing , 2018.03.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2017年度~2019年度, 若手研究(B), 代表, フローインジェクション式新規味覚センサの開発.
2014年度~2016年度, 若手研究(B), 代表, 医薬品用新規味覚センサの開発.
2013年度~2014年度, 挑戦的萌芽研究, 分担, 味覚を題材とした教育用味覚センサキットの開発.
2010年度~2011年度, 研究活動スタート支援, 代表, バイオマーカー分析に用いる脂質膜センサの開発.
寄附金の受入状況
2014年度, 柿原科学技術研究財団, 柿原科学技術研究財団平成26年度科学技術研究助成事業,生体液中の極微量バイオマーカー分析技術の開発(H.26.11-27.1).
2013年度, カシオ科学振興財団, カシオ科学振興財団第31回研究助成「導電性高分子を用いたストレスバイオマーカー分析技術の開発」.
学内資金・基金等への採択状況
2012年度~2012年度, システム情報科学研究院・助教支援研究資金補助, 代表, 低分子バイオマーカー分析技術の開発.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」