九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
松島 雄一(まつしま ゆういち) データ更新日:2019.06.27

助教 /  医学研究院 基礎医学部門 臨床検査医学


主な研究テーマ
ミトコンドリアの遺伝子発現制御の解析
ミトコンドリアマトリクスにおけるタンパク質品質管理の制御の解析
キーワード:ミトコンドリア
1997.01~2025.12.
研究業績
主要著書
1. Matsushima Y, Adan C, Garesse R, Kaguni LS, Mitochondria: Practical Protocols, Functional Analysis by Inducible RNA Interference in Drosophiola melanogaster, Humana Press, Methods in Molecular Biology, 372, 207-217, 2007.08.
主要原著論文
1. Yuichi Matsushima*, Yuta Hirofuji, Masamune Aihara, Yue Song, Takeshi Uchiumi, Laurie S Kaguni, Dongchon Kang, Drosophila protease ClpXP specifically degrades DmLRPPRC1 controlling mitochondrial mRNA and translation, SCIENTIFIC REPORTS, 10.1038/s41598-017-08088-6, 7, 2017.08.
2. Chika Sakai, Yamaguchi, Seiji, Masayuki Sasaki, Yusaku Miyamoto, Yuichi Matsushima*, Yu-ichi Goto, ECHS1 Mutations Cause Combined Respiratory Chain Deficiency Resulting in Leigh Syndrome, HUMAN MUTATION, 10.1002/humu.22730, 36, 2, 232-239, 2015.02, 脂肪酸代謝酵素の異常は脂肪酸代謝異常症をていするが、本論文では脂肪酸代謝酵素の一つであるECHS1が、ミトコンドリア病の原因遺伝子であることを明らかにした。また、ECHS1の異常がが脂肪酸代謝異常を引き起こすだけでなく、ミトコンドリアの呼吸鎖活性の低下をしめすことを明らかにした。また、ECHS1変異が呼吸鎖複合体を阻害する代謝物の蓄積を引き起こしミトコンドリア病に至る可能性を示した。.
3. Matsushima Y, Goto Y, Kaguni LS, Mitochondrial Lon protease regulates mitochondrial DNA copy number and transcription by selective degradation of mitochondrial transcription factor A (TFAM). , Proc Natl Acad Sci USA, 107, 43, 18410-18415, 2010.10.
4. Matsushima Y, Farr CL, Fan L, Kaguni LS, Physiological and biochemical defects in carboxyl-terminal mutants of mitochondrial DNA helicase. , J Boil Chem, 283, 35, 23964-23971, 2008.08.
5. Matsushima Y, Kaguni LS, Differential phenotypes of active site and human autosomal dominant progressive external ophthalmoplegia mutations in drosophila mitochondrial DNA helicase expressed in Schneider cells. , J Boil Chem, 280, 17, 16815-16820, 2007.03.
6. Matsushima Y, Adan C, Garesse R, Kaguni LS, Drosophila mitochondrial transcription factor B1 modulates mitochondrial translation but not transcription or DNA copy number in Schneider cells. , J Boil Chem, 282, 13, 9436-9444, 2005.03.
7. Matsushima Y, Garesse R, Kaguni LS, Drosophila mitochondrial transcription factor B2 regulates mitochondrial DNA copy number and transcription in Schneider cells. , J Boil Chem, 279, 26, 26900-26905, 2004.06.
8. Matsushima Y, Matsumura K, Ishii S, Inagaki H, Suzuki T, Matsuda Y, Beck K, Kitagawa Y, Functional domains of chicken mitochondrial transcription factor a for the maintenance of mitochondrial DNA copy number in lymphoma cell line DT40. , J Boil Chem, 278, 33, 31149-31158, 2003.08.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. Matsushima Y, Kaguni LS, Matrix proteases in mitochondrial DNA function. , Biochimica et Biophysica Acta., 2012.09.
主要学会発表等
学会活動
所属学会名
日本農芸化学会
日本ミトコンドリア学会
日本生化学会
日本分子生物学会
学協会役員等への就任
2011.12, 日本ミトコンドリア学会, 評議員.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2018.12.07~2018.12.09, 第18回日本ミトコンドリア学会年会, 座長.
2017.11.22~2017.11.23, 第17回日本ミトコンドリア学会年会, 座長.
2015.11.19~2015.05.20, 第15回日本ミトコンドリア学会年会, 座長(Chairmanship).
2013.11.06~2013.11.07, International Symposium on Mitochondria 2013 , 座長(Chairmanship).
2013.10.28~2013.11.01, The 4th International Symposium on Dynamics of Mitochondria, 座長(Chairmanship).
2007.12.20~2007.12.22, 第7回日本ミトコンドリア学会年会, 座長(Chairmanship).
2008.12.18~2008.12.20, 第8回日本ミトコンドリア学会年会, 座長(Chairmanship).
2014.12.03~2014.12.05, 第14回日本ミトコンドリア学会年, 事務局.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2018年度      
2017年度      
2016年度      
2015年度      
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
Department of Biochemistry and Molecular Biology, Michigan State University, UnitedStatesofAmerica, 2001.04~2009.07.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2018年度~2021年度, 基盤研究(B), 代表, 老化・疾病をもたらすミトコンドリア機能障害を鋭敏に捕らえる手法の開発.
2018年度~2020年度, 挑戦的研究(萌芽), 代表, 独自の進化を遂げた動物ミトコンドリアmRNAポリ(A)鎖の機能解析.
2015年度~2017年度, 基盤研究(B), 分担, 抗老化に繋がるミトコンドリアストレス応答機構解明と診断分子の探索、有効性.
2015年度~2017年度, 基盤研究(B), 代表, ミトコンドリアタンパク質分解機構の破綻を指標にした疾病・老化マーカーの探索.
2013年度~2014年度, 挑戦的萌芽研究, 代表, ミトコンドリア病遺伝子診断キットの開発を目的とした網羅的病因遺伝子検索法の開発.
2010年度~2012年度, 基盤研究(C), 代表, ミトコンドリア病治療を目的としたミトコンドリア内での外来遺伝子発現の基礎的研究.
1998年度~2000年度, 特別研究員奨励費, 代表, 新しいスプライシング因子NP200のジーンタゲティングによる機能解析.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」