九州大学 研究者情報
発表一覧
楊井 伸浩(やない のぶひろ) データ更新日:2019.05.30

准教授 /  工学研究院 応用化学部門 生体機能化学講座


学会発表等
1. 楊井 伸浩, Near Infrared-to-Visible Photon Upconversion, China-Japan-Singapore Joint Symposium on Supramolecular Systems and Optoelectronic Functions, 2019.06.
2. 楊井 伸浩, Functional Chemistry of Photo-excited Triplet State: from Photon Upconversion to Dynamic Nuclear Polarization, 15th International Symposium on Applied Bioinorganic Chemistry (ISABC15), 2019.06.
3. 楊井 伸浩, NIR-to-Visible Photon Upconversion for Energy Applications, International Conference on Photocatalysis and Photoenergy 2019 (ICoPP 2019), 2019.05.
4. 楊井 伸浩, Making Triplet Dynamic Nuclear Polarization More Accessible and Feasible, 60th Experimental Nuclear Magnetic Resonance Conference (ENC 2019), 2019.04.
5. 楊井 伸浩, フォトン・アップコンバージョン有機材料, 先端化学・材料技術部会 新素材分科会 講演会, 2019.03.
6. 楊井 伸浩, 励起三重項の機能化学:アップコンバージョンから超核偏極まで, 熊本大学工学部物質生命科学科, 2019.02.
7. 楊井 伸浩, Functional chemistry of excited triplet state in molecular assemblies, 国際ワークショップ「スピン自由度を利用した光機能性材料:合成・計測・理論のインタープレイ」, 2019.01.
8. 楊井 伸浩, Photon Upconversion in Molecular Assemblies, 10th Asian Photochemistry Conference (APC) 2018, 2018.12.
9. 楊井 伸浩, Photon Upconverting Molecular Systems, Pusan National University, 2018.12.
10. 楊井 伸浩, Molecular Materials for Photon Upconversion, ICPAC Langkawi 2018, 2018.10.
11. 楊井 伸浩, Photon Upconversion in Self-Assembled Molecular Materials, SPIE Optics + Photonics 2018, 2018.08.
12. 楊井 伸浩, 励起三重項を機能化学する, 第50回構造有機化学若手の会夏の学校, 2018.08.
13. 楊井 伸浩, 分子集積系における励起三重項の機能化学, 第6回慶應有機化学若手シンポジウム, 2018.05.
14. 楊井 伸浩, Photon Upconversion in Self-Assembled Molecular Systems, Department of Chemistry, University of Liverpool, 2018.04.
15. 楊井 伸浩, Photon Upconversion in Self-Assembled Molecular Systems, Spring Meeting of the Polymer Society of Korea, 2018.04.
16. 楊井 伸浩, フォトン・アップコンバージョンにおける次元性, 日本化学会第98春季年会, 2018.03.
17. 楊井 伸浩, Near infrared-to-visible photon upconversion, 日本化学会第98春季年会, 2018.03.
18. 楊井 伸浩, Photonic Materials and Photon Upconversion, 日本化学会第98春季年会, 2018.03.
19. 楊井 伸浩, Photon upconversion in condensed molecular systems, International Symposium on Energy Science and Technology 2018, 2018.01.
20. 楊井 伸浩, 近赤外光を可視光へとアップコンバージョンする分子性材料, 新技術説明会, 2017.12.
21. 楊井 伸浩, 分子集積化を基盤とする励起三重項の機能化学, 錯体化学若手の会北陸支部勉強会, 2017.12.
22. 楊井 伸浩, Coordination Chemistry for Photon Upconversion, 4th Japan-Canada Joint Symposium on Coordination Chemistry, 2017.11.
23. 楊井 伸浩, Photon upconversion toward enhancing renewable energy productions, The 9th Asian Conference on Organic Electronics (A-COE2017), 2017.10.
24. 楊井 伸浩, フォトン・アップコンバージョン分子技術の開拓, CSJフェスタ, 2017.10.
25. 楊井 伸浩, PHOTON UPCONVERSION IN MOLECULAR ASSEMBLIES, 第11回日中クラスター会議, 2017.10.
26. 楊井 伸浩, 分子集積系における励起三重項の機能化学, 京都大学理学研究科化学専攻セミナー, 2017.09.
27. 楊井 伸浩, 分子系フォトン・アップコンバージョン:過去、現在、未来, 第8回 有機分子・バイオエレクトロニクスの未来を拓く若手研究者討論会, 2017.09.
28. 楊井 伸浩, Exotic Functions where Triplet State Plays a Key Role, 錯体化学会第67回討論会, 2017.09.
29. 楊井 伸浩, Photon Upconversion: Current Status and Future Challenges, The Seventh Chemical Sciences and Scoiety Summit (CS3), 2017.09.
30. 楊井 伸浩, Photon Upconverting Molecular and Hybrid Systems, International Symposium on Chemistry for Solar Energy Applications 2017 (C-SEA2017), 2017.08.
31. 楊井 伸浩, ネットワークに励起エネルギーを駆け巡らせる, 第88回高分子若手研究会 [関西], 2017.08.
32. 楊井 伸浩, New Triplet Sensitization Routes for Photon Upconversion, The 4th China-Japan Joint Symposium on Inorganic and Nanomaterial Science, 2017.06.
33. 楊井 伸浩, フォトン・アップコンバージョン材料:原理と新展開, ポリマーフロンティア21「有機エレクトロニクスを支える機能性材料」, 2017.06.
34. 楊井 伸浩, フォトン・アップコンバージョン分子システムの開発, 第66回高分子学会年次大会, 2017.05.
35. 楊井 伸浩, 新たな三重項増感法に基づくフォトン・アップコンバージョン, 有機薄膜・デバイス・材料研究討論会, 2017.05.
36. 楊井 伸浩, フォトン・アップコンバージョン材料の新展開, 東工大物質理工学院応化系主催シンポジウム, 2017.03.
37. 楊井 伸浩, フォトン・アップコンバージョン分子技術の構築, 日本化学会第97春季年会, 2017.03.
38. 楊井 伸浩, フォトン・アップコンバージョン:原理、評価方法、最近の進展について, 有機エレクトロニクス研究会, 2017.02.
39. 楊井 伸浩, Photon Upconversion based on Triplet Energy Migration, RSC Inorganic Chemistry Symposium, 2016.10.
40. 楊井 伸浩, 異種分子集積で拓くアップコンバージョン機能, 関東高分子若手研究会ミニシンポジウム, 2016.09.
41. 楊井 伸浩, Photon Upconversion in Chromophore Arrays Preorganized by Coordination Chemistry, 第66回錯体化学討論会, 2016.09.
42. 楊井 伸浩, 高効率・低励起光フォトン・アップコンバージョンを示すハイブリッド材料の創出, 日本セラミックス協会秋季シンポジウム, 2016.09.
43. 楊井 伸浩, Photon upconversion in self-assembled molecular systems, 分子研研究会「超機能分子の創成:合成、計測、数理が織りなす社会実装分子の戦略的設計と開発」, 2016.06.
44. 楊井 伸浩, Photon upconverting molecular assemblies, Japan-Taiwan Joint Seminar on Energy and Environment for Young Chemists, 2016.06.
45. 楊井 伸浩, エネルギー拡散に基づくフォトン・アップコンバージョン, 光化学若手の会, 2016.06.
46. 楊井 伸浩, フォトン・アップコンバージョン材料の新展開, 写真学会「第13回光機能性材料セミナー」, 2016.06.
47. 楊井 伸浩, 三重項エネルギー・ランドスケープの制御に基づく新機能創出, 日本化学会 第96春季年会, 2016.03.
48. 楊井 伸浩, フォトン・アップコンバージョンを示す錯体システムの構築, 分子研研究会「金属錯体の非対称配位圏設計と異方集積化が拓く新物質創成科学」, 2016.03.
49. 楊井 伸浩, 分子集積化学に基づく高効率フォトン・アップコンバージョン, 東京大学化学生命工学専攻2015年度第2回談話会, 2015.12.
50. 楊井 伸浩, 分子集積系におけるフォトン・アップコンバージョン, 平成27年度九州地区高分子若手研究会・冬の講演会, 2015.12.
51. 楊井 伸浩, Photon Upconversion in Organic Nanomaterials, MNC2015, 2015.10.
52. 楊井 伸浩, 分子集積化学からフォトン・アップコンバージョン分野へ挑戦, ITbM Chemistry Workshop ~Symposium of Organic Chemistry~, 2015.10.
53. 楊井 伸浩, Photon Upconversion by Triplet Energy Migration in Molecular Assemblies, Seminar at Center for Plastic Electronics, 2015.10.
54. 楊井 伸浩, Photon Upconversion by Triplet Energy Migration in Molecular Assemblies, Seminar at Cavendish laboratory, 2015.10.
55. 楊井 伸浩, フォトン・アップコンバージョンを示すソフトマテリアルの開発, 第二回放射光分析を用いたその場観察研究の最前線, 2015.09.
56. 楊井 伸浩, 分子集合体中の三重項拡散とフォトン・アップコンバージョン, 新学術領域「高次複合光応答」若手の会, 2015.08.
57. 楊井 伸浩, Supramolecular Systems for photon conversion technologies, China-Japan Joint Symposium on Functional Supramolecular Architectures, 2014.12.
58. 楊井 伸浩, 君塚 信夫, Photon Upconversion Meets Supramolecular Self-Assembly, IPC2014, 2014.12.
59. 楊井 伸浩, 久光 翔太, 君塚 信夫, フォトン・アップコンバージョンを示すイオン液体の創出, 【柔らかな分子系】第2回公開シンポジウム, 2014.11.
60. 楊井 伸浩, 分子を集めてフォトンをアップコンバートする, 熊本大学セミナー, 2014.10.
61. 楊井 伸浩, 小川 卓, Prasenjit Mahato, 君塚 信夫, 三重項―三重項消滅によるフォトン・アップコンバージョンを示す超分子システムの構築, 2014年光化学討論会, 2014.10.
62. 楊井 伸浩, 太陽光・空気中で機能する 高効率フォトン・アップコンバージョン技術, JST新技術説明会, 2014.10.
63. 楊井 伸浩, Prasenjit Mahato, 君塚 信夫, Photon Upconversion in MOFs, MOF2014, 2014.09.
64. 楊井 伸浩, Prasenjit Mahato, Angelo Monguzzi, 君塚 信夫, 規則配列したπ電子系おける三重項エネルギーの高速移動とフォトン・アップコンバージョン, 第63回高分子討論会, 2014.09.
65. 楊井 伸浩, 分子集合体中における 三重項エネルギーマイグレーション, 新学術領域「柔らかな分子系」第 5回 ワークショップ, 2014.09.
66. 楊井 伸浩, フォトン・アップコンバージョン液晶, 液晶若手シンポジウム, 2014.09.
67. 楊井 伸浩, Prasenjit Mahato, Angelo Monguzzi, 君塚 信夫, Photon Upconversion in Self-Assembled Molecular Systems, IUMRS-ICA2014, 2014.08.
68. 楊井 伸浩, フォトン・アップコンバージョン分子システムの開発, 光化学若手の会, 2014.06.
69. 楊井 伸浩, 小川 卓, 君塚 信夫, フォトン・アップコンバージョンを示す超分子集合体の構築, 第63回高分子学会年次大会, 2014.05.
70. 楊井 伸浩, DUAN PENGFEI, Prasenjit Mahato, Angelo Monguzzi, 君塚 信夫, Triplet Exciton Migration and Photon Upconversion in Self-Assembled Molecular Systems, Gordon research conference on Electronic Processes in Organic Materials, 2014.05.
71. 楊井 伸浩, DUAN PENGFEI, 君塚 信夫, 空気中で機能するフォトン・アップコンバージョン超分子ゲルシステムの開発, 日本化学会 第95春季年会, 2014.03.
72. 楊井 伸浩, Prasenjit Mahato, 君塚 信夫, フォトン・アップコンバージョン分子システム (1) 金属錯体骨格中におけるエネルギーマイグレーション, 日本化学会第94春季年会, 2014.03.
73. 楊井 伸浩, 分子性結晶を超結晶化する, 2013 高分子・ハイブリッド材料研究センター(PHyM) 若手フォーラム, 2013.12.
74. 楊井 伸浩, フォトン・アップコンバージョン分子システム, 第16回九州地区高分子<若手研究者コミュニティ >, 2013.12.
75. 楊井 伸浩, Interfacial Self-Assembly of Photo-Responsive Organic Nanocrystals, Kyushu University-UIUC Kickoff Meeting of ICC Program for Synthesis and Assembly of Reconfigurable Nanocrystals, 2013.10.
76. 楊井 伸浩, 分子性結晶を超結晶化する, 平成24年度 九州地区高分子若手研究会・夏の講演会, 2013.07.
77. 楊井 伸浩, Melinda Sindoro, Steve Granick, Metal-Organic Frameworks Meet Supracolloidal Assembly, ISACS10, 2013.06.
78. 楊井 伸浩, Melinda Sindoro, Steve Granick, 多面体形状を有する配位高分子マイクロ結晶の超結晶集積化, 第62回高分子学会年次大会, 2013.05.
79. 楊井 伸浩、Prasenjit Mahato、君塚信夫, フォトン・アップコンバージョン分子システム (1) 金属錯体骨格中におけるエネルギーマイグレーション, 日本化学会第94春季年会, 2013.03.
80. 楊井 伸浩, Soft-Interfaces in Nanoporous Coordination Materials, Soft-interfaces Mini-symposium 2013 (SIMS2013), 2013.03.
81. 楊井 伸浩, 多孔性錯体化学で拓く高分子・ コロイド科学の新境界領域, 第1回 京都大学理学研究科化学専攻無機化学合同セミナー, 2013.03.
82. 楊井 伸浩, 多孔性錯体と高分子・コロイド科学との出会い, 九州地区高分子若手研究者コミュニ ティ, 2012.12.
83. 楊井 伸浩, 多孔性錯体化学で拓く高分子・コロイド科学の新境界領域, CMSセミナー, 2012.11.
84. 楊井 伸浩, Melinda Sindoro, Steve Granick, 多面体形状を有する金属錯体コロイドの超結晶集積化, 日本化学会第93春季年会, 2012.03.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」