九州大学 研究者情報
論文一覧
三木 洋一郎(みき よういちろう) データ更新日:2019.06.14

教授 /  基幹教育院 人文社会科学部門


原著論文
1. Sayuri Nakamura, Masatsugu Ohtsuki, Yoichiro Miki, Tomohiro Noda, Shigetaka Suzuki, Takami Maeno, Toshikazu Matsui, Effect of team-based learning in interprofessional education at a health university, Fujita Medical Journal, 3, 2, 33-39, 2017.05.
2. Shigeki Fujiwara, Satoshi Mori, Keiichi Tachihara, Takeshi Yamamoto, Chizuko Yokoe, Uno Imaizumi, Yoshinari Morimoto, Yoichiro Miki, Izumi Toyoguchi, Kazuichi Yoshida, Takeshi Yokoyama, Frequency characteristics of pressure transducer kits with inserted pressure-resistant extension tubes, Journal of Clinical Monitoring and Computing, 10.1007/s10877-016-9854-4, 31, 2, 371-380, 2017.04.
3. Shigeki Fujiwara, Keiichi Tachihara, Satoshi Mori, Ouchi Kentaro, Chizuko Yokoe, Uno Imaizumi, Yoshinari Morimoto, Yoichiro Miki, Izumi Toyoguchi, Kazuichi Yoshida, Takeshi Yokoyama, Effect of using a Planecta™ port with a three-way stopcock on the natural frequency of blood pressure transducer kits, Journal of clinical monitoring and computing, 10.1007/s10877-015-9795-3, 30, 6, 925-931, 2016.12.
4. 飯田 忠行, 三木 洋一郎, 北川 周子, 細川 淳嗣, 田中 聡, 川原田 淳, 馬本 勉, 今泉 敏, Moodleを用いたTBLシステムの構築―学生の理解度を含めて―, 人間と科学 県立広島大学保健福祉学部誌, 16, 1, 89-93, 2016.06, 大学教育ではActive Learningの必要性が叫ばれている。その中でTBLは少数の教員により学生たちの自発的な学びを誘発できる優れた教育技法として広まりつつある。教員が活用しやすく、学生の自ら学ぶ力を誘発するTBLシステムをmoodleにて構築した。TBLおよびTBLシステムの評価としてカークパトリックモデルを用いて行った。.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」