九州大学 研究者情報
著書一覧
山田 政寛(やまだ まさのり) データ更新日:2019.06.08

准教授 /  基幹教育院 自然科学理論系部門


著書
1. Yamada, M., Goda, Y., Kaneko, K., Handa, J., and Ishige, Y. , Emerging Trends in Learning Analytics: Concepts and Applications in Education , Brill, Discourse Analysis Visualization Based on Community of Inquiry Framework(pp.200-222), 2019.03.
2. Okubo, F., Yamada, M., Oi, M., Shimada, A., Taniguchi, Y., Konomi, S., Emerging Trends in Learning Analytics: Concepts and Applications in Education , Brill, Learning support systems based on cohesive learning analytics (pp.223-248), 2019.03.
3. H.Yasuura, C.-M.Kyung, Y.Liu, Y.-L.Lin. (Eds.) Ogata, H., Oi,M., Mohri, K., Okubo, F., Shimada, A., Yamada, M., Wang, J., & Hirokawa, S. , Smart Sensor at the IoT Frontier, Springer, 2017.05.
4. Leping Liu. & David Gibson, D. (Eds.). Tang, F., Wang, B., Kaneko, K., Goda, Y., Okada, Y. & Yamada, M. , Research Highlights in Technology and Teacher Education 2017, AACE, 2017.06.
5. 山田政寛, 藤本徹, 森田裕介, 林敏浩, 池尻良平, 西浦和樹, 村川弘城, 福山佑樹, 教育工学選書II 3 ゲームと学習, ミネルヴァ書房, 「3.2. 節 評価研究の概要と近年の動向」担当, 2016.02.
6. 山内祐平, 山田政寛(編著)美馬のゆり, 荒木淳子, 河井亨, 佐藤朝美, 森玲奈(著), 教育工学選書Ⅱ インフォーマル学習, ミネルヴァ書房, 2015.12.
7. Josh Bersin(著), 赤堀侃司(監訳), 松田岳士, 原潔, 望月俊男, 山田政寛, 新目真紀, ブレンディッドラーニングの戦略 eラーニングを活用した人材育成, 東京電機大学出版局, 担当箇所:3章「Blended Learning Design Concepts」, 39-59, 8章「Content Development」, 170-198, 付録F「16のメディアとその解説」, 252-260, 2006.03.
8. 山内祐平(編著), 重田勝介, 西森年寿, 望月俊男, 山田政寛, 古賀暁彦, 藤本徹, 松河秀哉, 北村智, 中原淳, 山口悦司, 島田徳子, デジタル教材の教育学, 東京大学出版会, 担当箇所:第2言語習得での活用−Computer-Assisted Language Learning−, 61-78, 2010.03.
9. 早田幸政(編著), 諸星裕(編著), 青野透(編著), 高等教育論入門, ミネルヴァ書房, 担当箇所:第18章, 高等教育の国際化とeラーニング, 205-215, 2010.10.
10. White, B., King, I., Tsang, P., Social Media Tools and Platforms in Learning Environments: Present and Future, Springer, 担当箇所:Yamada, M & Kitamura, S. (2011) The Role of Social Presence in Interactive Learning with Social Software, 325-335, 2011.10.
11. Jia, J, Educational Stages and Interactive Learning: From Kindergarden to Workplace Training, IGI Global, 担当箇所:Yamada, M & Goda, Y. (2012) Application of Social Presence Principles to CSCL Design for Quality Interactions, 31-48, 2012.04.
12. Akyol. Z, Garrison, R., Educational Community of Inquiry:Theoretical Framework, Research and Practice, IGI Global, 担当箇所:Goda, Y. & Yamada, M. (2012) “Application of CoI to Design CSCL for EFL Online Asynchronous Discussion”295-316, 2012.02.
13. R.A.リーサー(編), J.V.デンプシー(編), 鈴木克明(監訳), 合田美子(監訳), 半田純子, 根本淳子, 沖潮満里子, 椿本弥生, 渡辺雄貴, 山田政寛, インストラクショナルデザインとテクノロジ -教える技術の動向と課題, 北大路書房, 2013.10.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」