九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
實藤 和佳子(さねふじ わかこ) データ更新日:2019.05.14



社会貢献・国際連携
社会貢献・国際連携活動概要
乳幼児の発達に関わる地域の専門職を対象とした研修会・セミナーにおいて、研究で得られた知見について公表し、臨床場面での応用を試みています。
国内, 国際政策形成, 及び学術振興等への寄与活動
2017.10~2023.09, 日本学術会議連携会員.

一般市民、社会活動及び産業界等を対象とした活動
2018.03, 「コミュニケーション行動の見立て:自閉症スペクトラムを中心に」という題目で、糸島市保健師および小学校教諭、心理士、保育士を対象とした研修会の講師をつとめた。, 糸島市, 糸島市役所.

2017.09, 「乳幼児が示す他者理解:定型発達と自閉症」という題目で、家裁に携わるスタッフを対象とした研修会の講師をつとめた。, 福岡家庭裁判所, 福岡家庭裁判所.

2014.09, 「発達障害の見立て、発達障害の問題について」という題目で、乳幼児健診に携わる多職種のスタッフ(保健師、保育士、心理士、歯科衛生士、助産師、医師など)を対象とした研修会の講師をつとめた。, 福岡市, 福岡市東区保健福祉センター.

2014.02, 「コミュニケーション行動の見立て:自閉症との関連から(無言語~2,3語句の場合)」という題目で、糸島市保健師および小学校教諭、心理士、保育士を対象とした研修会の講師をつとめた。, 糸島市, 糸島市役所.


九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」