九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
岸村 顕広(きしむら あきひろ) データ更新日:2019.06.21

准教授 /  工学研究院 応用化学部門


教育活動概要
学部教育として、平成25年度から平成27年度まで、工学部の生体分子有機化学の講義を担当していた。平成28年度より、科目名が変更され、生化学第二を担当した。平成28年度より、基幹教育院の分子生物学を担当している。平成28年度、基幹教育院の自然科学総合実験を担当した。
大学院教育として、主としてシステム生命科学府の講義を担当し、平成26年度から28年度まで、生体ナノテクノロジー特論を担当した。同講義は、G30コースの講義として、英語の集中講義も開講した。平成29年度より、医用化学特論I及びII、生命工学IあるいはIIを担当している(基本的に英語で開講)。
担当授業科目
2018年度・後期, 平成 30 年度日韓共同 理工系学部留学生予備教育コース(第2次第9期生).

2018年度・前期, 分子生物学.

2019年度・春学期, 医用化学特論Ⅱ.

2019年度・春学期, Chemistry for Medicine 2.

2019年度・春学期, 医用化学第二.

2019年度・前期, 安全学.

2019年度・夏学期, 生化学第二.

2018年度・前期, 生化学第二.

2018年度・秋学期, 医用化学特論Ⅰ.

2018年度・秋学期, Chemistry for Medicine 1.

2018年度・秋学期, 医用化学第一.

2017年度・前期, 分子生物学.

2017年度・前期, Experiment in Applied Chemistry II.

2017年度・前期, 医用化学第二.

2017年度・前期, 生命工学II.

2017年度・前期, 生化学第二.

2017年度・後期, 物質科学工学実験第三.

2017年度・後期, 安全学.

2016年度・前期, 生化学第二.

2016年度・後期, 物質科学工学実験第三.

2016年度・前期, 分子生物学.

2016年度・前期, 自然科学総合実験.

2016年度・後期, 生体ナノテクノロジー特論.

2016年度・前期, Bionanotechnology, Advanced Course, Intensive Course for G30 course.

2016年度・前期, Experiment in Applied Chemistry II.

2016年度・後期, 安全学.

2015年度・前期, 分子生物学.

2015年度・後期, 生体分子有機化学.

2015年度・後期, 物質科学工学実験第三.

2015年度・前期, Experiment in Applied Chemistry II.

2015年度・後期, 安全学.

2014年度・後期, 物質科学工学実験第三 .

2014年度・後期, 生体分子有機化学 .

2014年度・後期, 生体ナノテクノロジー特論.

2014年度・前期, Experiment in Applied Chemistry II.

2014年度・後期, 安全学.

2013年度・後期, 生体分子有機化学.

2013年度・後期, 物質科学工学実験第三.

2013年度・後期, 安全学.

ファカルティディベロップメントへの参加状況
2019.06, 部局, 参加, システム生命科学府 3ポリシー見直しに向けての説明会.

2018.11, 部局, 参加, ハラスメント防止のための研修会.

2017.07, 学科, 参加, 物質ー細胞統合研究の先にあるもの.

2017.08, 部局, 参加, 平成29年度工学研究院・システム情報科学研究院FD.

2016.06, 部局, 参加, ハラスメント防止のための研修会.

2015.07, 全学, 参加, 電子教材著作権講習会.

2014.12, 部局, 参加, 第2回工学部・工学府FD .

学生のクラス指導等
2016年度, 全学, 20組(工学部).

他大学・他機関等の客員・兼任・非常勤講師等
2015年度, 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科, 平成27年度 先端薬学特論
5月7日3−5限, 非常勤講師, 国内.

国際教育イベント等への参加状況等
2016.10, “Tutorial: Tips & tricks for study abroad”, the 2nd Materials Research Society of Indonesia (MRS-Id) Meeting, Insitut Teknologi Bandung (ITB), Bandung, Indonesia, Materials Research Society of Indonesia (MRS-Id) , 100.


九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」