九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
戸田 裕之(とだ ひろゆき) データ更新日:2017.05.26

教授 /  工学研究院 機械工学部門 材料力学


社会貢献・国際連携
社会貢献・国際連携活動概要
研究成果の公開や市民、社会、産業界の啓蒙活動を積極的に推進している
国内, 国際政策形成, 及び学術振興等への寄与活動
2008.04~2009.03, 我が国機械産業に資する非鉄金属産業技術戦略策定に係る調査研究, (通商産業省)製品技術WG委員 .

2011.04~2014.03, 委員として材料の研究・開発にかかわる戦略の査定, 材料戦略委員会.

文部科学省, 日本学術振興会等による事業の審査委員等就任状況
2015.05~2015.05, ポーラス金属の高速変形特性評価試験方法の標準化委員会<WG1>情報(文献・規格)調査委員.

2013.08~2014.07, 日本学術振興会特別研究員等審査会専門委員及び国際事業委員会書面審査員, 日本学術振興会.

2010.12~2011.11, 科学研究費委員会専門委員(第一段), 科学研究費委員会.

2009.04~2010.03, 「戦略的基盤技術高度化支援事業」、「地域イノベーション創出研究開発事業」、「地域資源活用型研究開発事業」最終評価業務ピアレビュー , 中部経済産業局.

2008.04~2009.03, 「地域技術開発に係る事業成果評価事業」最終評価業務ピアレビュー , 中部経済産業局.

2006.04~2008.03, 科学研究費委員会専門委員(第一段), 科学研究費委員会.

1998.04~1999.03, 平成10年度 我が国機械産業に資する非鉄金属産業技術戦略策定に係る調査研究/製品技術WG委員, 通商産業省.

新聞・雑誌記事及びTV・ラジオ番組出演等
2017.04, 日本経済新聞 電子版, 九大、自動車用鋼板の破壊メカニズムを解明.

2017.04, 鉄鋼新聞, 鉄鋼材料の“4次元観察”鋼の謎、X線CTで解明.

2017.01, 日刊工業新聞, ハイテン破壊機構特定 硬い金属相の割れ主因 九大 新日鐵住金.

2013.10, OPTORONICS, 九大、従来の定説とは異なるアルミニウムの真の破壊メカニズムを解明.

2013.07, OPTORONICS, 九大、金属材料の破壊を解析するための新しい4D評価技術を開発.

2015.04, 日刊工業新聞, アルミ鋳物 加熱で欠陥現象 発生原理を解明.

2013.10, 鉄鋼新聞, UACJと九州大が共同研究 高強度アルミ合金開発へ 「超々ジュラルミン」超え目指す.

2013.08, 科学新聞, 金属組織の新たな4D観察法を開発-九州大の戸田教授等成果.

2013.07, 日刊工業新聞, 九大、金属材料向け新技術開発-変形や破壊を4Dで評価.

2012.07, エフエム豊橋, 構造材料のサイエンス.

2012.01, SPring-8 News, ダイカスト材の疲労破壊の原因「ポア(気泡)」を解明~材料開発はもっとスマートになる~.

2011.06, 科学新聞, ダイカスト材の疲労破壊現象を解明 自動車部品の信頼向上に道 豊橋技科大、アーレスティなど成功.

2011.06, 日刊工業新聞, ダイカスト材疲労破壊現象を解明 気孔密度で寿命に差.

2011.06, 化学工業日報, ダイカスト材の疲労破壊現象の解明に成功 自動車部品のさらなる信頼性向上と高性能化への期待無し.

2011.06, 東愛知新聞, ダイカスト材疲労破壊現象の解明成功 自動車部品の高性能化期待 豊橋技科大とアーレスティなど.

2011.06, 東日新聞, ダイカスト材疲労破壊現象の解明成功 豊橋技科大、アーレスティが世界初.

2011.01, 日刊工業新聞, 材料内部撮影を高速化 豊橋技科大 仏の放射光施設利用.

2011.01, 科学新聞, シンクロトロン放射光で金属破壊撮像速度3000倍に 豊橋技科大など成功.

2011.01, 中部経済新聞, 金属破壊観察に成功 豊橋技科大 3D検証法で初めて.

2011.01, 東日新聞, 金属破壊の観察に成功 豊橋技科大の戸田教授が快挙.

2006.12, 日経産業新聞, 材料に力かけ内部変形分析 芝浦工大などソフト開発.

2006.09, 日経産業新聞, アルミ材微粒子 3次元で観測 豊橋技科大 軽量材開発に応用.

2006.04, 東日新聞, 東三河では技科大の2研究者に 助成金の通知書伝達式.

2003.04, 日本経済新聞, 豊橋技科大 金属切削粉を再利用 常温で固め強度1.7倍.

2003.04, 日経産業新聞, 金属切削粉を再利用 常温で固め強度1.7倍 豊橋技科大 摩擦時の歪み利用.

2003.04, 日本経済新聞, アルミ内部の精密組織観察成功 豊橋技科大など大型放射光施設で.

2003.03, 日経産業新聞, アルミ内部精密に仏の放射光施設で観察 日英グループ.

1999.05, 日刊工業新聞, 超高強度スーパーアルミ線材の開発に成功.

一般市民、社会活動及び産業界等を対象とした活動
2017.04, 平成29年度第1回中長期需要・技術開発委員会、「水素分配制御によるアルミニウム合金の力学特性の改善」, 日本アルミニウム協会, 湯布高原ゴルフクラブ内会議室.

2017.03, SPring-8金属材料評価研究会(第12回)/第11回SPring-8先端利用技術ワークショップ,「機械材料の3D/4Dイメージングと応用解析技術」, (公財)高輝度光科学研究センター(JASRI)
SPring-8利用推進協議会 研究開発委員会, 研究社英語センタービル.

2017.02, 第3回放射光・中性子の相補的利活用セミナー/第14回SPring-8先端利用技術ワークショップ「量子ビームで観る物質の内部構造」,「構造用金属材料の損傷・破壊挙動の3Dイメージング」, (公財)高輝度光科学研究センター(JASRI)
(一財)総合科学研究機構(CROSS) , 研究社英語センタービル.

2017.02, アルミニウム研究奨励基金懇話会 「水素脆化と最新のイメージング技術」, アルミニウム研究奨励基金, 日本アルミニウム協会会議室.

2017.01, 「アルミニウムの新しい延性破壊メカニズム:3D/4Dイメージングとその応用」, 日本鋳造工学会九州支部・九州鋳物研究会, 九州大学.

2016.12, 加工プロセスによる材料新機能発現 第176委員会 第31回研究会 「リバース4D材料エンジニアリングによる3D材料組織設計」, 日本学術振興会, エッサム神田ホール.

2016.11, 平成28年度金属組織研究会「シンクロトロン放射光マイクロトモグラフィーによる4Dイメージングとその応用」, 中性子産業利用推進協議会
茨城県中性子利用促進研究会, エッサム神田ホール.

2016.11, 平成28年度第2回中長期需要・技術開発委員会 「水素分配制御によるアルミニウム合金の力学特性の改善」, 日本アルミニウム協会, 日本アルミニウム協会会議室.

2016.03, 「アルミニウム合金のミクロ組織最適化」, (株)日本軽金属会議室, アルミニウム奨励基金懇話会.

2016.01, 「金属材料の破壊過程の放射光3Dトモグラフィーによるその場観察」(ポスター発表), 第2回元素戦略プロジェクト<研究拠点形成型>/大型研究施設連携シンポジウム, 東京大学伊藤国際学術研究センター.

2016.09, SPring-8の高輝度放射光を用いた 3D/4Dイメージベース計測技術とその構造材料への応用, 戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)革新的構造材料, 産業技術総合研究所つくば中央第2事業所2-12棟 2F第 6会議室.

2015.10, 「放射光硬X線イメージングを用いた軽金属の3D/4Dイメージベース解析」, 軽金属学会 東海支部 特別講演会, 名古屋大学ES総合館.

2015.08, 第4回鉄鋼科学セミナー 「損傷と破壊の鉄鋼研究:その最前線と課題」, 日本鉄鋼協会 材料の組織と特性部会, フクラシア品川.

2015.04, 「水素分配制御によるアルミニウム合金の力学特性の改善」, 日本アルミニウム協会 平成27年度第1回中長期需要・技術開発委員会, 湯布高原ゴルフクラブ内会議室.

2015.03, 「X線回折を援用したアルミニウム合金のミクロ組織3D/4Dイメージング」, アルミニウム奨励基金懇話会, (株)日本軽金属会議室.

2015.03, 「水素分配制御によるアルミニウム合金の力学特性の改善」, 軽金属学会 水素と力学特性研究部会, 日本アルミニウム協会会議室.

2014.02, 「X線CTの基礎と今後の展開について」, 京都市産業技術研究所, X線マイクロCT (Computed Tomography) 機器活用セミナー.

2014.03, 「3D/4Dイメージベースアプローチ:構造材料の評価から新材料開発まで」, 日本金属学会・日本鉄鋼協会 東海支部, 名古屋大学ES総合館1階 ES会議室.

2014.07, 日本鋳造工学会東海支部・鋳造先端プロセス研究部会講演会基調講演/「アルミニウムの新しい延性破壊メカニズム:3D/4Dイメージングとその応用」, 日本鋳造工学会東海支部.

2014.09, 先進鉄鋼材料の変形と破壊 ~「鉄鋼材料の組織と延性破壊」研究会報告会&ISSSプレシンポジウム/「二相組織の位相コントラストイメージングとその延性破壊への応用」, 日本鉄鋼協会秋季大会, 名古屋大学 東山キャンパス.

2014.11, 第219回西山記念技術講座開催「材料設計を先導する物理解析技術・計算科学-活用事例と今後への期待-」/「3D/4D画像を用いた材料評価と組織制御」, 日本鉄鋼協会, 大阪:(株)ラソンテ3階会議室.

2014.11, 第220回西山記念技術講座開催「材料設計を先導する物理解析技術・計算科学-活用事例と今後への期待-」/「3D/4D画像を用いた材料評価と組織制御」, 日本鉄鋼協会, 早稲田大学西早稲田キャンパス 63号館2階.

2014.11, 「3次元電子顕微鏡法がみせるナノとマクロの架け橋(材料系)」シンポジウム/「シンクロトロン放射光による構造材料損傷破壊挙動の3D/4D解析」, 公益社団法人日本顕微鏡学会, 九州大学病院.

2013.01, 「アルミニウム合金の疲労および熱疲労特性~疲労破壊の基礎・熱疲労の基礎から疲労試験法のノウハウ・最近の研究例まで~」, ISS産業科学システムズ, 産業科学システムズ会議室.

2013.01, 「アルミニウム合金の疲労および熱疲労特性~疲労破壊の基礎・熱疲労の基礎から疲労試験法のノウハウ・最近の研究例まで~」
, ISS産業科学システムズ, 産業科学システムズ会議室.

2013.03, 「シンクロトロン放射光X線トモログラフィ-を利用した3D/4Dイメ-ジングとその応用」, 日本金属学会・日本鉄鋼協会九州支部, 日本金属学会・日本鉄鋼協会九州支部H25年度春季講演会.

2013.04, 平成24年度第1回中長期需要・技術開発委員会 「水素ポア制御によるアルミニウ力学特性向上」, 日本アルミニウム協会 , 湯布高原ゴルフクラブ内会議室.

2013.07, 「鋳造欠陥及び力学挙動の高分解能3D/4D 観察」 , 日本鋳造工学会東海支部 , 鋳鉄鋳物研究部会.

2013.09, 市民講座,「ものが壊れる瞬間を視る」, 九州大学 機械工学部門, JR博多シティー.

2013.11, 国際鉄鋼科学シンポジウム(ISSS 2014)/「3D/4Dイメージベースアプローチ:構造材の評価から材料開発まで」, WG勉強会, 京都関西セミナーハウス.

2013.11, 国際鉄鋼科学シンポジウム(ISSS 2014)/「3D/4Dイメージベースアプローチ:構造材の評価から材料開発まで」, WG勉強会, 京都関西セミナーハウス.

2012.01, 技術サロン「水素を排除したアルミニウム材料の性能向上の可能性(ロードマップの実現に向けて)」, 日本アルミニウム協会, 日本アルミニウム協会会議室.

2012.04, 平成24年度第1回中長期需要・技術開発委員会 「アルミニウムと水素:水素排除による各種力学的性質向上の可能性」
, 日本アルミニウム協会, 湯布高原ゴルフクラブ内会議室.

2012.05, (社)日本鋳造工学会技術講習会/「鋳造欠陥および力学的性質の高分解能3D/4D可視化」, (社)日本鋳造工学会, 吹上ホール.

2012.05, 技術講習会「鋳造欠陥および力学的性質の高分解能3D/4D可視化」, (社)日本鋳造工学会, 吹上ホール.

2012.08, 「3D/4Dイメージングによる構造材料の力学特性・信頼性確保とその展望」, 日本溶射学会中部支部第11期・第5回溶射技術研究会, 「知の拠点」あいち産業科学技術総合センター.

2012.12, 第18回初心者のための疲労設計講習会「4.疲労き裂展」
, 日本材料学会, 岐阜大学 JR岐阜駅サテライト.

2012.12, 第18回初心者のための疲労設計講習会/「4.疲労き裂展」, 日本材料学会, 岐阜大学 JR岐阜駅サテライト.

2011.03, 「4D観察の高速化および元素濃度マッピング」, (社)東京銀行協会 銀行倶楽部, アルミニウム奨励基金懇話会.

2011.04, 「X線マイクロトモグラフィーを利用した構造材料の信頼性向上」
, (財)科学技術交流財団, 科学技術交流財団研究交流センター会議室.

2011.06, 「Al-Si-Cu系アルミニウム合金鋳物の高温溶体化処理」, (公)日本鋳造工学会・軽合金部会・シンポジウム, 大田区産業プラザ.

2011.07, 「3D/4Dイメージングによるアルミニウム鋳物の力学挙動の解析」, 公)日本鋳造工学会 東海支部 非鉄鋳物研究部会, 愛知県産業労働センター第100回記念講演会.

2011.07, 「X線マイクロトモグラフィーを利用した構造材料の信頼性向上」第1回研究会,「3D/4Dイメージング技術の応用例:放射光CTを中心として」, 財)科学技術交流財団, 豊橋市商工会議所.

2011.09, 「X線マイクロトモグラフィーを利用した構造材料の信頼性向上」第2回研究会,「X線CTの基礎」, (財)科学技術交流財団, 産業技術総合研究所中部センター.

2011.11, 「アルミニウム合金の疲労および熱疲労特性~疲労破壊の基礎・熱疲労の基礎から疲労試験法のノウハウ・最近の研究例まで~」, ISS産業科学システムズ, 産業科学システムズ会議室.

2011.11, 「アルミニウム合金の疲労および熱疲労特性~疲労破壊の基礎・熱疲労の基礎から疲労試験法のノウハウ・最近の研究例まで~」
, ISS産業科学システムズ, 産業科学システムズ会議室.

2010.03, 「3D/4Dマテリアルサイエンスのアルミニウム合金への展開」, (社)東京銀行協会 銀行倶楽部, アルミニウム奨励基金懇話会.

2010.06, 「アルミニウム合金の疲労および熱疲労特性~疲労破壊の基礎・熱疲労の基礎から疲労試験法のノウハウ・最近の研究例まで~」, ISS産業科学システムズ, 産業科学システムズ会議室.

2010.06, 「アルミニウム合金の疲労および熱疲労特性~疲労破壊の基礎・熱疲労の基礎から疲労試験法のノウハウ・最近の研究例まで~」, ISS産業科学システムズ, 産業科学システムズ会議室.

2010.06, 「3D/4Dイメージングの基礎と現状:金属材料への生物付着可視化に向けて」, 第4回金属材料への生物付着と相互作用研究会, 鈴鹿工業高等専門学校共同研究推進センター.

2010.08, 第12回初心者のための疲労設計講習会/「4. 疲労き裂進展」, 日本材料学会, 名城大学天白キャンパス タワー75 10階1002会議室.

2010.08, 第12回初心者のための疲労設計講習会「4. 疲労き裂進展」

, 日本材料学会, 名城大学天白キャンパス タワー75 10階1002会議室.

2010.09, 「X線コンピュータ・トモグラフィーを使って三次元でいろんな物の内部を見てみよう!」, 豊橋技術科学大学, 平成22年度時習館SSH(スーパーサイエンスハイスクール)SS技術科学.

2010.10, 若手研究者・技術者のための軽金属基礎講座/「軽金属の破壊特性」, (社)軽金属学会東海支部, 愛知県産業労働センター 1101 会議室.

2010.10, 若手研究者・技術者のための軽金属基礎講座「軽金属の破壊特性」, (社)軽金属学会東海支部, 愛知県産業労働センター 1101 会議室.

2009.03, 「最近の3D/4D撮像解析技術の進歩」, (社)東京銀行協会 銀行倶楽部, アルミニウム奨励基金懇話会.

2009.04, 「戦略的基盤技術高度化支援事業」、「地域イノベーション創出研究開発事業」、「地域資源活用型研究開発事業」
, 中部経済産業局, 中部経済産業局評価審査委員会.

2009.08, 「材料工学における計算機利用」:材料工学における3Dイメージングの活用と解析
, 豊橋技術科学大学, 平成21年度IT活用実践研修会.

2009.08, 「3D/4Dサイエンスに向けた予算獲得努力とその内容」, 第10回X線マイクロ・ナノトモグラフィー研究会, SPring-8放射光普及棟.

2009.08, 「Fast CTによるき裂進展連続観察」, 第10回X線マイクロ・ナノトモグラフィー研究会, SPring-8放射光普及棟.

2009.08, 「シンクロトロン放射光マイクロトモグラフィーを利用した3D/4D材料科学の試み」, 鉄鋼科学国際シンポジウム(ISSS 2009)第5回研究会, 京都大学吉田キャンパス,工学部総合後者1F102室.

2009.09, 「シンクロトロン放射光トモグラフィーを利用した新しい3D/4D破壊解析」, 豊田工業大学研究講話会, 豊田工業大学本館ホール(1号館3階).

2009.11, 「第3回電子線トモグラフィ法チュートリアルプログラム―トモグラフィから何が測れるか?(3次元測定の種類と阻害要因)」,「X線CT画像からの高次情報抽出とその高密度マッピング」, 日本顕微鏡学会, 工学院大学新宿校舎3階アーバンテックホール.

2009.08, 「材料工学における計算機利用」:材料工学における3Dイメージングの活用と解析, 平成21年度IT活用実践研修会, 豊橋技術科学大学.

2008.01, 「金属系材料のイメージング研修会」,「アルミニウム合金の粒界修飾の実演と説明」, 財団法人高輝度光科学研究センター(SPring-8), SPring-8中央管理棟講堂.

2008.01, 「軽金属の新展開-加工と機能-」,「加工組織を中心としたアルミニウム合金ミクロ組織の3D/4D可視化」, 軽金属学会東海支部平成19年度第2回講演会, 名古屋大学VBL.

2008.02, 「マイクロトモグラフィーによる発泡金属の強度・信頼性評価」, ポーラス金属高速変形特性評価試験方法の標準化委員会, ニューマテリアルセンター.

2008.02, 「マイクロナノトモグラフィーの現状と破壊現象評価への適用」, 日本鉄鋼協会実用構造用鋼の金属組織と破壊特性技術検討部会, 日本鉄鋼協会.

2008.03, 「放射光イメージングによる発泡材料の評価」, 日本金属学会, 「機能性ポーラス材料研究会」第一回研究会.

2008.03, 「放射光による腐食防食関連研究の最近の成果」,「材料内部き裂等の可視化(放射光CT(放射光マイクロトモグラフィー)」, (社)日本材料学会 腐食防食部門委員会 第261回例会, たかつガーデン.

2008.04, 「地域技術開発に係る事業成果評価事業」, 中部経済産業局, 社)日本金属学会 会報編集委員会.

2008.06, 「放射光による3D・4Dイメージング」, 日本鉄鋼協会 第10回「超強加工の材料科学」研究会, 豊橋商工会議所.

2008.07, ワークショップ「高度X線イメージング材料科学の展開」―SPring-8光源性能を活かした応用技術開発の可能性―,「金属の3D・4Dイメージング」, 財団法人高輝度光科学研究センター , 東京ステーションコンファレンス.

2008.08, 「特徴点トラッキング技術の現状」, 第7回X線マイクロナノトモグラフィー研究会, 豊橋技術科学大学サテライトオフィス.

2008.08, 「粒径・空間・時間分布制御による信頼性向上」第一回フォーラム基調講演,「3D-Syncrotron法による三次元可視化の現状:構造と機能の4Dイメージング」, 日本鉄鋼協会自主フォーラム, 物質材料研究機構(つくば).

2008.10, 「若手研究者・技術者のための軽金属基礎講座/「軽金属の破壊特性」, (社)軽金属学会東海支部, ポートメッセなごや 第3 会議室 (交流センター3 階).

2008.10, 「若手研究者・技術者のための軽金属基礎講座,「軽金属の破壊特性」, (社)軽金属学会東海支部, ポートメッセなごや 第3 会議室 (交流センター3 階).

2008.11, 「4D quantitative analysis for cracked medium」, 1st Workshop on Micro- and Nano-tomography,兼第8回X線マイクロ・ナノトモグラフィー研究会, SPring-8放射光普及棟.

2008.12, 「生物科学・材料科学における立体像構築と位相情報抽出」,「X線マイクロナノトモグラフィーによる4D観察とその材料工学への応用」, 日本顕微鏡学会関西支部特別企画講演会, 岡崎コンファレンスセンター小会議室.

2007.02, 「各種金属材料の組織観察」, 中央管理棟1階講堂,第3回X線マイクロナノトモグラフィー研究会, 高輝度光科学研究センター・.

2007.03, 「シンクロトロン放射光を用いたアルミニウム中の亀裂のイメージベース解析」
, (社)東京銀行協会 銀行倶楽部, アルミニウム奨励基金懇話会.

2007.03, 「ミクロ組織3Dイメージングとその軽合金への応用」, 日本鋳造工学会軽合金部会第3回研究部会, 東京工業大学 百年記念館第二会議室.

2007.03, 「X線マイクロナノトモグラフィーによるミクロ組織3Dイメージングとその応用」, 日本学術振興会 加工プロセスによる材料新機能発現 第176委員会 第7回研究会, 新日本製鐵(株) 代々木倶楽部.

2007.04, 「高分解能CTによる内部ミクロ組織イメージングとその応用」, 溶接学会 春季全国大会, 溶接冶金現象のその場観察の現状と課題フォーラム.

2007.05, 平成19年度教育教員研究集会聴講審査委員, (独)国立高等専門学校機構, (独)国立高等専門学校機構.

2007.07, 平成19年度情報処理教育実践研修会/「材料工学における計算機利用」:材料工学における3Dイメージングの活用と解析, 豊橋技術科学大学, 豊橋技術科学大学.

2007.07, 「アルミニウム合金の疲労および熱疲労特性~疲労破壊の基礎・熱疲労の基礎から疲労試験法のノウハウ・最近の研究例まで~」, ISS産業科学システムズ, 乳業会館3FC会議室.

2007.07, 「アルミニウム合金の疲労および熱疲労特性~疲労破壊の基礎・熱疲労の基礎から疲労試験法のノウハウ・最近の研究例まで~」, ISS産業科学システムズ, 乳業会館3FC会議室.

2007.07, 「材料工学における計算機利用」:材料工学における3Dイメージングの活用と解析
, 豊橋技術科学大学, 平成19年度情報処理教育実践研修会.

2007.07, マイクロ・ナノトモグラフィによるミクロ組織観察とその応用例の現状」, (財)高輝度光科学研究センター, キャンパスイノベーションセンター東京地区,SPring-8 ワークショップ<放射光による金属組織観察技術の現状>.

2007.08, 「X線吸収マイクロナノトモグラフィーとその応用」, 第23回分析電子顕微鏡討論会, 幕張メッセ 国際会議場2F 国際会議室.

2007.08, 「金属組織の3次元観察とその評価」, 関西原子力懇話会,第1回原子力構造物の高経年化に関わる維持技術の高度化に関する調査委員会, 大阪科学技術センター 605室.

2007.08, サイエンスパートナーシップ・プロジェクト「高校生のための技術科学講座-百聞は一見に如かず」,「X線コンピュータ・トモグラフィーを使って三次元でいろんな物の内部を見てみよう!」, 豊橋技術科学大学, 豊橋技術科学大学.

2006.02, 中性子および放射光散乱を用いる鉄鋼材料の研究フォーラム,「高分解能CTによる内部ミクロ組織イメージングとその応用」, 日本鉄鋼協会, NIMS第二会議室(茨城県つくば市).

2006.02, 「高分解能CTによる内部ミクロ組織イメージングとその応用」, 日本鉄鋼協会 中性子および放射光散乱を用いる鉄鋼材料の研究フォーラム, NIMS第二会議室(茨城県つくば市).

2006.03, 「軽金属業界における最新可視化技術の利用促進を目指して」, (社)日本アルミニウム協会 産学官懇談会, (社)日本アルミニウム協会第1、2会議室.

2006.03, 「3D/4D可視化技術の最前線とアルミニウム研究への応用事例」
, アルミニウム奨励基金懇話会, 住友会館 泉ガーデンタワー.

2006.09, 「軽金属の破壊特性」, (社)軽金属学会東海支部「若手研究者・技術者のための軽金属基礎講座, 名古屋大学.

2006.10, 平成18年度公開講座 ミニ大学院アフターファイブコース「材料の信頼性・品質保証技術」, 豊橋技術科学大学開学30周年記念事業, 豊橋技術科学大学サテライトオフィス.

2006.10, 豊橋技術科学大学開学30周年記念事業,「材料の信頼性・品質保証技術」, 豊橋技術科学大学サテライトオフィス, 平成18年度公開講座ミニ大学院アフターファイブ コース.

2006.11, 依頼講演「放射光CTとその周辺技術」, 豊橋技術科学大学, 生産加工研究会 .

2006.11, 「放射光CTとその周辺技術」, 豊橋技術科学大学生産加工研究会, 豊橋技術科学大学.

2005.03, 「放射光CTの材料・機械工学での応用」, 第273回疲労部門委員会・第2回高輝度放射光による疲労損傷評価技術研究分科会合同研究会, ,(財)高輝度光科学研究センター(JASRI)普及棟中講堂.

2005.04, 産学懇談会委員
, (社)日本アルミニウム協会, (社)日本アルミニウム協会 産学懇談会.

2005.05, 「アルミニウム合金の先端可視化技術高分解能CTによる欠陥評価」, 日本鋳造工学会第146回全国講演大会技術講習会, 日本鋳造工学会.

2005.07, 「シンクロトロン放射光によるCTとその材料・機械工学における応用」, 日本精密工学会第6回現物融合型エンジニアリング専門委員会, 日本精密工学会.

2004.05, 「イギリスの研究評価」, 軽金属学会第6回若手の会, 東北大学工学部.

2004.09, 「若手研究者・技術者のための軽金属基礎講座,「軽金属の破壊特性」, (社)軽金属学会東海支部, 愛知県中小企業センター.

2004.11, 愛知学長懇話会コーディネート科目「現代社会と安全」-「材料の破壊から見た安全性確保」
, 愛知学長懇話会事務局, 日本福祉大学名古屋キャンパス.

2004.12, 第7回新素材シーズ研究室見学会/「金属のプロセスおよび評価におけるナノテクノロジー」, 東海ものづくり創生協議会・東海ナノプロセス・マテリアル研究会, 豊橋技術科学大学D棟5階514会議室.

2004.12, 東海ものづくり創生協議会・東海ナノプロセス・マテリアル研究会第7回新素材シーズ研究室見学会「金属のプロセスおよび評価におけるナノテクノロジー」
, 豊橋技術科学大学, 豊橋技術科学大学D棟5階514会議室.

2004.12, 「マイクロトモグラフィーを用いた材料変形・破壊特性の研究」, 「日本機械学会・材料力学部門放射光応力評価の実用化に関する研究会」,「SPring-8利用推進協議会研究開発委員会放射光応力評価の実用化に関する研究会」,「SPring-8利用者懇談会応力評価サブグループ研究会」, 高輝度光科学研究センター中央管理棟講堂.

2003.07, 「産業技術戦略に沿った研究開発を浜松から」~浜松地域の次世代産業を支える技術シーズと企業ニーズのマッチング~,「高分解能X線CTによる内部構造・組織の可視化・定量評価技術」, 浜松商工会議所, 三遠南信バイタライゼーション浜松支部産学官交流会.

2003.10, 「金属切削粉のリサイクルによる高強度材料の創製」, 三遠地域産学連携フォーラム(主催:中小企業総合事業団、株式会社サイエンスクリエイト), 豊橋サイエンスコア.

2003.11, 「トモグラフィーによる金属材料内部の可視化および損傷破壊過程の定量評価」, (財)東電記念科学技術研究所講演会, 日本橋東友会館.

1998.04, 平成10年度 我が国機械産業に資する非鉄金属産業技術戦略策定に係る調査研究, 通商産業省, (社)日本アルミニウム協会.

1998.07, 「金属系材料評価への情報処理技術の応用」:金属基複合材料の変形挙動及び破壊靱性
, 高等専門学校情報処理教育研究委員会, 平成10年度 高等専門学校情報処理教育担当者上級講習会.

初等・中等教育への貢献状況
1998.07, 平成10年度高等専門学校情報処理教育担当者上級講習会,「金属系材料評価への情報処理技術の応用」:金属基複合材料の変形挙動及び破壊靱性」, 豊橋技術科学大学.

2007.07, 平成19年度情報処理教育実践研修会,「材料工学における計算機利用」:材料工学における3Dイメージングの活用と解析, 豊橋技術科学大学.

2007.08, サイエンスパートナーシップ・プロジェクト「高校生のための技術科学講座-百聞は一見に如かず」,「X線コンピュータ・トモグラフィーを使って三次元でいろんな物の内部を見てみよう!」, 豊橋技術科学大学.

2011.08, 平成21年度IT活用実践研修会,「材料工学における計算機利用」:材料工学における3Dイメージングの活用と解析」, 豊橋技術科学大学.

2010.09, 平成22年度時習館SSH(スーパーサイエンスハイスクール) SS技術科学,「X線コンピュータ・トモグラフィーを使って三次元でいろんな物の内部を見てみよう!」, 豊橋技術科学大学.

大学運営
学内運営に関わる各種委員・役職等
2016.04~2017.03, 教職課程専門委員会委員.

2015.04~2017.03, 主幹教授選考委員会委員.

2014.04~2015.03, 工学紀要編集委員.

2014.04~2016.03, 就職担当.

2014.04~2016.03, Annual Report 編集委員会委員.

2013.04~2015.03, 新キャンパスアートワーク検討委員会 委員.


九大関連コンテンツ