九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
今村 拓也(いまむら たくや) データ更新日:2018.12.19

准教授 /  医学研究院 応用幹細胞医科学部門 応用幹細胞医科学講座 基盤幹細胞学分野/統合的組織修復医学




電子メール
ホームページ
http://www.scb.med.kyushu-u.ac.jp/imamura/
研究室ホームページ .
https://www.kyushu-u.ac.jp/ja/researches/view/171
2017年九州大学プレスリリース
ほ乳類神経幹細胞が変化するメカニズムを明らかに
〜学習記憶・認知機能改善に向け、飛躍的な医療発展に期待〜 .
http://www.kyushu-u.ac.jp/ja/researches/view/3
2016年九州大学プレスリリース
ノンコーディングRNAによる神経モデル細胞が増えない仕組みの発見 .
http://www.med.kyushu-u.ac.jp/app/modules/information/detail.php?i=753&c=10
2015年九州大学プレスリリース
特定遺伝子のスイッチON/OFFを制御する「ノンコーディングRNA」の新種「pancRNA」を発見! .
http://www.a.u-tokyo.ac.jp/topics/2011/20111005-1.html
promoter-associated noncoding RNAの機能に関する成果のプレスリリース .
就職実績-他大学
就職実績有, 2000.1-2001.3 日本学術振興会特別研究員(DC)
2001.4-2002.3 日本学術振興会特別研究員(PD)
2002.4-2003.3 フランス・ジャックモノー研究所ポストドクトラルフェロー
2003.4-2004.2 日本学術振興会海外特別研究員(ジャックモノー研究所)
2004.2-2008.2 基礎生物学研究所・助手/助教
2008.3-2012.3 京都大学理学研究科・准教授(グローバルCOE)
2012.4-2013.3 京都大学理学研究科・研究員
取得学位
博士(獣医学)
専門分野
分子遺伝学
活動概要
さまざまなほ乳類脳やニューロンのエピジェネティクスについて、二つの性に基づいて発現するノンコーディングRNAの機能の共通性・多様性をゲノムワイドに明らかにし、理解する、そのための教育研究を推進している。

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」