九州大学 研究者情報
発表一覧
津﨑 兼彰(つざき かねあき) データ更新日:2018.06.28

教授 /  工学研究院 機械工学部門 材料力学


学会発表等
1. 津﨑兼彰, 金属疲労における微小き裂進展の課題:き裂閉口問題と材料特性向上, 第9回 SIP 「革新的構造材料コロキウム 」, 2017.12.
2. 津﨑兼彰, 材料寿命・材料強度の支配因子・評価因子:どうやって限界を予測するのか?, 目からウロコの材料学, 2017.12, [URL].
3. Y. Kimura, X. Min, T. Kimura, K. Tsuzaki , Phosphorus-assisted delamination toughening in high-strength steel, The 5th International Symposium on Steel Science - ISSS 2017, 2017.11.
4. Hideyuki Ohtsuka, Zhufeng Hou, Kaneaki Tsuzaki, First-principles calculation of tetragonality and atomic interactions in Fe-C systems, The 5th International Symposium on Steel Science - ISSS 2017, 2017.11.
5. Kaneaki Tsuzaki, How can we enhance the fatigue crack growth resistance in steels? –A view from a metallurgist-, 成都大学国際週(International week), 2017.10.
6. Kaneaki Tsuzaki, Strong and Tough Fail-Safe Steel: we can improve the impact toughness through grain refinement., 成都大学国際週(International week), 2017.10.
7. Kaneaki Tsuzaki, Arrest of Hydrogen-assisted Surface Cracking in hcp-TRIP Austenitic Steels , EUROMAT 2017, 2017.09.
8. 小山 元道, 張 昭, 津﨑 兼彰, 野口 博司, 準安定オーステナイトラメラ構造を有する鉄鋼材料の疲労き裂進展抵抗, 日本鉄鋼協会 第174回秋季講演大会, 2017.09.
9. 津﨑 兼彰, TRIP効果を示す鉄鋼の水素脆化:相安定性;マルテンサイト変態;結晶構造;水素分配, 日本鉄鋼協会 第174回秋季講演大会, 2017.09.
10. 小山元道, 山﨑 大輔, 津﨑 兼彰, その場銀デコレーション法による水素流束マッピングとその結晶方位依存性, 日本鉄鋼協会 第174回秋季講演大会, 2017.09.
11. Motomichi Koyama, Zhao Zhang, Meimei Wang, Dirk Ponge, Dierk Raabe, Kaneaki Tsuzaki, 野口 博司, Cemal Cem Tasan, Microstructure design for enhancing fatigue crack closure: roles of phase stability and second phase morphology, 日本金属学会 2017年秋期講演大会(第161回), 2017.09.
12. 大塚 秀幸, Zhufeng Hou, 津﨑 兼彰, Fe-Cの軸比と原子間相互作用の第一原理計算, 日本鉄鋼協会 第174回秋季講演大会, 2017.09.
13. 山﨑 大輔, 津﨑 兼彰, 小山元道, 銀デコレーション法による多結晶BCC鉄およびFCC/BCC二相鋼の水素拡散経路の観察, 日本鉄鋼協会 第174回秋季講演大会, 2017.09.
14. Hideyuki Ohtsuka, Zhufeng Hou, Kaneaki Tsuzaki, Revisiting Ferrous Martensite with First-principles Calculation, ICOMAT 2017, 2017.07.
15. 大塚 秀幸, Zhufeng Hou, 津﨑 兼彰, Fe-C マルテンサイトにおける未解決問題:軸比決定メカニズムの第一原理計算によるアプローチ, 日本鉄鋼協会 第173回春季講演大会, 2017.03.
16. 津﨑 兼彰, 鉄鋼水素脆化における未解決課題:γ相安定性の影響とマルテンサイト変態時の水素分配, 日本鉄鋼協会 第173回春季講演大会, 2017.03.
17. Kaneaki Tsuzaki, High strength austenitic steels with martensitic transformation and deformation twinning: Hydrogen effects on tensile and fatigue properties, CAMS 2016, 2016.12.
18. Kaneaki Tsuzaki, Motomichi Koyama, Hydrogen effects in high Mn steels with martensitic transformation and deformation
twinning, The 3rd International Conference on High Manganese Steels, 2016.11.
19. Motomichi Koyama, Yuji Abe, Kaneaki Tsuzaki, Takahiro Sawaguchi, Revisiting Hydrogen Effects on ε-martensitic Transformation, The 3rd International Conference on High Manganese Steels, 2016.11.
20. 和田 健太郎, Abass Adeyinka, 岡﨑 三郎, 福島 良博, 津﨑 兼彰, 松永 久生, 軸受鋼SUJ2における圧縮平均応力下での微小疲労き裂の進展・停留挙動, 第33回疲労シンポジウム, 2016.11.
21. 津﨑 兼彰, BCC-Feの物性に及ぼす侵入型原子の影響の第一原理計算, 日本鉄鋼協会第172回秋季講演大会, 2016.09.
22. Kaneaki Tsuzaki, Motomichi Koyama, Hydrogen Effects on Tensile and Fatigue Properties in Austenitic Steels, 2016 International Hydrogen Conference, 2016.09.
23. 津﨑 兼彰, 相変態が生み出す鉄鋼の多様性, 本多記念講演会, 2015.10.
24. Kaneaki Tsuzaki, Koyama M., Hydrogen effects in austenitic steels with martensitic transformation and deformation twinning, EUROMAT2015, 2015.09.
25. 津﨑 兼彰, 相安定性を変化させたオーステナイト鋼の水素環境下での疲労特性, ISIJ第170回秋季講演大会 討論会, 2015.09.
26. 津﨑 兼彰, 澤口 孝宏, Fe-Mn-Si 形状記憶合金の新展開:耐疲労制振ダンパー用材料の開発, JIM第157回秋期講演大会, 2015.09.
27. Kaneaki Tsuzaki, Koyama M., Negative and Positive Effects of Hydrogen on Tensile Behavior in High-Mn Austenitic Steels , ISIJ第170回秋季講演大会 国際セッション, 2015.09.
28. 津﨑 兼彰, ミクロ組織による鉄鋼材料の高性能化, 本多記念会, 2014.05.
29. 津﨑 兼彰, Reduced Ductility in 316 type austenitic single crystals under H charging, Joint HYDROGENIUS and I2CNER International Workshop, 2014.01.
30. 津﨑 兼彰, ESISMとしての国土強靭化への貢献:長周期地震動対策と構造材料そしてプラストン, 京都大学 構造材料元素戦略研究拠点 平成25年度 第3回シンポジウム , 2014.01, 国土強靭化のためのESISM材料創製グループの研究シーズについて紹介する。特にプラストンの制御の視点に立った長疲労寿命の開発材料の特徴とダンパーとしての可能性について述べる。.
31. 津﨑 兼彰, 構造材料の新たなフロンティア:壁を超える微視組織と材料特性, 第57回日本学術会議材料工学連合講演会, 2013.11.
32. 津﨑 兼彰, 微細伸長粒組織をもった1200MPa 級Cr-Mo 鋼のP添加による高靭性化:Delamination toughening の活用, 日本金属学会九州支部・日本鉄鋼協会九州支部「第293回材料科学談話会」, 2013.05, 鉄鋼材料では、低温脆化(低温にすると脆くなる)や焼き戻し脆化(P などを含む鋼を焼き戻すと脆くなる)などの脆化現象がよく知られています。前者は、BCC 鉄のらせん転位のパイアレスポテンシャルが大きいために、低温になると降伏応力が増加して劈開破壊応力を超えるために起こると理解されています。また後者は、特定の温度で焼き戻すとP が粒界に多量に偏析して、これによって旧オーステナイト粒界に沿った粒界割れが起こりやすくなるためと理解されています。このようにP は高強度鋼の靱性にとって有害な元素として捉えられてきました。しかし、粒界割れを分散するとともに割れ方向を制御することができれば脆化を克服できるはずです。本発表では、P の悪影響を無害化するだけでなく、むしろP を高靱性化に活用できる金属組織制御の一例を示します。.

九大関連コンテンツ