九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
津﨑 兼彰(つざき かねあき) データ更新日:2017.10.23

教授 /  工学研究院 機械工学部門 材料力学


教育活動概要
平成27年度は、下記の講義を担当している。
・日本語コミュニケーション(前期・学部4年)
・機械工学実験第一(前期・学部3年)
・水素工学概論(前期・大学院1年)
・機械材料(後期・学部2年)
・Materials Strength(後期・修士1年、英語講義)
・Hydrogen Energy Engineering(後期・修士1年、英語講義)

研究では、学部4年生5名、修士1年生6名、修士2年生6名、博士3年生1名、博士1年生1名の指導を行っている。
担当授業科目
2017年度・後期, Materials Strength.

2017年度・後期, 機械材料.

2017年度・前期, 機械工学実験第一.

2017年度・前期, 日本語コミュニケーション.

2017年度・前期, 水素工学概論.

2016年度・後期, Materials Strength.

2016年度・後期, 機械材料.

2016年度・後期, Introduction to Mechanical and Aerospace Engineering.

2016年度・後期, Hydrogen Energy Engineering.

2016年度・前期, 機械工学実験第一.

2016年度・前期, 日本語コミュニケーション.

2016年度・前期, 機械工学・航空宇宙工学序論.

2016年度・前期, 水素工学概論.

2015年度・後期, Materials Strength.

2015年度・後期, 機械材料.

2015年度・後期, Introduction to Mechanical and Aerospace Engineering.

2015年度・後期, Hydrogen Energy Engineering.

2015年度・前期, 機械工学実験第一.

2015年度・前期, 日本語コミュニケーション.

2015年度・前期, 水素工学概論.

2014年度・後期, 機械材料学.

2014年度・後期, Materials Strength.

2014年度・前期, 機械工学実験第一.

2014年度・前期, 日本語コミュニケーション.

2013年度・後期, 機械材料学.

2013年度・後期, Fatigue strength.

2013年度・後期, Hydrogen Energy Engineering.

他大学・他機関等の客員・兼任・非常勤講師等
2015年度, 京都大学, 2013年4月より2016年3月, 客員教員.

2013年度, 独立行政法人 物質・材料研究機構, 2013年4月から2014年3月, 兼任教員.

国際教育イベント等への参加状況等
2013.07, 2013 Physical Metallurgy Gordon Research Conference: Materials at Extremes, 米国・メイン州Biddeford, Gordon Research Conferences.


九大関連コンテンツ