九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動 病院臨床活動
中尾 新太郎(なかお しんたろう) データ更新日:2019.06.18

講師 /  九州大学病院 眼科


主な研究テーマ
網脈絡膜血管病の病態解明
キーワード:糖尿病網膜症、糖尿病黄斑浮腫、加齢黄斑変性、硝子体手術、血管新生、リンパ管新生、炎症、マクロファージ、ロボット手術
2012.04.
従事しているプロジェクト研究
眼科硝子体手術普及のための眼内内視鏡保持ロボット
2017.06~2023.03, 代表者:園田康平, 九州大学医学研究院眼科, 九州大学
失明に直結する重篤な硝子体疾患では唯一の手段である硝子体手術は現在限られた施設での限られた術者のみにより施行されている。今後、より重要となる地域医療において医師不足の中、ロボットの活用が考えられている。今回、我々は硝子体手術のおけるロボットの活用を考え、眼内内視鏡保持ロボットの開発に東京工業大学と共同で取り組んで取り組んでおり、将来的には眼科版ダヴィンチへの発展に繋げたい。.
Beyond VEGFのアンメットニーズ:線維化と虚血へのマクロファージ教育療法
2017.04~2019.03, 代表者:中尾新太郎, 九州大学病院.
光干渉断層装置 Angiographyの網膜疾患における臨床的有効性に関する研究
2017.03~2020.03, 代表者:園田 康平, 九州大学大学院医学研究院.
超高分解能光干渉断層装置の網膜疾患における臨床的有用性に関する研究
2014.07~2017.03, 代表者:中尾新太郎
UHR-OCTを用いて、健常眼と網膜疾患患者の眼底断層画像を撮影し、断層画像から得られた画像特徴と視機能との関係、および毛細血管瘤の視認性を評価し、従来のOCTでは明確に識別できなかった形態の観察や臨床への応用方法を検討する。.
補償光学付き走査型レーザー検眼鏡を用いた健常視細胞の解剖生理に関わる研究
2013.10~2016.03, 代表者:中尾新太郎, 九州大学
細胞レベルの解像度(5um)を有するAO-SLOを用いて、健常眼の眼底画像を既存の眼底観察機器では観察不可能であった細胞レベルで取得し、健常眼の視細胞密度、視細胞間隔・視細胞配列及び網膜毛細血管形態・毛細血管血流・毛細血管血球動態を計測する。.
補償光学付き走査型レーザー検眼鏡を用いた眼疾病・眼合併症の診断手法に関わる研究
2013.05~2016.03, 代表者:中尾新太郎, 九州大学
細胞レベルの解像度(5um)を有するAO-SLOを用いて、患者眼の眼底画像を既存の眼底観察機器では観察不可能であった細胞レベルで取得し、網膜疾患における視細胞密度、視細胞間隔・視細胞配列及び網膜毛細血管形態・毛細血管血流・毛細血管血球動態を計測する。.
網脈絡膜疾患に対するリンパ管をターゲットとした新しい治療戦略
2013.04~2017.03, 代表者:中尾新太郎, 九州大学
中途失明の上位である加齢黄斑変性、糖尿病黄斑浮腫を代表する網脈絡膜滲出性病変に対して、リンパ管をターゲットとした新しい治療戦略の可能性を検討する。上記の網脈絡膜血管病において浮腫など滲出性変化が視力低下の重要な病態である。リンパ管は組織液調節や免疫に重要であるが、炎症などの病態ではリンパ管新生または活性化が誘導される。しかし、現在眼科領域においてはリンパ管の存在、リンパ管新生などの病態への関与はほとんど不明である。 私は、眼リンパ管新生に関して角膜を中心としたあたらしい知見を発表してきた。今回、“リンパ管をターゲットとした網脈絡膜疾患への治療”の可能性を検索したい。.
研究業績
主要著書
主要原著論文
1. Aliaa Barakat, Shintaro Nakao, Souska Zandi, Dawei Sun, Ruth Schmidt-Ullrich, KC Hayes, Ali Hafezi-Moghadam, In contrast to western diet, a plant-based, high-fat, low-sugar diet does not exacerbate retinal endothelial injury in streptozotocin-induced diabetes, FASEB J, 2019.06.
2. Yoshihiro Kaizu, Shintaro Nakao, Mitsuru Arima, Takehito Hayami, Iori Wada, Muneo Yamaguchi, Haruka Sekiryu, Keijiro Ishikawa, Yasuhiro Ikeda, Koh-Hei Sonoda, Flow Density in Optical Coherence Tomography Angiography is Useful for Retinopathy Diagnosis in Diabetic Patients, Scientific Reports, 2019.06.
3. Kaizu Y, Nakao S, Arima M, Wada I, Yamaguchi M, Sekiryu H, Hayami T, Ishikawa K, Ikeda Y, Sonoda KH., Capillary dropout is dominant in deep capillary plexus in early diabetic retinopathy in optical coherence tomography angiography., Acta Ophthalmol., 2019.02.
4. Kaizu Y, Nakao S, Sekiryu H, Wada I, Yamaguchi M, Hisatomi T, Ikeda Y, Kishimoto J, Sonoda KH., Retinal flow density by optical coherence tomography angiography is useful for detection of nonperfused areas in diabetic retinopathy, GRAEFES ARCHIVE FOR CLINICAL AND EXPERIMENTAL OPHTHALMOLOGY, 10.1007/s00417-018-4122-6, 256, 12, 2275-2282, 2018.12.
5. Shintaro Nakao, Shigeo Yoshida, Yoshihiro Kaizu, Muneo Yamaguchi, Iori Wada, Tatsuro Ishibashi, Koh-hei Sonoda, Microaneurysm Detection in Diabetic Retinopathy Using OCT Angiography May Depend on Intramicroaneurysmal Turbulence, Ophthalmology Retina, 2018.11.
6. Nakao S, Zandi S, Sun D, Hafezi-Moghadam A, Cathepsin B-Mediated CD18 Shedding Regulates Leukocyte Recruitment from Angiogenic Vessels, FASEB J, 32, 143-154, 2018.01.
7. Kaizu Y, Nakao S, Wada I, Yamaguchi M, Fujiwara K, Yoshida S, Hisatomi T, Ikeda Y, Hayami T, Ishibashi T, Sonoda KH., Imaging of Retinal Vascular Layers: Adaptive Optics Scanning Laser Ophthalmoscopy Versus Optical Coherence Tomography Angiography, TRANSLATIONAL VISION SCIENCE & TECHNOLOGY, 10.1167/tvst.6.5.2, 6, 5, 2017.09.
8. Kaizu Y, Nakao S, Yoshida S, Hayami T, Arima M, Yamaguchi M, Wada I, Hisatomi T, Ikeda Y, Ishibashi T, Sonoda KH., Optical Coherence Tomography Angiography Reveals Spatial Bias of Macular Capillary Dropout in Diabetic Retinopathy, INVESTIGATIVE OPHTHALMOLOGY & VISUAL SCIENCE, 10.1167/iovs.17-22306, 58, 11, 4889-4897, 2017.09.
9. Shintaro Nakao, Optical Coherence Tomography Angiography for Detecting Choroidal Neovascularization Secondary to Punctate Inner Choroidopathy, Ophthalmic Surg Lasers Imaging Retina., 10.3928/23258160-20161130-13., 47, 12, 1157-1161, 2016.12.
10. Muneo Yamaguchi, Shintaro Nakao, High-Resolution Imaging by Adaptive Optics Scanning Laser Ophthalmoscopy Reveals Two Morphologically Distinct Types of Retinal Hard Exudates, Scientific Reports, 10.1038/srep33574, 6, 2016.09.
11. Shintaro Nakao, Wide-field laser ophthalmoscopy for imaging of gas-filled eyes after macular hole surgery, Clinical Ophthalmology, 10.2147/OPTH.S109900., 10, 1623-1630, 2016.08.
12. Yoshihiro kaizu, Shintaro Nakao, Detection of airbag impact-induced cone photoreceptor damage by adaptive optics scanning laser ophthalmoscopy: a case report, BMC Ophthalmology, 10.1186/s12886-016-0275-4, 16, 2016.07.
13. Shintaro Nakao, Phenotypic transformation of intimal and adventitial lymphatics in atherosclerosis: a regulatory role for soluble VEGF receptor 2., FASEB Journal, 10.1096/fj.201500112, 30, 7, 2490-2499, 2016.07.
14. Muneo Yamaguchi, Shintaro Nakao, Vascular Normalization by ROCK Inhibitor: Therapeutic Potential of Ripasudil (K-115) Eye Drop in Retinal Angiogenesis and Hypoxia, Investigative Ophthalmology & Visual Science, 10.1167/iovs.15-17411, 57, 4, 2264-2276, 2016.04.
15. Shintaro Nakao, Yasuhiro Ikeda, Yasunori Emi, Tatsuro Ishibashi, Possibility of Müller Cell Dysfunction as the Pathogenesis of Paclitaxel Maculopathy, Ophthalmic Surg Lasers Imaging Retina., 10.3928/23258160-20151214-14., 47, 1, 81-84, 2016.01.
16. Shintaro Nakao, Yoshihiro Kaizu, Shigeo Yoshida, Tomohiro Iida, Tatsuro Ishibashi, Spontaneous remission of acute zonal occult outer retinopathy: follow-up using adaptive optics scanning laser ophthalmoscopy, Graefes Arch Clin Exp Ophthalmol, 10.1007/s00417-014-2760-x., 253, 6, 839-843, 2015.06.
17. Shintaro Nakao, ROCK-Isoform-Specific Polarization of Macrophages Associated with Age-Related Macular Degeneration, Cell Reports, 10.1016/j.celrep.2015.01.050, 10, 7, 1173-1186, 2015.02.
18. Shintaro Nakao, Molecular imaging reveals elevated VEGFR-2 expression in retinal capillaries in diabetes: A novel biomarker for early diagnosis, FASEB Journal, 2014.06.
19. Shintaro Nakao, Retinopathy in a novel model of metabolic syndrome and type 2 diabetes: new insight on the inflammatory paradigm., FASEB Journal, 10.1096/fj.12-215715., 28, 5, 2038-2046, 2014.05.
20. Shintaro Nakao, Ryoichi Arita, Wide Field Laser Ophthalmoscopy for Mice: A Novel Evaluation System for Retinal/Choroidal Angiogenesis in Mouse., Investigative Ophthalmology & Visual Science, 10.1167/iovs.13-11946., 54, 8, 5288-5293, 2013.08.
21. Shintaro Nakao, Lack of lymphatic and lymph node-mediated immunity in choroidal neovascularization, Investigative Ophthalmology & Visual Science, 10.1167/iovs.12-10341, 54, 6, 3830-3836, 2013.06.
22. Ryoichi Arita, Shintaro Nakao, A key role for ROCK in TNF-α-mediated diabetic microvascular damage., Investigative Ophthalmology & Visual Science, doi: 10.1167/iovs.12-10757, 54, 5, 2373-2383, 2013.05.
23. Shintaro Nakao, ALTERED VASCULAR MICROENVIRONMENT BY BEVACIZUMAB IN DIABETIC FIBROVASCULAR MEMBRANE, RETINA-THE JOURNAL OF RETINAL AND VITREOUS DISEASES, 10.1097/IAE.0b013e3182753b41, 33, 5, 957-963, 2013.05.
24. Toshio Hisatomi, Shintaro Nakao, The Regulatory Roles of Apoptosis-Inducing Factor in the Formation and Regression Processes of Ocular Neovascularization, American Journal of Pathology, 10.1016/j.ajpath.2012.03.022, 181, 1, 53-61, 2012.07.
25. Shintaro Nakao, Larger therapeutic window for steroid vs VEGF-A inhibitor in inflammatory angiogenesis: Surprisingly similar impact on leukocyte infiltration., Investigative Ophthalmology & Visual Science, 2012.04.
26. Shintaro Nakao, Intravitreal Anti-VEGF Therapy Blocks Inflammatory Cell Infiltration and Re-Entry into the Circulation in Retinal Angiogenesis, Investigative Ophthalmology & Visual Science, 10.1167/iovs.11-9119, 53, 7, 4323-4328, 2012.06.
27. Shintaro Nakao, Discontinuous LYVE-1 expression in corneal limbal lymphatics: dual function as microvalves and immunological hot spots, FASEB Journal, 10.1096/fj.11-183897, 26, 2, 808-817, 2012.02.
28. Shintaro Nakao, Lymphatics and Lymphangiogenesis in the Eye, Journal of Ophthalmology, 10.1155/2012/783163, 2012.01.
29. Shintaro Nakao, VAP-1-Mediated Leukocyte Infiltration Underlies IL-1β- but not VEGF-A-induced Lymph- and Angiogenesis, American Journal of Pathology, 178, 1913-1921, 2011.04.
30. Shintaro Nakao, Blood vessel endothelial VEGFR-2 delays lymphangiogenesis: an endogenous trapping mechanism links lymph- and angiogenesis, Blood, 10.1182/blood-2010-02-267427, 117, 3, 1081-1090, 2011.01.
31. Shintaro Nakao, Lymphangiogenesis and angiogenesis: concurrence and/or dependence? Studies in inbred mouse strains, FASEB Journal, 10.1096/fj.09-134056, 24, 2, 504-513, 2010.02.
32. Shintaro Nakao, Dexamethasone inhibits interleukin-1 beta-induced corneal neovascularization - Role of nuclear factor-kappa B-activated stromal cells in inflammatory angiogenesis, American Journal of Pathology, 10.2353/ajpath.2007.070172, 171, 3, 1058-1065, 2007.09.
33. Shintaro Nakao, Infiltration of COX-2-expressing macrophages is a prerequisite for IL-1beta-induced neovascularization and tumor growth., Journal of Clinical Investigation, 2005.11.
34. Shintaro Nakao, Synergistic effect of TNF-alpha in soluble VCAM-1-induced angiogenesis through alpha 4 integrins, Journal of Immunology, 170, 11, 5704-5711, 2003.06.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 中尾 新太郎, 抗VEGF治療:抗VEGF治療の新しい候補薬, あたらしい眼科, 2017.09.
2. 中尾 新太郎, 吉田 茂生, 石橋 達朗, 糖尿病網膜症の病理学, 糖尿病診療マスター, 2016.03.
3. 中尾 新太郎, Schlemm管はリンパ管である, あたらしい眼科, 2015.02.
4. 中尾 新太郎, 水晶体偏位, Oculista, 2015.01.
5. 中尾 新太郎, 光干渉断層計, 週刊日本医事新報, 2014.09.
6. 中尾 新太郎, 石橋 達朗, 網膜血管異常の病態生理学の現状と最新の知見, 日本の眼科, 2013.04.
7. 中尾 新太郎, 江内田 寛, 黄斑上膜の病理, Oculista , 2014.01.
8. 中尾 新太郎, 眼内血管新生病, 医薬ジャーナル社, 2013.02.
9. 中尾 新太郎, 糖尿病網膜症, あたらしい眼科 29(臨増) メディカル葵出版, 2012.12.
10. 中尾 新太郎, 吉田 茂生, 江内田 寛, 石橋 達朗, 糖尿病性網膜疾患 分子標的薬, 日本臨床 日本臨床社, 2012.11.
11. 江内田 寛, 中尾 新太郎, 石橋 達朗, VEGF阻害薬, 月刊糖尿病, 2012.07.
12. 中尾 新太郎, 池田 康博, 村田 敏規, 網膜出血、軟性白斑、硬性白斑、網膜虚血の病態と病理 垂直に病態を見る 水平に病態を見る 網膜血管病の病態とマネージメント, 眼科, 2011.09.
13. 中尾 新太郎, 畑 快右, マイクロスフェアを用いたIn Vivo Molecular Imagingについて教えてください, 2010.12.
14. Shintaro Nakao, Yasuaki Hata, An Overview on Diabetes and Ocular Health , Elsevier, 2012.01.
主要学会発表等
1. @中尾 新太郎, 網膜疾患基礎研究の進め方: Research for Patients, 第122回日本眼科学会総会, 2018.04.
2. @中尾 新太郎, 抗VEGF療法抵抗性DMEの 炎症をターゲットとした イメージングと病態解明, 第122回日本眼科学会総会, 2018.04.
3. @中尾 新太郎, 抗VEGF療法時代の糖尿病網膜症 アンメットニーズ: 微細イメージングと分子標的, 第122回日本眼科学会総会, 2018.04.
4. 中尾 新太郎, 糖尿病網膜症を『診る』, 第34回日本眼循環学会, 2017.07.
5. 中尾新太郎, 吉田茂生, 海津嘉弘, 山口宗男, 和田伊織, 石橋達朗, 園田康平, 糖尿病網膜症におけるOCT angiographyの毛細血管瘤描出と乱流の関連, 第56回日本網膜硝子体学会, 2017.12.
6. Nakao S, Yoshida S, Kaizu Y, Wada I, Sonoda KH, Detection Capability of OCT Angiography for Nonperfused Areas in Diabetic Retinopathy, 10th Joint Meeting of Korea-China-Japan Ophthalmologists, 2017.11.
7. 中尾 新太郎, Evaluation of hyperreflective foci in diabetic macular edema by ultra-high resolution en face optical coherence tomography, ARVO, 2017.05.
8. 中尾 新太郎, 超高分解能en face OCTによる 糖尿病網膜症におけるhyperreflective fociの観察, 第55回日本網膜硝子体学会, 2016.12.
9. 中尾 新太郎, 超高分解能OCTを使った糖尿病網膜症診療, 第55回日本網膜硝子体学会, 2016.12.
10. 中尾 新太郎, 20年後の加齢黄斑変性治療の大予測〜マダムの紹介〜, 第70回日本臨床眼科学会, 2016.11.
11. 中尾 新太郎, Impact of Anti-VEGF Therapy on Photoreceptor in Patients with Exudative Age-Related Macular Degeneration, 1st Japan-Taiwan Vitreoretinal Joint Meeting, 2016.10.
12. 中尾 新太郎, DRの基礎から臨床を考える, 第22回糖尿病眼学会, 2016.10.
13. 中尾 新太郎, AO-SLO観察からのさらなる糖尿病網膜症病態解明, 第22回糖尿病眼学会, 2016.10.
14. 中尾 新太郎, Impact of Anti-VEGF Therapy on Photoreceptor in Patients with Exudative Age-Related Macular Degeneration, 49th Annual Retina Society Meeting, 2016.09.
15. Shintaro Nakao, Evaluation of Vascular Lesion Before and After Anti-VEGF Therapy for Age-Related Macular Degeneration by OCT Angiography, The 54th Annual Meeting of Japanese Retina and Vitreous Society, 2015.12.
16. 中尾 新太郎, 糖尿病黄斑浮腫の毛細血管瘤に対する抗VEGF療法の効果:AO-SLOによる検討, 第21回 日本糖尿病眼学会, 2015.11.
17. 中尾 新太郎, Altered vascular microenvironment by bevacizumab in diabetic fibrovascular membrane, 第21回日本糖尿病眼学会, 2015.11.
18. 中尾 新太郎, AO-SLOによる糖尿病網膜症診断, DME expert clinical conference, 2015.11.
19. 中尾 新太郎, 高分解能光干渉断層計を使用したHyperreflective fociの観察, 第2回コーワOCT Bi-μ研究会, 2015.10.
20. 中尾 新太郎, AO-SLOによる糖尿病網膜症の毛細血管瘤の解析, 第1回 Retina Research Forum, 2015.10.
21. 中尾 新太郎, ROCK阻害剤の網膜疾患への可能性, 第13回博多眼科セミナー, 2015.06.
22. 中尾 新太郎, 内科の先生に知っておいていただきたい糖尿病眼合併症, 第2回 糖尿病合併症と治療を考える会, 2015.06.
23. 中尾 新太郎, 高分解能光干渉断層計の糖尿病網膜症における使用経験, 第1回コーワOCT Bi-μ研究会, 2015.06.
24. 中尾 新太郎, DME治療にもうステロイドは必要ないのか, DMEエキスパートミーティング, 2015.06.
25. 中尾 新太郎, 池田 康博, 宮崎 勝徳, 大石 誠一郎, 石橋 達郎, 薬剤中止により寛解したパクリタキセル黄斑浮腫の1例, 第85回九州眼科学会, 2015.05.
26. 中尾 新太郎, これからの糖尿病網膜症診療とROCK阻害剤, 第256長野県眼科医会集談会, 2015.03.
27. Shintaro Nakao, ROCK as a therapeutic target in diabetic retinopathy. Molecular Mechanisms in Diabetic Retinopathy, Asia ARVO 2015, 2015.02.
28. 中尾 新太郎, これからの糖尿病網膜症診療とROCK阻害剤, 福岡ROCK阻害薬学術講演会, 2015.01.
29. 中尾 新太郎, これからの糖尿病網膜症診療とROCK阻害剤, 大分ROCK阻害薬学術講演会, 2015.01.
30. 中尾 新太郎, 海津 嘉弘, 山口 宗男, 石橋 達郎, エアバッグ外傷により視細胞傷害を認めた1例:AO-SLOによる観察, 第52回六大学研究会, 2014.09.
31. Shintaro Nakao, Rhoichi Arita, Muneo Yamaguchi, Tatsuro Ishibashi, Characterization of Microaneurysm in Diabetic Retinopathy Using Adaptive Optics Scanning Laser Ophthalmoscopy, ARVO.
32. 中尾 新太郎, 糖尿病網膜症におけるROCKの病態関与:ROCK阻害剤の臨床応用への可能性, 第118回日本眼科学会, 2014.04.
33. Shintaro Nakao, Rhoichi Arita, Tomoyuki Isobe, Yoshio Kaneko, Tatsuro Ishibashi, Therapeutic potential of topical ROCK inhibitor K-115 in retinal neovascularization, World Ophthalmology Congress 2014, 2014.04.
34. 中尾 新太郎, 大島 裕司, 吉田 茂生, 塩瀬 聡美, 安田 美穂, 狩野 久美子, 石橋 達朗, 滲出型加齢黄斑変性患者における抗VEGF薬の視細胞への影響:AO-SLOによる短期評価., 厚生労働省難治性疾患克服研究事業 網膜脈絡膜・視神経萎縮症調査研究班 平成25年度 班会議. , 2014.01.
35. 中尾 新太郎, 加齢黄斑変性におけるROCK アイソフォーム特異的macrophage education therapy, 第21回日本血管生物医学会, 2013.09, 加齢黄斑変性は眼血管新生病の代表であり、失明につながる重要な疾患である。その病態には癌などの血管新生病と同じくマクロファージの関与が知られている。最近、癌などの分野において病態依存的マクロファージ分化が解明され、炎症に関与するM1マクロファージと組織修復に関与するM2マクロファージが存在することが報告されている。しかし、加齢黄斑変性における脈絡膜血管新生へのM1, M2マクロファージ関与は不明である。また細胞骨格の再構成や血管新生に関与するROCKには、ROCK1・ROCK2という2つのアイソフォームが知られているが、脈絡膜血管新生への関与は不明である。さらにROCKがマクロファージ分化に関与するかについても報告がない。今回、われわれは脈絡膜血管新生へのM1, M2マクロファージ関与、さらにROCKの病態への関与について検討した。
ヒト正常網膜には ROCKの発現は観察されなかったが,摘出ヒト脈絡膜血管新生板においてROCK1とROCK2ともに発現が観察された。またサル、マウスレーザー誘導脈絡膜血管モデルにおいても同様であった。マウス脈絡膜血管モデルにおいて、ROCK1+/-Tie1Creマウスにおいて血管新生誘導が観察されたが、ROCK阻害剤であるファスジル、ROCK2特異的阻害剤、ともに有意に血管新生を抑制した。興味深いことにファスジルでは浸潤マクロファージ数は有意に抑制されたが、ROCK2特異的阻害剤投与群では浸潤マクロファージ数はコントロール群と同等であった。次にFACSを用いて脈絡膜へのM1, M2マクロファージ浸潤を検討すると、day1から M1マクロファージ浸潤を認め、 day7に有意なM2マクロファージ浸潤を認めた。ROCK2特異的阻害剤投与群においては有意にM2マクロファージ浸潤が抑制された。またマウス脈絡膜血管モデルにおいて M1マクロファージ眼内投与により血管新生が抑制されたのに対し、 M2マクロファージ投与群では有意に脈絡膜血管新生は増加した。さらにin vitroにおいてROCK2特異的阻害によりM1関連因子IFN-γ, CD80細胞増加を認め、M2関連因子IL-10, CD206細胞減少を認めた。
今回、加齢黄斑変性における脈絡膜血管新生の病態にM2マクロファージが関与し、その分化にROCK2が重要であることが示唆された。
.
36. Shintaro Nakao, Souska Zandi, Riichiro Kohno, Dawei Sun, Lack of Lymphatics and Lymph Node-mediated Immunity in Choroidal Neovascularization , The Sixth Joint Meeting of Chinese-Korean-Japanese Ophthalmologists, 2013.09, Purpose. Inflammation and immune cells regulate choroidal neovascularization (CNV) and could become therapeutic targets in age-related macular degeneration (AMD). Lymphangiogenesis is a key component of various inflammatory diseases. Whether lymphangiogenesis and lymph node-mediated immunity are involved in the pathogenesis of AMD is not understood.
Methods. To investigate lymphangiogenesis in AMD, we generated choroidal neovascularization (CNV) in animals by laser and studied surgically removed CNV membranes from uveitis and AMD patients. Immunohistochemistry was performed with LYVE-1 and podoplanin antibodies. VEGF-C and VEGFR-3 expressions were examined with immunohistochemistry and western blotting. To examine the role of lymph node in CNV, we lasered lymphotoxin alpha deficient mice (LTα-/-) and measured the CNV volume.
Results. Immunohistochemistry showed that LYVE-1(+) macrophages infiltrated in acutely induced CNV, however, lymphatic tubes did not form. CNV membranes from patients did not show LYVE-1(+)podoplanin(+) vessels, suggesting lack of lymphangiogenesis in AMD and uveitis. Western blots and immunostaining revealed VEGF-C and VEGFR-3 expression in CNV lesions, mainly in macrophages and angiogenic endothelial cells. Using fluorescent microsphere tracers, we show a path for cellular migration from the eye to the cervical lymph nodes (LN) during CNV. However, CNV injury did not cause LN swelling. CNV volume did not differ between WT and LN deficient mice, suggesting that LN is not a key component of early CNV formation.
Conclusion. Laser-induced CNV is not primarily dependent on acquired immunity, nor does the fundus injury affect peripheral LNs. Our results reveal a previously unknown cellular connection between the ocular fundus and the cervical LNs. This connection that in function resembles lymphatics is actively utilized in CNV.
.
37. 中尾 新太郎, 加齢黄斑変性におけるROCK阻害マクロファージ“しつけ”療法, 第3回わかもと先進眼科医療研究会, 2013.08.
38. 中尾 新太郎, 網脈絡膜疾患に対するマクロファージの“しつけ”療法, 北九州九大同門会, 2013.06.
39. 中尾 新太郎, Ex-pressフィルトレーションデバイスを挿入した血管新生緑内障におけるフレア値の検討, 九州眼科学会 第29回緑内障カンファレンス, 2013.05, 【目的】血管新生緑内障に対する線維柱帯切除術の合併症として、術中や術後の前房出血を経験することは少なくない。昨年より我が国でもEx-pressフィルトレーションデバイスの使用が可能となり、虹彩切除術が不要な点で血管新生緑内障症例に対する有用性が期待されている。一方、血管新生緑内障においては、新生血管からの血漿成分漏出による前房フレア値の上昇が報告されており、病気の活動性との関連も想定されている。今回、九州大学眼科で血管新生緑内障に対してEx-pressフィルトレーションデバイスを挿入した症例において、一ヶ月後に濾過胞再建術を要した症例を経験したので報告する。

【症例】40歳男性。左眼網膜中心静脈閉塞症に伴う血管新生緑内障の診断にて当科紹介受診。入院時眼圧は左眼54 mm Hg。フレア値は右眼5.4、左眼62.9と左眼のフレア値上昇を認めた。ベバシズマブ硝子体内投与後、眼圧は20 mmHgと低下を認めたが、その後眼圧が再上昇したため Ex-pressフィルトレーションデバイス挿入術を施行した。

【 結果 】 術後早期の眼圧コントロール良好であったが、一ヶ月後に眼圧の再上昇を認めたため、濾過胞再建術を施行した。術中所見としてEx-pressフィルトレーションデバイスの強膜側に線維性変化が観察され、またEx-press内部の閉塞も疑われた。

【 結論 】フレア値の高い血管新生緑内障では房水蛋白濃度が高い可能性が示唆され、さらにEx-pressフィルトレーションデバイスの内腔閉塞への関与が推察された。
.
40. 中尾 新太郎, Altred Vascular Microenvironment by anti-VEGF therapy in Diabetic Fibrovascular Membrane, EuroLam Retina, 2013.05.
41. 中尾 新太郎, 抗VEGF薬が糖尿病黄斑浮腫に奏功するメカニズム, 第36回日本眼科手術学会, 2013.01.
42. 中尾 新太郎, 白血球を介した糖尿病網膜症のメカニズム解明, 第38回沖中記念成人病研究所 研究報告会 , 2013.03.
特許出願・取得
特許出願件数  2件
特許登録件数  2件
学会活動
所属学会名
Retina Society
日本眼科学会
日本眼科医会
日本糖尿病学会
日本糖尿病眼学会
日本眼循環学会
日本眼炎症学会
日本網膜硝子体学会
日本血管生物医学会
The Association for Research in Vision and Ophthalmology
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2018.04.19~2018.04.22, 第122回日本眼科学会総会, シンポジスト.
2015.02.16~2015.02.19, Asia-ARVO 2015, 座長(Chairmanship).
2016.12.08~2016.12.10, 第24回日本血管生物医学会学術集会, シンポジスト.
2016.10.30~2016.10.30, 1st Japan-Taiwan Vitreoretinal Joint Meeting, シンポジスト.
2016.02.05~2016.02.09, World Ophthalmology Congress 2016, シンポジスト.
2015.12.05~2015.12.05, 第54回日本網膜硝子体学会総会, シンポジスト.
2015.02.16~2015.02.19, Asia-ARVO, シンポジスト.
2014.04.02~2014.04.06, 第118回日本眼科学会総会, シンポジスト.
2011.05.12~2011.05.15, 第115回日本眼科学会総会, シンポジスト.
2004.09.29~2004.10.01, 第63回 日本癌学会学術総会, シンポジスト.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2017.01~2017.12, Journal of Ophthalmology, 国際, 編集委員.
2012.01~2012.12, Journal of Ophthalmology, 国際, 編集委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2018年度     10 
2017年度 12      13 
2016年度 11        11 
2015年度      
2014年度      
2013年度      
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
Massachusetts Eye and Ear Infirmary, Harvard Medical School, UnitedStatesofAmerica, 2006.04~2010.03.
受賞
武田科学振興財団 医学系研究助成, 武田科学振興財団, 2018.11.
日本糖尿病合併症学会 Young Investigator Award, 日本糖尿病合併症学会, 2018.10.
高齢者眼疾患研究財団 助成金, 公益財団 高齢者眼疾患研究財団, 2018.04.
第3回バイエルレチナアワード, バイエル薬品, 2018.04.
公益信託 参天製薬創業者記念眼科医学研究基金, 参天製薬, 2016.03.
第54回日本網膜硝子体学会 第32回日本眼循環学会 優秀演題賞 ぴかいちシンポジウム, 日本網膜硝子体学会 日本眼循環学会, 2015.12.
第21回日本糖尿病眼学会 福田賞, 日本糖尿病眼学会, 2015.11.
第48回日本眼炎症学会学術奨励賞, 日本眼炎症学会, 2014.07.
第19回 ロート賞, ロート製薬, 2014.04.
平成25年度 日本眼科学会学術奨励賞, 日本眼科学会, 2014.04.
第3回 WACAMOTO Gold award, ワカモト製薬, 2013.08.
第18回日本糖尿病眼学会総会 優秀演題賞, 日本糖尿病眼学会, 2012.11.
冲中記念成人病研究所助成, (財)冲中記念成人病研究所, 2012.04.
Tear Film and Ocular Surface Society, Young Investigator Fellowship, Tear Film and Ocular Surface Society, 2009.01.
Bausch & Lomb Japan Corneal Research Fellowship, ボシュロム, 2006.04.
Japan Eye Bank Association Fellowship, 日本眼球銀行, 2006.04.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2013年度~2017年度, 若手研究(A), 代表, 網脈絡膜疾患に対するリンパ管をターゲットとした新しい治療戦略.
2017年度~2019年度, 基盤研究(C), 代表, Beyond VEGFのアンメットニーズ:線維化と虚血へのマクロファージ教育療法.
共同研究、受託研究(競争的資金を除く)の受入状況
2012.09~2019.03, 代表, K-115 による微小血管障害の病態制御の可能性に関する共同研究.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」