九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動 病院臨床活動
後藤 和人(ごとう かずひと) データ更新日:2019.06.05

助教 /  九州大学病院 検査部 検査部・医病


主な研究テーマ
自然免疫におけるミトコンドリアの翻訳を制御するp32遺伝子の役割の解明
キーワード:ミトコンドリア 
2013.04~2021.03.
研究業績
主要原著論文
1. Kazuhito Gotoh, Takafumi Morisaki, Daiki Setoyama, Katsuhiko Sasaki, Mikako Yagi, Ko Igami, Soichi Mizuguchi, Takeshi Uchiumi, Yoshinori Fukui, Dongchon Kang, Mitochondrial p32/C1qbp Is a Critical Regulator of Dendritic Cell Metabolism and Maturation, Cell Reports, https://doi.org/10.1016/j.celrep.2018.10.057, VOLUME 25, ISSUE 7, 1800-1805, 2018.11, Dendritic cell (DC) maturation induced by Toll-like receptor agonists requires activation of downstream signal transduction and metabolic changes. The endogenous metabolite citrate has recently emerged as a modulator of DC activation. However, the metabolic requirements that support citrate production remain poorly defined. Here, we demonstrate that p32/C1qbp, which functions as a multifunctional chaperone protein in mitochondria, supports mitochondrial metabolism and DC maturation. Metabolic analysis revealed that the citrate increase induced by lipopolysaccharide (LPS) is impaired in p32-deficient DCs. We also found that p32 interacts with dihydrolipoamide S-acetyltransferase (E2 component of pyruvate dehydrogenase [PDH] complex) and positively regulates PDH activity in DCs. Therefore, we suggest that DC maturation is regulated by citrate production via p32-dependent PDH activity. p32-null mice administered a PDH inhibitor show decreased DC maturation and ovalbumin-specific IgG production in vivo, suggesting that p32 may serve as a therapeutic target for DC-related autoimmune diseases. Although mitochondrial metabolic pathways are essential for DC activation, the precise molecular mechanism remains poorly understood. Gotoh et al. show that mitochondrial p32/C1qbp supports dendritic cell metabolism and maturation. In addition, mitochondrial p32 and pyruvate dehydrogenase activity are necessary for DC maturation in vitro and in vivo..
2. Sasaki, Katsuhiko, Gotoh, Kazuhito, Sho Miake, Setoyama, Daiki, Yagi, Mikako, Igami, Ko, Uchiumi, Takeshi, Kang, Dongchon, p32 is Required for Appropriate Interleukin- 6 Production Upon LPS Stimulation and Protects Mice from Endotoxin Shock, EBIOMEDICINE, 20, 161-172, 2017.06, Sepsis is a major cause of morbidity and mortality in seriously ill patients and mitochondrial dysfunction is associated with poor outcomes in septic patients. Although interleukin-6 (IL-6) is a good prognostic marker for sepsis, the relationship between mitochondrial dysfunction and IL-6 remains poorly understood. We identified p32/C1QBP/HABP1 as a regulator of IL-6 production in response to lipopolysaccharide (LPS). LPS induced IL-6 overproduction in p32 deficient mouse embryonic fibroblasts (MEFs) through NF-κB independent but activating transcription factor (ATF) 4 dependent pathways. Short hairpin RNA-based knockdown of ATF4 in p32 deficient MEFs markedly inhibited LPS-induced IL-6 production. Furthermore, MEFs treated with chloramphenicol, an inhibitor of mitochondrial translation, produced excessive IL-6 via ATF4 pathways. Using a LPS-induced endotoxin shock model, mice with p32 ablation in myeloid cells showed increased lethality and overproduction of IL-6. Thus, this study provides a molecular link how mitochondrial dysfunction leads to IL-6 overproduction and poor prognosis of sepsis..
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
その他の優れた研究業績
2017.05, 九州大学 大学院医学研究院臨床検査医学分野の康東天教授、後藤和人助教と佐々木勝彦氏(民間等共同研究員、株式会社LSIメディエンス)らの研究グループは、国立大学法人九州大学と株式会社LSIメディエンスの組織対応型連携の枠組みでの共同研究により、大腸菌の壁構成成分の一つであるリポ多糖(LPS)により免疫細胞から産生される炎症性サイトカインの一つであるイ ンターロイキン 6 の量がミトコンドリアの特定の機能により調節されていることを明らかにしました。さらに、マウスの敗血症モデルを用いて、独自に作成した p32 部分欠損マウスにおいて生 存率が低下することを見出しました。 .
学会活動
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2016.07.07~2016.07.09, 第27回日本生体防御学会学術総会, 座長(Chairmanship).
2014.11.22~2014.11.25, 第61回日本臨床検査医学会学術集会, 座長(Chairmanship).
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2016年度      
受賞
2017 ベイバイオサイエンス株式会社 抗体提供アワード, 2017.10.
2016TOMYアワード, 2016.06.
第15回日本ミトコンドリア学会年会 ベストプレゼンテーション, 2015.11.
2014 ベイバイオサイエンス アワード, 2015.02.
2014 SIGMA BIOSCIENCE AWARD, 2015.01.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2018年度~2020年度, 基盤研究(C), 代表, ミトコンドリア依存的な代謝と肥満の分子メカニズムの解明.
2016年度~2017年度, 若手研究(B), 代表, 臨床検査への応用を目的とした樹状細胞のミトコンドリア活性測定法の開発.
2014年度~2016年度, 若手研究(B), 代表, 肝臓病におけるp32遺伝子の役割.
2013年度~2014年度, 研究活動スタート支援, 代表, 自然免疫におけるミトコンドリアの翻訳を制御するp32遺伝子の役割の解明.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2018年度~2019年度, 武田科学振興財団 医学系研究助成, 代表, 骨髄性白血病に対するミトコンドリアをターゲットとした新薬開発
.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」