九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
宮崎 毅(みやざき たけし) データ更新日:2019.07.24

准教授 /  経済学研究院 経済工学部門 政策分析


主な研究テーマ
震災の経済分析
キーワード:復興財政、地方財政、震災復興
2006.04.
所得税が再分配や効率性に及ぼす影響の実証分析
キーワード:所得税、課税所得の弾力性、所得再分配
2008.04.
地方政府の合併と政府行動に関する実証分析
キーワード:市町村合併、地方政府、
2005.04.
従事しているプロジェクト研究
「地域情報を考慮した人口減少下の税・社会保障制度と家計行動の関係についての実証研究」平成31年度一橋大学経済研究所共同利用共同研究拠点事業プロジェクト
2019.04~2020.03, 代表者:伊藤伸介.
「合併が地域の成長に及ぼす影響に関する研究」科学研究費補助金(基盤研究C、19K01697)
2019.04~2022.03, 代表者:宮崎 毅, 九州大学.
「日本における税制改革と社会保障改革の研究:ミクロデータを用いた実証分析とシミュレーション分析」平成31年度一橋大学経済研究所共同利用共同研究拠点事業プロジェクト
2019.06~2020.03, 代表者:宮崎  毅.
「税制改革・社会保障制度と所得格差:日本の実証研究」平成29年度一橋大学経済研究所共同利用共同研究拠点事業プロジェクト
2017.04~2018.03, 代表者:森田(山本)陽子.
「小地域における社会人口動態・経済状況と津波被害に関する実証分析」科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
2016.04~2019.03, 代表者:宮崎 毅, 九州大学.
研究業績
主要著書
主要原著論文
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
学会活動
所属学会名
Association for Public Economic Theory
西日本日本財政学会
Econometric Society
日本応用経済学会
American Economic Association
International Institute of Public Finance
日本地方財政学会
日本財政学会
日本経済学会
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2019.06~2019.06.01, 日本経済学会2019年度春季大会, 座長(Chairmanship).
2017.06~2017.06.01, 日本経済と地方財政に関する諸問題:人種分断, コーディネーター.
2017.06~2017.06.01, 2017 Asian Meeting of the Econometric Society, 座長(Chairmanship).
2015.11~2015.11, 日本応用経済学会2015年度秋季大会, 座長(Chairmanship).
2014.08~2014.08, The 70th Congress of the International Institute of Public Finance, 座長(Chairmanship).
2014.02~2014.02, 日本経済と地方財政に関する諸問題:市町村合併、公共財、震災, コーディネーター.
2013.12~2013.12, 一橋大学経済研究所 共同利用共同研究拠点 プロジェクト研究セミナー「ミクロデータ分析の新展開―日本経済への適用」, コーディネーター.
2013.10~2013.10, 日本財政学会第70回大会, 座長(Chairmanship).
2012.03~2013.05.19, 一橋大学経済研究所 共同利用共同研究拠点 プロジェクト研究セミナー「日本の所得不平等と所得再分配政策について」, コーディネーター.
2011.03~2011.03.31, 一橋大学経済研究所 共同利用共同研究拠点 プロジェクト研究セミナー「近年の所得税に関する研究」, コーディネーター.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2014.06~2017.03, 『経済学研究(九州大学)』, 国内, 編集委員.
2008.04~2013.03, 『明海大学経済学論集』, 国内, 編集委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2018年度    
2017年度    
2016年度    
2015年度      
2014年度    
2013年度      
2008年度      
2009年度      
2010年度      
2011年度      
2012年度      
受賞
学会奨励賞, 日本財政学会, 2015.10.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2019年度~2021年度, 基盤研究(C), 代表, 合併が地域の成長に及ぼす影響に関する研究.
2016年度~2019年度, 挑戦的萌芽研究, 代表, 小地域における社会人口動態・経済状況と津波被害に関する実証分析.
2010年度~2012年度, 若手研究(B), 代表, 「市町村合併に関する理論モデルに基づいた実証分析」.
2013年度~2014年度, 挑戦的萌芽研究, 分担, 「東日本大震災における課題構造の解明と実効性の高い順応的管理の体系化」.
2013年度~2015年度, 挑戦的萌芽研究, 代表, 「東海地震に関する防災政策の経済的インパクトの研究」.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2019年度~2019年度, 平成31年度一橋大学経済研究所共同利用共同研究拠点事業プロジェクト, 分担, 地域情報を考慮した人口減少下の税・社会保障制度と家計行動の関係についての実証研究.
2019年度~2019年度, 平成31年度一橋大学経済研究所共同利用共同研究拠点事業プロジェクト, 代表, 日本における税制改革と社会保障改革の研究:ミクロデータを用いた実証分析とシミュレーション分析.
2017年度~2017年度, 平成29年度一橋大学経済研究所共同利用共同研究拠点事業プロジェクト, 分担, 税制改革・社会保障制度と所得格差:日本の実証研究.
2016年度~2016年度, 平成28年度一橋大学経済研究所共同利用共同研究拠点事業プロジェクト, 分担, 日本の所得・貯蓄格差に関する実証分析:税制度、ワーク・ライフ・バランスの視点から.
2015年度~2015年度, 一橋大学経済研究所共同利用共同研究拠点事業プロジェクト, 分担, 税制や育児支援が就業や所得格差に及ぼす影響に関する考察:地域やライフサイクルイベントの視点から.
2014年度~2015年度, 公益財団法人 野村財団2014年度研究助成, 代表, 高所得者における課税所得の税引き後率弾力性:1989年税制改革を利用した自然実験アプローチ.
2014年度~2014年度, 一橋大学経済研究所共同利用共同研究拠点事業プロジェクト, 代表, 子育て支援や税制が家計行動・就業行動に及ぼす影響の研究:日本の実証分析.
2009年度~2010年度, 2009年度日本経済研究奨励財団奨励金, 分担, 「日本における限界税率の所得弾力性の推定」.
2010年度~2010年度, 平成22年度一橋大学経済研究所共同利用共同研究拠点事業プロジェクト, 代表, 「日本における課税所得の弾力性の推計」.
2011年度~2011年度, 平成23年度一橋大学経済研究所共同利用共同研究拠点事業プロジェクト, 代表, 「『全国消費実態調査』による日本の所得不平等の研究」.
2013年度~2013年度, 平成25年度一橋大学経済研究所共同利用共同研究拠点事業プロジェクト, 分担, 「日本における家計行動の実証分析:消費行動、就業行動」.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」