九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 社会活動
猪石 篤(いのいし あつし) データ更新日:2019.10.16



主な研究テーマ
全固体リチウムイオン電池
キーワード:NASICON
2014.10.
フッ化物イオン伝導型電池
キーワード:Electrode material
2015.10.
従事しているプロジェクト研究
NEDO革新型蓄電池実用化促進基盤技術開発 ナノ界面制御電池(ハロゲン化物)
2018.09~2021.03, 代表者:猪石篤.
拠点形成型元素戦略プロジェクト「実験と理論計算科学のインタープレイによる触媒・電池の元素戦略研究拠点」
2012.07~2021.07, 代表者:田中 庸裕.
NEDO革新型蓄電池実用化促進基盤技術開発、ナノ界面制御電池(コンバージョン)
2009.07~2021.03, 代表者:岡田重人.
研究業績
主要原著論文
1. A. Nishio, A. Inoishi, A. Kitajou, S. Okada, Effect of Li 3 BO 3 addition to NASICON-type single-phase all-solid-state
lithium battery based on Li 1.5 Cr 0.5 Ti 1.5 (PO 4 ) 3, Journal of the Ceramic Society of Japan, 10.2109/jcersj2.18150, 127, 18-21, 2018.12.
2. A. Inoishi, A. Nishio, A. kitajou, S. Okada, Single‐phase All‐solid‐state Silver Battery using Ag1.5Cr0.5Ti1.5(PO4)3 as Anode, Cathode, and Electrolyte , Chemistryselect, 3, 9965-9968, 2018.09.
3. Atsushi Inoishi, Akira Nishio, Yuto Yoshioka, Ayuko Kitajou, Shigeto Okada, Single-Phase All-Solid-State Lithium Battery Based on Li1.5Cr0.5Ti1.5(PO4)3 for High Rate Capability and Low Temperature Operation, Chemical Communications, 10.1039/C8CC00734A, in press, 2018.03.
4. A. Inoishi, T. Omuta, Y. Yoshioka, E. Kobayashi, A. Kitajou, S. Okada, Single-Phase All-Solid-State Lithium-Ion Battery Using Li3V2(PO4)3 as the Cathode, Anode, and Electrolyte, Chemistry SELECT, 2, 7925-7929, 2017.09.
5. A. Inoishi, Y. Yoshioka, L. ZHAO, A. Kitajou, S. Okada, Improvement in the energy density of Na₃V₂(PO₄)₃ by Mg substitution, ChemElectroChem, 10.1002/celc.201700540R1, 2017.08.
6. A. Inoishi, T. Omuta, E. Kobayashi, A. Kitajou, S. Okada, A Single-Phase, All-Solid-State Sodium Battery Using Na3−xV2−xZrx(PO4)3 as the Cathode, Anode, and Electrolyte, Advanced Materials Interfaces, 10.1002/admi.201600942, 4, 1600942-1600946, 2017.03.
7. A. Inoishi, J. Hyodo, H. Kim, T. Sakai, S. Ida, T. Ishihara, Low temperature operation of the solid-oxide Fe-air rechargeable battery using La0.9Sr0.1Ga0.8Mg0.2O3 oxide ion conductor, Journal of Materials Chemistry A, 3, 8260-8264, 2015.03.
8. A. Inoishi, H. Kim, T. Sakai, Y. W. Ju, S. Ida, T. Ishihara, Discharge performance of Solid State Oxygen Shuttle Metal-Air Battery Using
Ca Stabilized ZrO2 Electrolyte, ChemSusChem, 8, 1264-1269, 2015.01.
9. A. Inoishi, Matsuka Maki, T. Sakai, Y. W. Ju, S. Ida, T. Ishihara, Lithium–Air Oxygen Shuttle Battery with a ZrO2-Based Ion-Conducting Oxide Electrolyte, ChemPlusChem, 10.1002/cplu.201402041, in press, 2014.06.
10. A. Inoishi, T. Sakai, Y. W. Ju, S. Ida, T. Ishihara, Effect of Ni/Fe ratio on the performance and stability of the Fe-air rechargeable battery using a La0.9Sr0.1Ga0.8Mg0.2O3 electrolyte, International Journal of Hydrogen Energy, in press, 2014.07.
11. A. Inoishi, T. Sakai, Y. W. Ju, S. Ida, T. Ishihara, Improved Cycle Stability of Fe-Air Solid State Oxide Rechargeable Battery Using LaGaO3-Based Oxide Ion Conductor, Journal of Power Sources, 262, 310-315, 2014.04.
12. A. Inoishi, T. Sakai, Y. W. Ju, S. Ida, T. Ishihara, A Rechargeable Si-air Solid State Oxygen Shuttle Battery Incorporating an Oxide Ion Conductor , Journal of Materials Chemistry A, 1, 15212-15215, 2013.10.
13. A. Inoishi, Y. W. Ju, S. Ida, T. Ishihara, Mg–air oxygen shuttle batteries using a
ZrO2-based oxide ion-conducting electrolyte, Chemical Communications, DOI: 10.1039/c3cc40880a, 49, 4961-4963, 2013.04.
14. A. Inoishi, Y. Okamoto, Y. W. Ju, S. Ida, T, Ishihara, Oxidation Rate of Fe and Electrochemical Performance of Fe-air Rechargeable Battery using LaGaO3 based Oxide Ion Conductor, RSC advances, 10.1039/c3ra23337e, 3, 8820-8825, 2013.03.
15. A. Inoishi, S. Uratani, T. Okano, S. Ida, T. Ishihara, Ni–Fe–Ce(Mn,Fe)O2 cermet anode for rechargeable Fe–
Air battery using LaGaO3 oxide ion conductor as
electrolyte, RSC advances, 10.1039/c2ra23370c, 3, 3024-3030, 2012.12.
16. A. Inoishi, Y. W. Ju, S. Ida, T. Ishihara, Fe-air rechargeable battery using oxide ion conducting electrolyte of Y2O3 stabilized ZrO2, Journal of Power Sources, 229, 12-15, 2012.12.
17. A. Inoishi, S. Uratani, T. Okano, S. Ida, T. Ishihara, High capacity of an Fe–air rechargeable battery using LaGaO3-based
oxide ion conductor as an electrolyte, Physical Chemistry Chemical Physics, 10.1039/c2cp42166f, 14, 12819-12822, 2012.07.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 猪石篤、岡田重人, NASICON型酸化物を用いた単相型全固体電池, 全固体リチウム電池の開発動向と応用展望、シーエムシー出版, 2019.06.
2. 猪石篤, 次世代電池としての全固体リチウムイオン電池, 化学と教育, 2018.11.
3. 猪石篤、岡田重人, 単一物質からなる酸化物系全固体電池, 全固体電池の基礎理論と開発最前線、シーエムシー・リサーチ、pp.162-173, 2018.07.
4. 藤岡正弥、出村郷志、猪石篤, インターカレーションおよびイオン交換の新展開, セラミックス、日本セラミックス協会、Vol.53、pp.378-381, 2018.06.
5. 猪石 篤, 岡田 重人, セラミックス一種類からなる全固体Liイオン電池, セラミックス、日本セラミックス協会, 2017.07.
6. 猪石 篤, 岡田 重人, 単相型リン酸塩系全固体Naイオン電池, 車載テクノロジー、技術情報協会, 2017.06.
主要学会発表等
1. 猪石 篤, 岡田 重人, NASICON単相型全固体電池の開発, 第101回新電池構想部会, 2017.10.
2. 猪石 篤, 吉岡勇登, 大牟田拓也, 小林栄次, 喜多條 鮎子, 岡田 重人, Li1.5Cr0.5Ti1.5(PO4)3単相型全固体リチウムイオン電池の低温動作特性, 電気化学会第84回大会, 2017.03.
3. 猪石 篤, 吉岡勇登, 大牟田拓也, 小林 栄次, 喜多條 鮎子, 岡田 重人, 単相型酸化物系全固体Liイオン電池の高速充放電特性, 第42回固体イオニクス討論会, 2016.12.
4. 猪石 篤, 小林 栄次, 喜多條 鮎子, 岡田 重人, All-Solid-State Sodium-Ion Battery with Nasicon, PRiME2016, 2016.10.
5. 猪石 篤, 大牟田拓也, 小林栄次, 喜多條 鮎子, 岡田 重人, Na3V2(PO4)3への異元素添加による電気伝導度向上と単相型全固体電池特性への影響 , 電気化学会第83回大会, 2016.03.
6. 猪石 篤, 大牟田拓也, 小林栄次, 喜多條鮎子, 岡田 重人, ナシコン単層全固体リチウムイオン電池及びナトリウムイオン電池の電気化学特性, 第41回固体イオニクス討論会.
学会活動
所属学会名
電池技術委員会
電気化学会
学協会役員等への就任
2019.02~2021.02, 電池技術委員会, 事務局長.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2019.11.13~2019.11.15, 第60回電池討論会, 実行委員.
2018.11.27~2018.11.29, 第59回電池討論会, 座長.
2018.03.09~2018.03.11, 電気化学会第85回大会, 座長.
2017.11.14~2017.11.16, 第58回電池討論会, 座長(Chairmanship).
2016.03.29~2016.03.31, 電気化学会第83回大会, 座長(Chairmanship).
2015.11.11~2015.11.13, 第56回電池討論会, 座長(Chairmanship).
2017.11.14~2017.11.16, 第58回電池討論会, 実行委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2019年度      
2018年度 10        10 
2017年度      
2016年度 13        13 
2015年度      
2014年度      
受賞
第8回新化学技術研究奨励賞, 新化学技術推進協会, 2019.06.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2019年度~2020年度, 若手研究, 代表, 固体電池で発現するポリアニオン系正極材料の高電位レドックスに関する研究.
2015年度~2016年度, 若手研究(B), 代表, 全固体Na―空気電池の開発.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2018年度~2020年度, NEDO革新型蓄電池実用化促進基盤技術開発, 代表, フッ化物イオン伝導型全固体電池用電極材料の開発.
共同研究、受託研究(競争的資金を除く)の受入状況
2018.04~2021.03, 代表, 固体電池の研究開発.
寄附金の受入状況
2019年度, 新化学技術推進協会, 第8回新化学技術研究奨励賞 全固体電池を用いた高電位正極材料の開発.
2017年度, スズキ財団
平成28年度科学技術研究助成
Naイオン電池用Na3V2(PO4)3系正極のドーパント制御によるV4+/V5+レドックス発現の機構解明と高エネルギー密度化.
2016年度, 住友財団 界面抵抗フリーを目指した電極電解質一体型全固体リチウムイオン電池の創製.
2016年度, 村田学術振興財団 平成28年度研究助成
高速充放電を目指したNa3V2(PO4)3ベース単相型全固体ナトリウムイオン電池の開発.
学内資金・基金等への採択状況
2018年度~2018年度, QRプログラム, 代表, 全固体電池を利用した革新的熱電変換デバイスの創製.
2016年度~2016年度, エネルギー研究教育機構 若手研究者支援プログラム, 代表, 電極電解質一体型全固体電池のためのNASICON型高Liイオン伝導性材料の創製.
2013年度~2013年度, 平成25年度 工学研究院若手研究者育成研究助成, 代表, 低温作動型リバーシブル固体酸化物型燃料電池のための高活性空気極の開発.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」