九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動 病院臨床活動
岡本 勇(おかもと いさむ) データ更新日:2018.08.08

講師 /  九州大学病院 呼吸器科 医学研究院附属胸部疾患研究施設


大学院(学府)担当



ホームページ
http://www.kokyu.med.kyushu-u.ac.jp/
九州大学病院呼吸器科ホームページ .
電話番号
092-642-5378
就職実績-他大学
就職実績有, 平成 4年 (1992) 6月 1日 熊本大学医学部附属病院 研修医(第一内科)
平成 14年 (2002) 4月 1日 熊本大学医学部附属病院 医員 (呼吸器内科)
平成 16年 (2004) 11月30日 同上辞職
平成 16年 (2004) 12月 1日 近畿大学医学部 助手 (内科学腫瘍内科部門)
平成 17年 (2005) 4月 1日 近畿大学医学部 講師へ昇格 (内科学腫瘍内科部門)
平成 19年 (2007) 11月 1日 近畿大学医学部 准教授へ昇格 (内科学腫瘍内科部門)
就職実績-民間機関等
就職実績有, 平成 5年 (1993) 6月 1日 熊本労災病院  研修医(内科)
平成 5年 (1993) 10月 1日 熊本済生会病院 研修医 (循環器内科)
平成 6年 (1994) 4月 1日 熊本中央病院 レジデント(呼吸器科)
取得学位
医学博士
学位取得区分(国外)
なし
専門分野
呼吸器病学、胸部腫瘍学、臨床腫瘍学
外国での教育研究期間(通算)
00ヶ年00ヶ月
活動概要
1. 肺癌に対する新治療開発
JCOG(日本臨床腫瘍研究グループ)、WJOG(NPO法人西日本がん研究機構)の主要メンバーとして多施設共同試験による新規薬物療法開発を主導
2. 肺癌におけるトランスレーショナル研究
1) EGFR遺伝子変異による細胞増殖シグナル活性化機構の解析
2) チロシンキナーゼ阻害剤によるアポトーシス誘導に関わる分子機構の同定
3) EGFRチロシンキナーゼ阻害剤への獲得耐性の分子メカニズムに基づいた耐性克服
4) 非小細胞肺癌における新規癌原遺伝子EML4-ALKによる細胞内増殖シグナルの解析
5) MassARRAY、次世代シークエンス、デジタルPCRなどの最新技術を用いた網羅的遺伝子解析技術開発と体外診断薬としての応用開発
3. アカデミア発のシーズの臨床導入への支援
癌幹細胞を標的とした進行非扁平上皮非小細胞肺癌におけるシスプラチン+ペメトレキセド+スルファサラジン併用療法の第I相試験(医師主導治験)

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」