九州大学 研究者情報
発表一覧
山田 琢磨(やまだ たくま) データ更新日:2019.06.21

准教授 /  基幹教育院 自然科学実験系部門


学会発表等
1. 山田 琢磨, 稲垣 滋, 佐々木 真, 永島 芳彦, 山﨑 広太郎, 糟谷 直宏, 小菅 佑輔, 藤澤 彰英, 伊藤 公孝, 伊藤 早苗, 直線プラズマにおける非線形結合とストリーマー, 日本物理学会 2019年秋季大会, 2019.09, ストリーマーは、その搬送波と媒介波の非線形結合によって生成される。本研究では直線プラズマにおいて、ドリフト波乱流内のモード間非線形結合がどのようにしてストリーマーの包絡線構造の形を決めるのかを解析した。.
2. Takuma Yamada, Shigeru Inagaki, Makoto Sasaki, Yoshihiko Nagashima, F. Kin, Hiroyuki Arakawa, Tatsuya Kobayashi, Kotaro Yamasaki, Naohiro Kasuya, Yusuke Kosuga, Akihide Fujisawa, Kimitaka Itoh, Sanae-I. Itoh, Three Dimensional Structure of Streamer in Drift Wave Fluctuations, 2nd Asia-Pacific Conference on Plasma Physics, 2018.11, Mesoscale structures such as zonal flows and streamers play important roles in transport. The streamer can have a three-dimensional (3D) structure, by which the turbulence driven transport can be enhanced. Using the linear magnetized plasma device, the streamer structure and its mediator mode were found experimentally. The cross-sectional structures of the streamer, its mediator mode, and carrier waves were observed in detail, and it was found that they are highly comparable to those of theoretical and numerical works. Here we report the 3D structures of the streamer and its carrier waves and mediator, which are observed in a linear plasma device for the first time. Not only the cross-sectional structure but also the axial structure was observed. While the carrier drift waves, which form the streamer structure by nonlinear interaction, has an axial mode number of 1, the streamer and mediator had an axial mode number of 0. The relationship of these axial mode numbers is explained by the matching condition of the nonlinear interaction between the carrier waves and the mediator..
3. 山田 琢磨, 稲垣 滋, 佐々木 真, 永島 芳彦, 金 史良, 挾間田 一誠, 荒川 弘之, 小林 達哉, 山﨑 広太郎, 糟谷 直宏, 小菅 佑輔, 藤澤 彰英, 伊藤 公孝, 伊藤 早苗, PANTAにおける乱流の三次元構造, 日本物理学会 2018年秋季大会, 2018.09, 直線プラズマ装置PANTAにおいて、メゾスケール構造であるストリーマーの主要な搬送波だけでなく、高次モードの搬送波の三次元構造を解明し、媒介波と位相関係を保持する様子を観測した。.
4. 山田 琢磨, 稲垣 滋, 佐々木 真, 永島 芳彦, 金 史良, 挾間田 一誠, 荒川 弘之, 小林 達哉, 山﨑 広太郎, 糟谷 直宏, 小菅 佑輔, 藤澤 彰英, 伊藤 公孝, 伊藤 早苗, PANTAにおけるストリーマーと媒介波の三次元構造, 日本物理学会 第73回年次大会, 2018.03, 直線プラズマ装置PANTAにおいて、周方向、径方向、軸方向の多チャンネル静電プローブを駆使して、メゾスケール構造であるストリーマーおよびその媒介波の三次元構造を解明した。.
5. 山田 琢磨, 稲垣 滋, 金 史良, 山﨑 広太郎, 荒川 弘之, 永島 芳彦, 小林 達哉, 神崎 智継, 糟谷 直宏, 佐々木 真, 小菅 佑輔, 藤澤 彰英, 伊藤 公孝, 伊藤 早苗, PANTAにおけるストリーマーと媒介波の構造形成, 日本物理学会 2016年秋季大会, 2016.09, 直線プラズマ装置PANTAにおいて、メゾスケール構造であるストリーマーとその媒介波の空間構造を多チャンネルプローブにより観測した。磁場/圧力の変化やエンドプレートバイアスによるストリーマー・媒介波の構造変化を明らかにした。例として、エンドプレートバイアスにより、媒介波の径方向の節位置は中心方向に移動していった。.
6. 山田 琢磨, 稲垣 滋, 金 史良, 荒川 弘之, 永島 芳彦, 小林 達哉, 神崎 智継, 糟谷 直宏, 佐々木 真, 小菅 佑輔, 藤澤 彰英, 伊藤 公孝, 伊藤 早苗, 直線プラズマにおけるストリーマーの三次元構造, 第11回核融合エネルギー連合講演会, 2016.07.
7. 山田 琢磨, 稲垣 滋, 金 史良, 荒川 弘之, 永島 芳彦, 小林 達哉, 三輪 祐大, 神崎 智継, 糟谷 直宏, 佐々木 真, 小菅 佑輔, 藤澤 彰英, 伊藤 公孝, 伊藤 早苗, 直線プラズマ装置PANTAにおけるストリーマーと媒介波の構造, 日本物理学会 第71回年次大会, 2016.03, 直線プラズマ装置PANTAにおいて、エンドプレートにバイアスをかけることで起きるストリーマー構造の変化を観測した。バイアス電圧が高くなるとストリーマー構造が緩和し、ストリーマーの媒介波の径方向の節位置が中心に移動していった。その他にも周方向、径方向、軸方向プローブを駆使してストリーマー・媒介波の構造を解明する。.
8. 山田 琢磨, 稲垣 滋, 金 史良, 荒川 弘之, 永島 芳彦, 甲野 輝, 溝上 高明, 中西 康介, 糟谷 直宏, 佐々木 真, LESUR MAXIME, 小菅 佑輔, 藤澤 彰英, 伊藤 公孝, 伊藤 早苗, PANTAにおけるエンドプレートバイアス時の構造形成の変化, 日本物理学会 第70回年次大会, 2015.03, 直線磁化プラズマ実験装置PANTAにおいて、エンドプレートにバイアスをかけることで乱流を制御する実験を行った。メゾスケール構造であるストリーマーが発生している状態でバイアスをかけると孤立波に構造が変化し、孤立波にバイアスをかけると単一波に変化した。プラズマ断面での非線形結合状態の変化を探ることで、構造形成変化のメカニズムを明らかにする。.
9. Takuma Yamada, Inagaki Shigeru, Tatsuya Kobayashi, Yoshihiko Nagashima, Yudai Miwa, Kousuke Nakanishi, Makoto Sasaki, Naohiro Kasuya, Maxime Lesur, Yusuke Kosuga, Akihide Fujisawa, SANAE INOUE(論文のみ) ITOH, Kimitaka Itoh, Streamer and Nonlinear Coupling with Turbulence, 4th Asia Pacific Transport Working Group International Conference, 2014.06.
10. 山田 琢磨, 稲垣 滋, 小林 達哉, 永島 芳彦, 満薗 友宏, 三輪 祐大, 中西 康介, 佐々木 真, 糟谷 直宏, LESUR MAXIME, 小菅 佑輔, 藤澤 彰英, 伊藤 早苗, 伊藤 公孝, PANTAにおけるエンドプレートバイアス実験, 日本物理学会 第69回年次大会, 2014.03, 直線磁化プラズマ実験装置PANTAにおいて、プラズマの直径に比べておよそ半分の直径の領域のエンドプレートにバイアスをかける実験を行った。バイアス中、ドリフト波乱流が抑制され、径方向輸送に大きな影響を与えるストリーマー構造が崩され、また孤立波の場合は単一波に変化した。エンドプレート付近の径電場の変化を探ることで、乱流抑制のメカニズムを究明する。.
11. 山田 琢磨, 直線磁化プラズマにおけるストリーマー構造の解析, 九州大学応用力学研究所共同研究 "プラズマ乱流実験の大容量データからの物理情報抽出新手法の開発"の研究集会, 2014.03.
12. 山田 琢磨, 稲垣 滋, 小林 達哉, 永島 芳彦, 満薗 友宏, 三輪 祐大, 藤野 博充, 佐々木 真, 糟谷 直宏, LESUR MAXIME, 小菅 佑輔, 藤澤 彰英, 伊藤 早苗, 伊藤 公孝, 揺動の2次元断面構造の推定法, プラズマ・核融合学会 第30回年会, 2013.12.
13. Takuma Yamada, Inagaki Shigeru, Tatsuya Kobayashi, Yoshihiko Nagashima, Tomohiro Mitsuzono, Yudai Miwa, Kousuke Nakanishi, Hiromitsu Fujino, Makoto Sasaki, Naohiro Kasuya, Maxime Lesur, Yusuke Kosuga, Akihide Fujisawa, SANAE INOUE(論文のみ) ITOH, Kimitaka Itoh, Formation of streamer structures in linear magnetized plasmas, 14th International Workshop on H-mode Physics and Transport Barriers, 2013.10.
14. 山田 琢磨, 稲垣 滋, 小林 達哉, 永島 芳彦, 佐々木 真, 糟谷 直宏, 藤澤 彰英, 伊藤 早苗, 伊藤 公孝, メゾスケール揺動の非線形機構, 日本物理学会 2013年秋季大会, 2013.09.
15. 山田 琢磨, 稲垣 滋, 小林 達哉, 永島 芳彦, 満薗 友宏, 三輪 祐大, 中西 康介, 藤野 博充, 佐々木 真, 糟谷 直宏, LESUR MAXIME, 小菅 佑輔, 藤澤 彰英, 伊藤 早苗, 伊藤 公孝, PANTAにおけるストリーマー構造の形成条件, 日本物理学会 2013年秋季大会, 2013.09, 直線乱流プラズマ実験装置PANTAにおいて、輸送に大きな影響を及ぼすメゾスケール構造の一種であるストリーマーの形成条件を探る。ストリーマーは直線磁場と封入ガス圧が適切である狭い条件領域でしか発生しない。さらに形成条件の境界付近での挙動と乱流数値シミュレーションとの比較により、ストリーマー構造形成の解明を目指す。.
16. 山田 琢磨, プラズマ乱流の非線形過程解析の最前線, 日本学術会議シンポジウム「物性物理学・一般物理学の未来を語る」, 2013.01.
17. Takuma Yamada, Streamer structures in experiment and modeling, 22nd International Toki Conference on Cross-Validation of Experiment and Modeling for Fusion and Astrophysical Plasmas, 2012.11.
18. Takuma Yamada, Localized electron heating in merging spherical tokamaks, 39th European Physical Society Conference on Plasma Physics / 16th International Congress on Plasma Physics, 2012.07.
19. 山田 琢磨, 直線磁化プラズマにおけるドリフト波・ストリーマー系の実験研究, Plasma Conference 2011, 2011.11.
20. Takuma Yamada, Merging startup experiments in UTST and MAST, Joint Meeting of the 5th IAEA Technical Meeting on Spherical Tori and the 16th International Workshop on Spherical Torus, 2011.09.
21. Takuma Yamada, Experimental investigation of streamers, Workshop on Electric Fields, Turbulence and Self-Organisation in Magnetized Plasmas 2011, 2011.07.
22. Takuma Yamada, Observation of a streamer in drift wave turbulence, 1st Asia Pacific Transport Working Group International Conference, 2011.06.
23. Takuma Yamada, Magnetic reconnections studies on MAST, US-Japan Workshop on Magnetic Reconnection 2010, 2010.12.
24. Takuma Yamada, Double null merging start-up Experiments on UTST, 52nd Annual Meeting of the APS Division of Plasma Physics, 2010.11.
25. Takuma Yamada, Double Null Merging Start-up Experiments in the Univerity of Tokyo Spherical Tokamak, 23rd IAEA Fusion Energy Conference, 2010.10.
26. Takuma Yamada, Merging start-up and sustainment experiments on the UTST spherical tokamak, 19th International Toki Conference on Advanced Physics in Plasma and Fusion Research, 2009.12.
27. Takuma Yamada, Nonlinear mode couplings in a cylindrical magnetized plasma, 19th International Toki Conference on Advanced Physics in Plasma and Fusion Research, 2009.12.
28. 山田 琢磨, Experimental Study of Drift Wave Turbulence on Linear Plasmas, プラズマ・核融合学会 第26回年会, 2009.12.
29. Takuma Yamada, Spherical tokamak start-up and sustainment experiments on UTST, 51st Annual Meeting of the APS Division of Plasma Physics, 2009.11.
30. Takuma Yamada, Merging Start-up and Sustainment Experiments on UTST, International Spherical Torus Workshop 2009, 2009.10.
31. Takuma Yamada, Initial Results from the UTST Spherical Tokamak Experiment, Joint Meeting of the 4th IAEA Technical Meeting on Spherical Tori and the 14th International Workshop on Spherical Torus, 2008.10.
32. Takuma Yamada, Measurement of Drift Wave Turbulence in the Large Mirror Device-Upgrade, International Congress on Plasma Physics 2008, 2008.09.
33. Takuma Yamada, Nonlinear mode couplings in linear plasmas, US-Japan Workshop on Magnetic Reconnection 2008, 2008.03.
34. 山田 琢磨, 直線プラズマにおけるドリフト波乱流実験, プラズマ・核融合学会 第24回年会, 2007.11.
35. Takuma Yamada, Nonlinear coupling between drift waves and streamers in LMD-U, 49th Annual Meeting of the APS Division of Plasma Physics, 2007.11.
36. Takuma Yamada, Spatiotemporal behavior of drift waves in LMD-U, 17th International Toki Conference on Physics of Flows and Turbulence in Plasmas and 16th International Stellarator/Heliotron Workshop 2007, 2007.10.
37. Takuma Yamada, Reflectometry for Density Fluctuation and Profile Measurements in TST-2, 16th International Toki Conference on Advanced Imaging and Plasma Diagnostics, 2006.12.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」