九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
長坂 明臣(ながさか あきおみ) データ更新日:2018.09.26

助教 /  薬学研究院 臨床薬学部門 薬効安全性学分野


主な研究テーマ
腫瘍関連マクロファージにおけるプロトン感知性受容体の生理的役割解析
キーワード:プロトン感知性受容体、マクロファージ
2017.04~2019.03.
心筋梗塞におけるプロトン感知性受容体の生理的役割の解析
キーワード:pH感知性受容体、心筋梗塞
2013.05~2017.03.
従事しているプロジェクト研究
腫瘍関連マクロファージにおけるプロトン感知性受容体の生理的役割解析
2017.04~2018.03, 代表者:長坂明臣, 九州大学.
心筋梗塞におけるプロトン感知性受容体「GPR4」の生理的役割の解析
2014.04~2015.03, 代表者:長坂 明臣, 九州大学.
心筋梗塞後の線維化における筋線維芽細胞と各種細胞の役割および相互作用の解明
2017.04~2021.03, 代表者:黒瀬 等, 九州大学, 九州大学.
心臓線維化に関わる細胞群の機能分担と細胞環境の役割解析
2013.04~2017.03, 代表者:黒瀬等, 九州大学.
研究業績
主要原著論文
1. NAGASAKA, A., Mogi, C., Ono, H., Nishi, T., Horii, Y., Ohba, Y., Nakaya, M., Okajima, F., Kurose, H., The proton-sensing G protein-coupled receptor T-cell death-associated gene 8 (TDAG8) shows cardioprotective effects against myocardial infarction, Scientific Reports, 10.1038/s41598-017-07573-2, 2017.08.
2. AKIOMI NAGASAKA, KAWANE KOHKI, YOSHIDA HIROKI, SHIGEKAZU NAGATA, Apaf-1-independent programmed cell death in mouse development, Cell Death Differ., 10.1038/cdd.2009.186, 17, 931-941, 2010.06.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 長坂明臣、黒瀬等, マクロファージにおけるpH低下の生理的意義, メディカル・サイエンス・ダイジェスト, 2018.06.
2. AKIOMI NAGASAKA, Yuki Ohba, Hitoshi Kurose, Nakaya Michio, Novel functions of GRK6 in macrophages by phosphorylating the non-GPCRs substrates, Macrophage, 2015.05, G protein-coupled receptor kinases (GRKs) were originally identified as molecules that phosphorylate G protein-coupled receptors (GPCRs) and play central roles in G protein-dependent physiological signalling. In addition, recent studies indicated that GRK.
主要学会発表等
1. 長坂 明臣, 小野達貴, 仲矢 道雄, 黒瀬 等, プロトン感知性受容体(TDAG8)に着目した心筋梗塞時におけるpH低下の生理的影響の解析, 次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム2017, 2017.08.
2. 長坂 明臣, 小野 達貴, 仲矢 道雄, 黒瀬 等, 心筋梗塞時におけるプロトン感知性受容体TDAG8の役割解析, 第90回 日本薬理学会年会, 2017.03.
3. 長坂 明臣, 川根 公樹, 長田 重一, DNase II欠損マウスを用いたマウスの発生段階におけるアポトーシス細胞の検出, 日本分子生物学会, 2008.12.
学会活動
所属学会名
日本薬理学会
日本薬学会
日本分子生物学会
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2017.03.15~2017.03.17, 第90回 日本薬理学会, 学会補助.
2013.08.29~2013.08.30, 生体機能と創薬シンポジウム, 事務局.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2017年度      
受賞
年会優秀発表賞, 日本薬理学会, 2017.03.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2014年度~2015年度, 若手研究(B), 代表, 心筋梗塞におけるプロトン感知性受容体「GPR4」の生理的役割の解析.
2014年度~2016年度, 基盤研究(A), 分担, 心臓線維化に関わる細胞群の機能分担と細胞環境の役割解析.
2017年度~2018年度, 若手研究(B), 代表, 腫瘍関連マクロファージにおけるプロトン感知性受容体の生理的役割解析.
2017年度~2021年度, 基盤研究(A), 分担, 心筋梗塞後の線維化における筋線維芽細胞と各種細胞の役割および相互作用の解明.
学内資金・基金等への採択状況
2016年度~2016年度, QRプログラム 「わかばチャレンジ」 , 代表, 心筋梗塞時におけるプロトン感知性受容体(TDAG8)役割解明.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」