九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動
進藤 直哉(しんどう なおや) データ更新日:2019.06.28

助教 /  薬学研究院 臨床薬学部門 臨床薬学講座


主な研究テーマ
標的選択的コバレントドラッグに応用可能な新規反応基の開発
キーワード:コバレントドラッグ, 創薬化学, TCI
2013.06~2018.06.
研究業績
主要原著論文
1. Naoya Shindo, Hirokazu Fuchida, Mami Sato, Kosuke Watari, Tomohiro Shibata, Keiko Kuwata, Chizuru Miura, Kei Okamoto, Yuji Hatsuyama, Keisuke Tokunaga, Seiichi Sakamoto, Satoshi Morimoto, Yoshito Abe, Mitsunori Shiroishi, Jose M. M. Caaveiro, Tadashi Ueda, Tomonori Tamura, Naoya Matsunaga, Takaharu Nakao, Satoru Koyanagi, Shigehiro Ohdo, Yasuchika Yamaguchi, Itaru Hamachi, Mayumi Ono, Akio Ojida, Selective and reversible modification of kinase cysteines with chlorofluoroacetamides, Nature Chemical Biology, https://doi.org/10.1038/s41589-018-0204-3, 15, 3, 250-258, 2019.01, [URL].
2. Hirokazu Fuchida, Shigekazu Tabata, Naoya Shindo, Ippei Takashima, Qiao Leng, Yuji Hatsuyama, Itaru Hamachi, Akio Ojida, Design of Coordination Interaction of Zn(II) Complex with Oligo-Aspartate Peptide to Afford a High-Affinity Tag-Probe Pair, Bulletin of the Chemical Society of Japan, 10.1246/bcsj.20150037, 88, 784-791, 2015, 88, 784, 2015.03.
3. Ikuko Takahira, Hirakazu Fuchida, Shigekazu Tabata, Naoya Shindo, Shohei Uchinomiya, Itaru Hamachi, Akio Ojida, Design of a binuclear Ni(II)-iminodiacetic acid (IDA) complex for selective recognition and covalent labeling of His-tag fused proteins, Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters, 10.1016/j.bmcl.2014.04.096, 24, 2855-2858, 2014, 24, 2855, 2014.03.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
1. 進藤直哉, コバレント阻害剤の標的選択性向上を指向した新規反応基の探索とキナーゼ阻害剤への応用, 日本薬学会第139年会, 2019.03.
2. 進藤直哉, 狙ったタンパク質と選択的に共有結合を作るコバレントドラッグの有機化学, 第6回BRIGHTシンポジウム, 2019.07.
3. Naoya Shindo, Selective and Reversible Covalent Modification of Non-Catalytic Cysteines with Weakly Reactive α-Chlorofluoroacetamides, KU-NTU Joint International Symposium on Pharmaceutical Sciences, 2018.03.
4. 進藤直哉、渕田大和、初山勇次、渡 公佑、小野真弓、王子田彰夫, コバレント阻害剤の標的特異性向上を目指した新規反応基の探索とEGFR阻害剤への応用, 第35回メディシナルケミストリーシンポジウム, 2017.10.
特許出願・取得
特許出願件数  0件
特許登録件数  2件
学会活動
所属学会名
有機合成化学協会
日本化学会
日本薬学会 医薬化学部会
日本薬学会
受賞
平成28年度日本薬学会メディシナルケミストリーシンポジウム優秀賞, 日本薬学会医薬化学部会, 2018.12.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」