九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動 病院臨床活動
池ノ内 順一(いけのうち じゅんいち) データ更新日:2019.06.12

教授 /  理学研究院 生物科学部門 情報生物学


主な研究テーマ
上皮細胞の細胞接着や細胞極性形成の分子メカニズムの解明
細胞膜と細胞骨格の相互作用の解明

キーワード:上皮細胞、タイトジャンクション、微絨毛、細胞極性、生体膜、細胞骨格
2002.04~2023.09.
研究業績
主要原著論文
1. Shiomi R, Shigetomi K, Inai T, Sakai M, Junichi Ikenouchi, CaMKII regulates the strength of the epithelial barrier, SCIENTIFIC REPORTS, 10.1038/srep13262, 5, 2015.08.
2. 池ノ内 順一, 平田 愛美, 米村 重信, 梅田 真郷, Sphingomyelin clustering is essential for the formation of microvilli., Journal of Cell Science, 10.1242/jcs.122325., 126, 16, 3585-3592, 2013.08, Cellular architectures require regulated mechanisms to correctly localize the appropriate plasma membrane lipids and proteins. Microvilli are dynamic filamentous-actin-based protrusions of the plasma membrane that are found in the apical membrane of epithelial cells. However, it remains poorly understood how their formation is regulated. In the present study, we found that sphingomyelin clustering underlies the formation of microvilli. Clustering of sphingomyelin is required for the co-clustering of the sialomucin membrane protein podocalyxin-1 at microvilli. Podocalyxin-1 recruits ezrin/radixin/moesin (ERM)-binding phosphoprotein-50 (EBP50; also known as NHERF1), which recruits ERM proteins and phosphatidylinositol 4-phosphate 5-kinase β (PIP5Kβ). Thus, clustering of PIP5Kβ leads to local accumulation of phosphatidylinositol (4,5)-bisphosphate [PtdIns(4,5)P2], which enhances the accumulation of ERM family proteins and induces the formation of microvilli. The present study revealed novel interactions between sphingomyelin and the cytoskeletal proteins from which microvilli are formed, and it clarified the physiological importance of the chemical properties of sphingomyelin that facilitate cluster formation. .
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
1. 池ノ内順一, Reciprocal Regulation of AJ and TJ During the Assembly of Apical Adhesion Complex, Gordon Research Conference "Cell Contact and Adhesion" 2019, 2019.06.
2. 池ノ内 順一, 塩見 僚, 重富 健太, 上皮間葉転換における細胞膜脂質の質的変化の意義について, BMB2015(第38回日本分子生物学会年会、第88回日本生化学会大会 合同大会), 2015.12.
特許出願・取得
特許出願件数  1件
特許登録件数  0件
学会活動
所属学会名
日本分子生物学会
日本細胞生物学会
学協会役員等への就任
2018.04~2020.04, 日本脂質生化学会, 評議員.
2017.04~2019.04, 日本生化学会, 評議員.
2018.06~2020.06, 日本細胞生物学会, 理事.
2010.04~2016.03, 日本細胞生物学会, 評議員.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2015.12.03~2015.12.03, BMB2015(第38回日本分子生物学会年会、第88回日本生化学会大会 合同大会), 座長(Chairmanship).
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2018.01~2022.01, Tissue Barriers, 国際, 編集委員.
2015.06~2020.06, Scientific Reports, 国際, 編集委員.
2014.01~2016.01, The Journal of Biochemistry, 国際, 編集委員.
2013.01~2016.01, Cell Structure and Function, 国際, 編集委員.
受賞
第12回柿内三郎記念奨励研究賞, 公益社団法人日本生化学会, 2015.12.
第7回井上リサーチアウォード, 井上科学振興財団, 2014.12.
科学技術分野の文部科学大臣表彰 若手科学者賞, 文部科学省, 2014.04.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2019年度~2021年度, 基盤研究(B), 代表, 細胞膜構造の形成に関わる脂質の機能と細胞内輸送に関する研究.
2019年度~2020年度, 新学術領域研究, 代表, 数理モデルによる細胞膜ブレブの形成退縮機構の理解.
2016年度~2017年度, 新学術領域研究, 代表, 微絨毛形成における細胞膜脂質の機能解析.
2015年度~2017年度, 基盤研究(C), 代表, 細胞膜のIdentityの構成的理解 .
2014年度~2015年度, 新学術領域研究, 代表, 細胞膜脂質が上皮管腔構造形成において果たす役割の解明.
2013年度~2016年度, 若手研究(A), 代表, 微絨毛形成におけるスフィンゴミエリンの機能解明.
2012年度~2014年度, 新学術領域研究, 代表, 細胞膜脂質が上皮管腔構造形成において果たす役割の解明.
2012年度~2015年度, 挑戦的萌芽研究, 代表, 細胞の脂質量を維持する仕組みの解明.
2009年度~2013年度, 若手研究(A), 代表, 細胞膜を構成する脂質分子の同定とその新規機能の解明.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2015年度~2018年度, 革新的先端研究開発支援事業 AMED-PRIME「画期的医薬品等の創出をめざす脂質の生理活性と機能の解明」, 代表, 上皮間葉転換に伴って変動する脂質の同定とその機能解析.
2012年度~2016年度, 戦略的創造研究推進事業 (文部科学省), 代表, 人工細胞作出に向けた人工脂質二重膜と生体膜の違いの解明.
2007年度~2011年度, 戦略的創造研究推進事業 (文部科学省), 代表, 細胞の極性形成に関わる膜ドメインの形成・維持機構の解明.
寄附金の受入状況
2009年度, 内藤財団, 内藤記念科学奨励金 「上皮細胞の細胞接着と細胞の極性形成維持機構の分子基盤の解明」.
2009年度, 内藤財団, 内藤財団 特定研究助成金 「上皮細胞の細胞膜ドメインを規定する脂質の探索」.
2010年度, 日本国際財団, 日本国際財団 研究助成金 「上皮細胞の細胞接着に関わる脂質分子の機能解析」.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」