九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
大坪 稔(おおつぼ みのる) データ更新日:2019.05.11

教授 /  経済学研究院 産業・企業システム部門 経営システム


主な研究テーマ
純粋持株会社
キーワード:分社化、カンパニー制、内部資本市場、ダイベストメント
1998.04~2005.03.
企業グループ
キーワード:上場子会社、親会社、完全子会社化
2005.04~2012.12.
資本提携

キーワード:ジョイント・ベンチャー、株式持合い、第三者割当増資
2013.10.
研究業績
主要著書
1. 大坪 稔, 日本企業のリストラクチャリング ―純粋持株会社・分社化・カンパニー制と多角化―, 中央経済社, 1-265頁, 2005.04.
2. 大坪 稔, 日本企業のグループ再編 ―親会社-上場子会社間の資本関係の変化―, 中央経済社, 1-313頁, 2011.03.
主要原著論文
1. 大坪 稔, 債務の株式化:長谷工コーポレーションの成功事例, 経済学研究 (九州大学経済学会), 83, 5・6, 1-18, 2017.03.
2. Minoru Otsubo, Why do firms underwrite private placement shares of other firms? Case of Japanese firms, Pacific Basin Finance Journal, 41, 75-92, 2017.02.
3. Minoru Otsubo, Value Creation from Financing in Equity Carve-outs: Evidence from Japan, Journal of Economics and Business, 68, 52-69, 2013.07, [URL].
4. 大坪 稔, 候 博峰, 日本企業における子会社MBOと親会社のパフォーマンス, 証券経済研究, 76, 147-164, 2011.12.
5. 大坪 稔, 親会社-上場関係会社間における合併, 日本経営学会誌, 26, 3-14, 2010.10.
6. 大坪 稔, 親会社による上場関係会社株の売却に関する実証研究, 経営財務研究, 29, 1/2, 108-125, 2010.03.
7. Minoru Otsubo, Gains from Equity Carve-Outs and Subsequent Events, Journal of Business Research, 62, 1207-1213, 2009.11.
8. 大坪 稔, 親会社‐上場関係会社間における資本関係の変化に関する実証研究, 日本経営学会誌, 22, 27-40, 2008.10.
9. 大坪 稔, 三好祐輔, 日本企業の完全子会社化に関する実証研究, 日本経済研究, 42-65, 2008.07.
10. 大坪 稔, 親会社による上場子会社の富の収奪に関する実証研究, 証券経済学会年報, 42, 51-65, 2007.07.
11. 大坪 稔, 日本企業における多角化の過小評価問題に関する実証研究, 経営財務研究, 25, 1, 31-46, 2006.04.
12. 大坪 稔, 日本企業における分社化に関する実証研究, 証券経済研究, 47, 83-96, 2004.09.
13. 大坪 稔, 日本企業における純粋持株会社形態の採用動機 ―組織形態の採用に影響を与えるファクターの考察―, 証券経済研究, 40, 125-139, 2002.12.
14. 大坪 稔, 日本企業における純粋持株会社形態の採用と株式市場の評価 ―カンパニー制との比較における純粋持株会社形態の経済的機能―, 日本経営学会誌, 7, 48-58, 2001.07.
15. 大坪 稔, 持株会社計画企業の財務的特質, 九州経済学会年報, 37, 41-46, 1999.12.
16. 大坪 稔, 企業収益構造の変化と組織改革 ―スタンダード・オイル社(1882年から1927年の純粋持株会社化以前)の事例研究―, 『経済論究』(九州大学大学院), 101, 27-42, 1998.07.
主要学会発表等
1. 大坪 稔, 純粋持株会社は日本企業をどう変化させたのか?, 経営史学会, 2017.10, 5 おわりに
 本研究は、グループ内型でかつ親会社を純粋持株会社とした日本企業を分析対象とし、純粋持株会社の採用後にどのような事業再編が実施されたのか、さらにその再編がパフォーマンスの改善に寄与したのか、について実証分析を行った。グループ内型の純粋持株会社の採用により、親会社がこれまで直接行ってきた事業は子会社によって担われるようになる。そのため、純粋持株会社の採用にともなって事業再編が実施される場合、これまで親会社が直接行っていた事業が大きく変化する可能性がある。そこで、純粋持株会社の採用以前に親会社が直接行っていた事業に着目しつつ、純粋持株会社の採用前後における事業構成の変化およびそれに伴うパフォーマンスの変化について分析を行った。.
2. 大坪 稔, Why do firms underwrite private placement shares of other firms? Case of Japanese firms, The 29th Australiasian Finance & Banking Coference, 2016.12, This paper focuses on listed firms as underwriters of private placement shares in Japan, and investigates why they underwrite equity of other firms through private placements. In private placements, underwriting firms cannot necessarily enhance their shareholders’ wealth, unlike the case of issuing firms, because they must incur costs associated with financial support through underwriting. However, they can enhance wealth when they acquire the control rights of issuing firms with a plan of business alliances after private placements. This result indicates that underwriting firms underwrite other firms’ private placements to obtain a synergistic effect after acquisition of the control right..
3. 大坪 稔, Why do firms underwrite private placement shares of other firms? Case of Japanese firms, The eleventh RUC-Kyudai-NJU Joint Conference, 2016.11, This paper focuses on listed firms as underwriters of private placement shares in Japan, and investigates why they underwrite equity of other firms through private placements. In private placements, underwriting firms cannot necessarily enhance their shareholders’ wealth, unlike the case of issuing firms, because they must incur costs associated with financial support through underwriting. However, they can enhance wealth when they acquire the control rights of issuing firms with a plan of business alliances after private placements. This result indicates that underwriting firms underwrite other firms’ private placements to obtain a synergistic effect after acquisition of the control right..
4. 大坪 稔, 企業はなぜ他企業の第三者割当増資を引き受けるのか, 証券経済学会 九州部会, 2015.09.
5. 大坪 稔, 純粋持株会社は日本企業の経営をどう変化させたのか, 日本経営学会, 2015.06,  本研究の目的は、親会社を純粋持株会社とする組織再編を行った日本企業が、純粋持株会社の採用後にどのような事業再編を実施したのか、さらにその再編がパフォーマンスの改善に寄与したのか、について実証的に明らかにすることである。日本企業を対象とした純粋持株会社の先行研究は、解禁からあまり日を経ていない時期に行われたこともあり、サンプル数が少なく、「採用前」を主たる分析対象としている。これらの研究と比べ、本研究はより大規模なサンプルをもちい、純粋持株会社の採用前後を含む長期間を分析対象とすることで純粋持株会社採用前後の変化について明らかにする。その際、純粋持株会社採用の前後において事業構成に変化が生じるのであれば、それがM&Aなどによって生じているのか否かについても明らかにする。このように、長期間かつより大規模なサンプルを用いつつ、純粋持株会社の採用前後における事業構成とパフォーマンスの変化を分析している点、事業構成の変化とM&Aとの関係を分析している点、において本研究は先行研究と異なる。.
6. 大坪 稔, 純粋持株会社は日本企業の経営をどう変化させたのか?, 企業研究所ワークショップ, 2014.11, [URL],  本研究は、グループ内型でかつ親会社を純粋持株会社とした日本企業を分析対象とし、純粋持株会社の採用後にどのような事業再編が実施されたのか、さらにその再編がパフォーマンスの改善に寄与したのか、について実証分析を行った。グループ内型の純粋持株会社の採用により、親会社がこれまで直接行ってきた事業は子会社によって担われるようになる。そのため、純粋持株会社の採用にともなって事業再編が実施される場合、これまで親会社が直接行っていた事業が大きく変化する可能性がある。そこで、純粋持株会社の採用以前に親会社が直接行っていた事業に着目しつつ、純粋持株会社の採用前後における事業構成の変化およびそれに伴うパフォーマンスの変化について分析を行った。.
7. Minoru Otsubo, Market Reactions of Joint Ventures and Subsequent Changes: Evidence from Japan, SIBR-Thammasat Conference on Interdisciplinary Business & Economic Research, 2014.06, This study examines whether the benefits of joint ventures (JVs) depend on the investment methods of their parent firms and subsequent changes made to the JVs. I investigate the relationship among investment methods, subsequent changes, and stock market reactions. The empirical results show that investment methods affect wealth enhancement when JVs change but not when they are formed. This result demonstrates the benefits of pursuing a combination of JVs formed by a particular investment method and then changing the JVs..
8. 大坪 稔, ジョイント・ベンチャーの設立とその後の変化に対する株式市場の反応, 日本経営学会 九州部会, 2014.03, This study investigates the merits of joint ventures categorized by investment methods. There are several investment methods to form a joint venture by whether a firm employs financial or existing goods assets. This paper expects that the investment methods and changes of a joint venture prescribe the merit of a joint venture. Empirical results show that joint ventures formed by Japanese firms do not necessarily enhance their wealth because of coordination costs. On the other side, synergy effects occur in a joint venture which has a complementary relationship with firms involving the formation, regardless of investment methods. In addition, the wealth enhances when a firm forming a joint venture acquires all ownership of the joint venture formed through combination of financial and goods investments. These results show that investment methods affect the wealth enhancement in change of a joint venture whereas they do not affect in the formation..
9. Minoru Otsubo, Types of Joint Ventures and the Termination: Evidence from Japan , Global Business and Finance Research Conference, 2013.10, This paper focuses on the investment methods parent companies use to form joint ventures (JVs) and investigates the mutual relationship between those investment methods and JV stability. This study finds that factors such as parents' percentage ownership of JVs and their duration of ownership in JVs vary with investment method. This study also finds that how JVs terminate differs with investment method. This suggests that investment methods affect JV stability. Third, the study finds that when one parent contributes financial capital and another parent contributes assets to a JV in the same industry, the parent that contributes the financial capital is more likely to acquire the JV later. In addition, parent companies owning more than 50% of their JVs tend to acquire 100% of those JVs regardless of investment method..
10. 大坪 稔, 日本企業における子会社上場に関する実証研究, 日本経営分析学会 第28回全国大会, 2011.06.
11. 大坪 稔, 日本企業における子会社上場に関する実証研究, 証券経済学会 第72回全国大会, 2009.10.
12. 大坪 稔, 上場関係会社に対する親会社の持株比率低下に関する実証研究, 証券経済学会 九州部会, 2008.11.
13. 大坪 稔, 米国企業におけるエクイティ・カーブ・アウトとその後のセカンド・イベントに関する実証研究, 日本経営学会 第80回全国大会, 2006.09.
14. 大坪 稔, 米国企業における子会社IPOとリストラクチャリング, 日本経営学会 九州部会, 2006.02.
15. 大坪 稔, 親会社による上場子会社の富の収奪問題に関する実証研究, 証券経済学会 第64回秋季全国大会, 2005.10.
16. 大坪 稔, 日本企業における純粋持株会社採用に関する一考察, 日本経営財務研究学会 第27回全国大会, 2003.10.
17. 大坪 稔, 日本企業のDiversification Discountに関する実証研究, 証券経済学会 第59回春季全国大会, 2003.06.
18. 大坪 稔, アメリカにおける純粋持株会社の変遷 ―インフルエンス・コスト概念からとらえた持株会社―, 日本経営財務研究学会 西日本部会, 1999.09.
19. 大坪 稔, 持株会社の特質と資金配分機能 ―我が国における持株会社表明企業の財務的特質―, 九州経済学会, 1998.11.
学会活動
所属学会名
日本経営分析学会
日本ファイナンス学会
証券経済学会
日本経営学会
日本経営財務研究学会
九州経済学会
学協会役員等への就任
2017.01~2019.12, 九州経済学会, 理事.
2017.06~2019.05, 証券経済学会, 理事.
2016.10~2019.09, 日本経営財務研究学会, 評議員.
2015.06~2017.05, 証券経済学会, 幹事.
2013.06~2015.05, 証券経済学会, 幹事.
2013.10~2016.09, 日本経営財務研究学会, 評議員.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2019.07.13~2019.07.14, 日本経営分析学会 第36回全国大会, 理事会企画セッション 討論者.
2017.12.02~2017.12.03, 証券経済学会 全国大会, 統一論題 コメンテータ.
2015.10.04~2014.10.05, 日本経営財務研究学会, 座長(Chairmanship).
2014.10.04~2014.10.05, 日本経営財務研究学会, 司会(Moderator).
2006.09.30~2006.10.01, 日本経営財務研究学会, 座長(Chairmanship).
2013.06.01~2013.06.02, 日本ファイナンス学会, 座長(Chairmanship).
2015.10.03~2015.10.04, 日本経営財務研究学会第39回全国大会, 座長.
2014.10.04~2015.10.05, 日本経営財務研究学会第38回全国大会, 司会.
2006.09.30~2006.10.01, 日本経営財務研究学会 第30回全国大会, 座長.
2013.06.01~2013.06.02, 日本ファイナンス学会 第21回大会, 司会.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2019.01~2020.12, 経営財務研究, 国内, 編集委員.
2015.06~2018.06, 証券経済学会年報, 国内, 編集委員.
2015.01~2017.12, 経営財務研究, 国内, 編集委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2018年度    
2017年度      
2016年度      
2015年度      
2014年度      
2013年度
2012年度
2011年度
2010年度
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
University of California, Riverside, UnitedStatesofAmerica, 2012.02~2012.08.
受賞
証券経済学会 学会賞 優秀賞, 証券経済学会, 2012.06.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2019年度~2023年度, 基盤研究(C), 代表, 企業グループの複雑性・多様性に関する包括的実証研究.
2015年度~2018年度, 基盤研究(C), 代表, 資本提携戦略がもたらす企業グループ再編に関する実証研究.
2004年度~2006年度, 若手研究(B), 代表, 日米企業のリストラクチャリングに関する比較研究.
2007年度~2009年度, 若手研究(B), 代表, 日本企業における親会社―子会社間の資本関係の多様性に関する実証研究.
2011年度~2014年度, 基盤研究(C), 代表, 企業グループにおけるダイベスティチャー戦略の包括的実証研究.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2001年度~2001年度, 日本証券奨学財団, 代表, 純粋持株会社形態の採用と株式市場の反応に関する実証研究.
2003年度~2003年度, 学術振興野村基金, 代表, 多角化企業のDiversification Discountに関する実証研究.
2005年度~2005年度, 郵貯資金研究協会, 代表, 日本郵政公社の企業価値推定に関する実証研究.
2006年度~2006年度, 村田学術振興財団, 代表, 日米企業の親会社―子会社間の資本関係の多様性に関する実証研究.
2008年度~2010年度, 二十一世紀文化学術財団(木川田記念財団), 代表, 少数株主の保護と資本市場の発展に関する実証研究.
2009年度~2009年度, 学術振興野村基金, 代表, グループ企業間における合併の経済的効果に関する実証研究.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」