九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
山田 祐樹(やまだ ゆうき) データ更新日:2018.06.14

准教授 /  基幹教育院 人文社会科学部門 複合科学部門


主な研究テーマ
-気持ち悪さと幸福感
-心理的な時間と空間の形成
-注意と意識
キーワード:気持ち悪さ,幸福感,心理的時間,心理的空間,注意,意識
2013.04.
研究業績
主要著書
1. 宮崎真・阿部匡樹・山田祐樹ほか (編著), 日常と非日常からみる こころと脳の科学, コロナ社, 2017.09, 本書は「自分でくすぐってもくすぐったくない」といった日常生活でお馴染みの経験,また「人工的に体外離脱を起こす」といった特殊条件下での不思議な体験を手がかりに,「こころ」とそれを織り成す「脳」に関する科学的知見を紹介している。計27のトピックからなり,心理学や神経科学で定番の知見だけでなく,最新の知見も多く収録している。またそのうち半数以上は原著論文の著者自身が執筆している。読者層としては,初学者レベルの大学生を中心に想定しているが,同時に,大学院生以上の読者にとって定番知見の復習や最新知見のチェックに役立つことも目指した。そのため,図解,引用文献とキーワード,さらには詳細な用語集も取り揃えている。本書は授業のテキストとして用いることもでき,1回の授業の中で一つのトピックをじっくり深めたり,関連するトピックを組み合わせたりできる。大学院での本格的な研究指導のイントロダクションに使用しても良いだろう。様々な読者が,それぞれの楽しみ方で本書を利用してくれることを期待する。.
2. Yamada, Y., Kawabe, T., Miyazaki, M., Awareness Shaping or Shaped by Prediction and Postdiction, Lausanne: Frontiers Media, 2015.06, We intuitively believe that we are aware of the external world as it is. Unfortunately, this is not entirely true. In fact, the capacity of our sensory system is too small to veridically perceive the world. To overcome this problem, the sensory system has to spatiotemporally integrate neural signals in order to interpret the external world. However, the spatiotemporal integration involves severe neural latencies. How does the sensory system keep up with the ever-changing external world? As later discussed, ‘prediction’ and ‘postdiction’ are essential keywords here.
For example, the sensory system uses temporally preceding events to predict subsequent events (e.g., Nijhawan, 1994; Kerzel, 2003; Hubbard, 2005) even when the preceding event is subliminally presented (Schmidt, 2000). Moreover, internal prediction modulates the perception of action outcomes (Bays et al., 2005; Cardoso-Leite et al., 2010) and sense of agency (Wenke et al., 2010). Prediction is also an indispensable factor for movement planning and control (Kawato, 1999).
On the other hand, the sensory system also makes use of subsequent events to postdictively interpret a preceding event (e.g. Eagleman & Sejnowski, 2000; Enns, 2002; Khuu et al., 2010; Kawabe, 2011, 2012; Miyazaki et al., 2010; Ono & Kitazawa, 2011) and it’s much the same even for infancy (Newman et al., 2008). Moreover, it has also been proposed that sense of agency stems not only from predictive processing but also from postdictive inference (Ebert & Wegner, 2011). The existence of postdictive processing is also supported by several neuroscience studies (Kamitani & Shimojo, 1999; Lau et al., 2007).
How prediction and postdiction shape awareness of the external world is an intriguing question. Prediction is involved with the encoding of incoming signals, whereas postdiction is related to a re-interpretation of already encoded signals. Given this perspective, prediction and postdiction may exist along a processing stream for a single external event. However, it is unclear whether, and if so how, prediction and postdiction interact with each other to shape awareness of the external world.
Awareness of the external world may also shape prediction and/or postdiction. It is plausible that awareness of the external world drives the prediction and postdiction of future and past appearances of the world. However, the literature provides little information about the role of awareness of the external world in prediction and postdiction.
This background propelled us to propose this research topic with the aim of offering a space for systematic discussion concerning the relationship between awareness, prediction and postdiction among researchers in broad research areas, such as psychology, psychophysics, neuroscience, cognitive science, philosophy, and so forth. We encouraged papers that address one or more of the following questions:
1) How does prediction shape awareness of the external world?
2) How does postdiction shape awareness of the external world?
3) How do prediction and postdiction interact with each other in shaping awareness of the
external world?
4) How does awareness of the external world shape prediction/postdiction?.
主要原著論文
1. Kawabe, T., Sasaki, K., Ihaya, K., Yamada, Y., When categorization-based stranger avoidance explains the uncanny valley: A comment on MacDorman and Chattopadhyay (2016), Cognition, 161, 129-131, 2016.09, Artificial objects often subjectively look eerie when their appearance to some extent resembles a human, which is known as the uncanny valley phenomenon. From a cognitive psychology perspective, several explanations of the phenomenon have been put forth, two of which are object categorization and realism inconsistency. Recently, MacDorman and Chattopadhyay (2016) reported experimental data as evidence in support of the latter. In our estimation, however, their results are still consistent with categorization-based stranger avoidance. In this Discussions paper, we try to describe why categorization-based stranger avoidance remains a viable explanation, despite the evidence of MacDorman and Chattopadhyay, and how it offers a more inclusive explanation of the impression of eeriness in the uncanny valley phenomenon..
2. 山田祐樹, 認知心理学における再現可能性の認知心理学, 心理学評論, 59(1), 15-29, 2016.05, 追試やメタアナリシスを扱う多くの先行研究が,心理学とその関連領域においてその低い再現率や効果量の問題を指摘してきた。著者は本稿において,問題のある研究行為や不正行為などのあらゆる研究領域に共通する問題だけでなく,認知心理学特有の問題について議論する。まず,認知心理学では研究結果の再現可能性や効果量の問題がほとんど注目されていないことが示唆された。さらに,認知心理学の研究者の認知過程に関する研究はほとんどなされておらず,それが再現可能性問題や追試不足における動機づけの要因への軽視につながっていることを指摘する。こうした問題の理解をもとに,認知心理学が今後どのようにしてこの種の問題を解決していくかについて議論を行う。.
3. Sasaki, K., Yamada, Y., Miura, K., Post-determined emotion: motor action retrospectively modulates emotional valence of visual images, Proceedings of the Royal Society B: Biological Sciences, 10.1098/rspb.2014.0690, 282: 20140690, 2015.03, Upward and downward motor actions influence subsequent and ongoing emotional processing in accordance with a space–valence metaphor: positive is up/negative is down. In this study, we examined whether upward and downward motor actions could also affect previous emotional processing. Participants were shown an emotional image on a touch screen. After the image disappeared, they were required to drag a centrally located dot towards a cued area, which was either in the upper or lower portion of the screen. They were then asked to rate the emotional valence of the image using a 7-point scale. We found that the emotional valence of the image was more positive when the cued area was located in the upper portion of the screen. However, this was the case only when the dragging action was required immediately after the image had disappeared. Our findings suggest that when somatic information that is metaphorically associated with an emotion is linked temporally with a visual event, retrospective emotional integration between the visual and somatic events occurs..
4. Yamada, Y., Sasaki, K., Kunieda, S., Wada, Y., Scents boost preference for novel fruits, Appetite, 81, 102-107., 2014.06, When faced with a novel food, multisensory information that includes appearance and smell is a very important cue for preference, categorization, and the decision of whether or not to eat it. We eluci- dated whether olfactory information leads to biased visual categorization of and preference for fruits, even when odors are presented subliminally. We employed morphed images of strawberries and toma- toes combined with their corresponding odorants as stimuli. Participants were asked to categorize the images into either of two categories, to evaluate their preference for each visual image, and to judge the presence/absence of the odor. Results demonstrated that visual categorization was not affected by the odor manipulation; however, preference for uncategorizable images increased when odors were pre- sented regardless of the participant’s awareness of the odor. Our findings suggest that visual preference for novel fruits is based on both conscious and unconscious olfactory processing regarding edibility..
5. Yamada, Y., Harada, S., Choi, W., Fujino, R., Tokunaga, A., Gao, Y., Miura, K., Weight lifting can facilitate appreciative comprehension for museum exhibits, Frontiers in Psychology, 10.3389/fpsyg.2014.00307, 5:307, 2014.04.
6. Yamada, Y., Kawabe, T., Miyazaki, M., Pattern randomness aftereffect, Scientific Reports, 10.1038/srep02906, 3, 2013.10, 我々はたくさんの物体の整列やばらつきの度合いを視覚的に判断できる。しかしながらそれがどのような心的メカニズムによって達成されているのかは全くわかっていなかった。本研究ではパタンランダムネス残効という現象(数秒間ランダムドットを見ていると,その後の刺激が整列して見え,整列刺激を見ていると,その後の刺激がばらついて見えるようになる錯覚)の発見を報告し,その生起を指標として用いることで,視覚パタンのランダムさ処理に関して具体的にどのような内的機序が存在しているのかを明らかにした。具体的には,それは高次の方位処理と関係し,輝度の極性には関係しないような処理であることが判明し,そのような神経的な処理領野は外側後頭複合領域に存在するため,ここが視覚的ランダムネス知覚の責任部位であることを予想した。.
7. Yamada, Y., Kawabe, T., Localizing non-retinotopically moving objects, PLoS ONE, 10.1371/journal.pone.0053815, 8, 1, 2013.01.
8. Yamada, Y., Kawabe, T., Emotion colors time perception unconsciously, Consciousness and Cognition, 10.1016/j.concog.2011.06.016, 20, 4, 1835-1841, 2011.12.
9. Yamada, Y., Miura, K., Kawabe, T., Temporal course of position shift for a peripheral target, Journal of Vision, 10.1167/11.6.6, 11, 6, 2011.05.
10. Yamada, Y., Kawabe, T., Miura, K., Mislocalization of a target toward subjective contours: attentional modulation of location signals, Psychological Research, 10.1007/s00426-007-0109-3, 72, 3, 273-280, 2008.05.
11. Yamada, Y., Kawahara, J., Dividing attention between two different categories and locations in rapid serial visual presentations, Perception & Psychophysics, 69, 7, 1218-1229, 2007.10.
主要学会発表等
1. 山田祐樹, Juan Correa, Gopal Sakarkar, Giang Ngo, Susana Ruiz-Fernández, Natalie Butcher, Fernando Marmolejo-Ramos, 悲しみと喜びのあいだ —6つの文化間で共通する驚きの身体性—, 日本心理学会第79回大会, 2015.09.
2. 山田祐樹, 妹尾武治, 駒場昌幸, 池田比佐子, 松谷綾夏, 佐藤瞭一, 駒場久美子, 川久保晶博, 北岡明佳, 友永雅己, イルカの視覚メカニズムを求めて, 日本基礎心理学会第33回大会, 2014.12.
学会活動
所属学会名
電子情報通信学会 ヒューマン情報処理(HIP)研究会
日本認知科学会
日本感情心理学会
日本時間学会
九州心理学会
Association for Psychological Science
日本視覚学会
日本認知心理学会
日本基礎心理学会
日本心理学会
学協会役員等への就任
2018.05, 公認心理師養成大学教員連絡協議会, 学部カリキュラム・ワーキンググループ メンバー.
2017.12, 日本基礎心理学会, 理事.
2018.04~2018.06, 日本視覚学会, 世話人.
2018.05, 日本心理学会 広報委員会, 運営委員.
2018.06, 電子情報通信学会ヒューマン情報処理研究会, 幹事補佐.
2017.12~2018.06, 日本基礎心理学会若手研究者特別委員会, 委員長.
2015.04~2017.11, 日本基礎心理学会若手研究者特別委員会, 副委員長.
2017.04, 電子情報通信学会ヒューマン情報処理研究会, 専門委員.
2016.09~2017.10, The 33rd Annual Meeting of the International Society for Psychophysics (Fechner Day 2017), プログラム委員.
2016.07, サイエンスコミュニケーション研究会, 共同代表.
2015.03, 日本基礎心理学会, 「基礎心理学研究」編集委員.
2015.06~2016.07, 第31回国際心理学会議(ICP2016), プログラム委員.
2014.04, 日本基礎心理学会若手研究者特別委員会, 運営委員.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2018.06.02~2018.06.02, 2018年度第1回基礎心理学フォーラム, 司会.
2013.06.08~2013.06.09, 日本時間学会第5回大会, 座長(Chairmanship).
2013.02.09~2013.02.09, 第1回知覚と運動技能研究会, 司会(Moderator).
2010.09.02~2010.09.04, 第38回Young Perceptionists' Seminar, 座長(Chairmanship).
2016.04.01~2016.10.09, The 9th Embodied and Situated Language Processing conference (ESLP 2016), Reviewers Panel Member.
2013.02.09~2013.02.09, 第1回知覚と運動技能研究会, 世話役.
2012.12.09~2012.12.09, Special International Seminar for Time Study, Coordinator.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2017.11, Frontiers in Psychology, 国際, 編集委員.
2016.01, Frontiers in Psychology (Cognition), 国際, 査読委員.
2015.03, 基礎心理学研究, 国内, 編集委員.
2012.04~2014.02, Frontiers in Psychology, 国際, 編集委員.
2013.09, Peerage of Science, 国際, 査読委員.
2013.07, Science Postprint, 国際, 編集委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2018年度     11 
2017年度 24      28 
2016年度    
2015年度 15  47    68 
2014年度 11      14 
2013年度    
2012年度    
2011年度      
2010年度    
2009年度      
受賞
第13回日本心理学会国際賞奨励賞, 日本心理学会, 2018.04.
平成29年度ヒューマンコミュニケーション賞, 電子情報通信学会, 2017.12.
日本視覚学会2017年夏季大会準ベストプレゼンテーション賞, 日本視覚学会, 2017.09.
中国四国心理学会第72回大会優秀発表賞, 中国四国心理学会, 2017.01.
ウッドデザイン賞2016, 林野庁, 2016.12.
第18回図書館総合展ポスターセッション優秀賞, 図書館総合展運営委員会 , 2016.12.
九州心理学会第77回大会優秀発表賞, 九州心理学会, 2016.12.
日本生体医工学会九州支部学術講演会研究奨励賞, 日本生体医工学会九州支部, 2016.03.
日本基礎心理学会第34回大会優秀発表賞, 日本基礎心理学会, 2015.11.
ウッドデザイン賞2015, 林野庁, 2015.11.
九州心理学会第75回大会優秀発表賞, 九州心理学会, 2014.11.
日本認知心理学会第12回大会優秀発表賞, 日本認知心理学会, 2014.06.
日本基礎心理学会第32回大会優秀発表賞, 日本基礎心理学会, 2013.12.
日本基礎心理学会第31回大会優秀発表賞 , 日本基礎心理学会, 2012.12.
九州大学心理学研究室第1回合宿発表賞, 九州大学心理学研究室, 2011.07.
日本認知心理学会第4回大会優秀発表賞 発表力評価部門, 日本認知心理学会, 2006.08.
日本基礎心理学会第25回大会優秀発表賞, 日本基礎心理学会, 2006.06.
九州大学学生後援会学術研究賞, 九州大学学生後援会, 2006.03.
九州大学大学院人間環境学府長賞優秀賞, 九州大学大学院人間環境学府, 2006.02.
日本基礎心理学会第24回大会優秀発表賞, 日本基礎心理学会, 2005.11.
Travel Awards for attendance at The European Conference on Visual Perception (ECVP05), ECVP, 2005.08.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2018年度~2020年度, 基盤研究(C), 代表, 気持ち悪さの認知多層科学.
2018年度~2019年度, 新学術領域研究, 代表, 身体化された情動の文化化を探る―中国雲南省少数民族の身体的心性―.
2017年度~2021年度, 基盤研究(A), 分担, 移動指標の将来を予測する視覚~表象的慣性~の獲得過程に関する認知行動科学的研究.
2016年度~2017年度, 新学術領域研究, 連携, 新奇食品に対する感性的質感認知の解明 -食用昆虫を例として-.
2016年度~2019年度, 基盤研究(A), 分担, 変動性判断の神経機序―変動ある環境を克服する脳の仕組みの探究―.
2016年度~2019年度, 基盤研究(B), 分担, 没入体感型英語スピーチ学習システムの開発と検証:視線方向と音声要素に基づく研究.
2015年度~2019年度, 基盤研究(S), 分担, 野生の認知科学:こころの進化とその多様性の解明のための比較認知科学的アプローチ.
2014年度~2015年度, 挑戦的萌芽研究, 代表, 気持ち悪さの認知的メカニズム.
2014年度~2015年度, 挑戦的萌芽研究, 分担, ランダムネス判断の神経機序.
2014年度~2015年度, 新学術領域研究, 連携, こころの中の「いま、この瞬間」をとらえる―主観的同時性を形成する脳の仕組みの探究.
2013年度~2014年度, 新学術領域研究, 連携, 食品における多次元的質感視知覚の解明.
2013年度~2017年度, 基盤研究(A), 分担, 予測的知覚の潜在的・顕在的機能に関する認知行動科学的研究.
2012年度~2013年度, 研究活動スタート支援, 代表, 視覚的注意による物体定位バイアスの生起機序.
2009年度~2011年度, 特別研究員奨励費, 代表, 意識,注意,および情動を包含する動的心的表象形成メカニズムの解明.
共同研究、受託研究(競争的資金を除く)の受入状況
2018.05~2019.02, 代表, 親子の絵本読み活動が幼児の言語発達に及ぼす影響の研究.
2017.05~2017.02, 代表, 絵本検索システム利用が幼児の言語認知発達に及ぼす影響の研究.
2016.05~2017.02, 代表, 絵本検索システム利用が幼児の言語認知発達に及ぼす影響の研究.
寄附金の受入状況
2016年度, 博報財団, 第11回児童教育実践についての研究助成/「読書活動を促進する拡張現実技術の開発:受動的読書から能動的読書へ」(研究協力).
学内資金・基金等への採択状況
2015年度~2017年度, 九州大学教育研究プログラム・研究拠点形成プロジェクト(P&P) 特別枠(つばさ), 分担, 「世代」の測定を巡る学際的行動計量学研究--公衆衛生学と人文社会科学計量研究の融合.
2015年度~2017年度, 九州大学教育研究プログラム・研究拠点形成プロジェクト(P&P) 特別枠(つばさ), 代表, 不・不安を超えた安心感の再定位.
2015年度~2017年度, 九州大学教育研究プログラム・研究拠点形成プロジェクト(P&P) 特別枠(つばさ), 分担, 頭を良くする方法、悪くする方法.
2015年度~2015年度, 九州大学教育研究プログラム・研究拠点形成プロジェクト(P&P) 特別枠(つばさ), 分担, ストレスを軽減する英語パブリックスピーキング指導法の新規開発: 応用言語学・英語教育学・心理学による統合的研究.
2015年度~2015年度, 九州大学研究活動基礎支援制度「英文・和文校閲経費支援」, 代表, Diversities of the dress color perception and the brown color naming.
2014年度~2014年度, 九州大学教育研究プログラム・研究拠点形成プロジェクト(P&P) 特別枠(ボトムアップ型), 分担, 眠りへ誘う木質空間:生理心理反応と多変量解析を用いた木質環境の評価.
2014年度~2014年度, 九州大学教育研究プログラム・研究拠点形成プロジェクト(P&P) 特別枠(ボトムアップ型), 代表, 予測的・後測的な空間認識に関する認知心理学的機序の解明.
2013年度~2013年度, 山口大学URA室研究助成金 科研チャレンジプロジェクト, 代表, 情動と身体空間に関する認知心理学研究.
2012年度~2013年度, 九州大学教育研究プログラム・研究拠点形成プロジェクト E-3タイプ 整理番号:24425, 分担, 医農理工文連携による 「におい」の最先端総合研究.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」