九州大学 研究者情報
著書一覧
青野 純子(あおの じゆんこ) データ更新日:2019.05.29

准教授 /  基幹教育院 人文社会科学部門


著書
1. 青野純子、今井澄子、望月典子、望月みや(編著), 『移ろう形象と越境する芸術−小林賴子先生退職記念論文集』, 八坂書房, 2019.03, [URL].
2. 小林頼子、今井澄子、望月典子、青野純子, 『VS. フェルメール 美の対決 ーフェルメールと西洋美術の巨匠たちー』, 八坂書房, 2018.09, [URL].
3. Junko Aono, The Leiden Collection Catalogue, https://www.theleidencollection.com/archive/(Edited by Arthur K. Wheelock Jr., New York, 2017), Entries on paintings by Jan van Mieris, Willem van Mieris, Dominicus van Tol, and Jacob van Toorenvliet, 2017.01, [URL], ◉This online catalogue of The Leiden Collection, edited by Arthur K. Wheelock Jr., celebrates the world of seventeenth-century Dutch and Flemish art, a Golden Age of creativity. The catalogue provides an overview of the Collection, scholarly entries of more than 175 paintings and drawings, artist biographies, as well as essays about major painters from Leiden featured in the Collection, including Rembrandt van Rijn, Gerrit Dou and Frans van Mieris..
4. Junko Aono, Confronting the Golden Age: Imitation and Innovation in Dutch Genre Painting 1680-1750, Amsterdam University Press, [Reviewed in: NRC-Handelsblad (2015.8.7); The Burlington Magazine (2015.9, p. 640, by Eddy Schavemaker); HNA Review of Books (2016, by Angela Ho); Choice (by Amy Golahny); Renaissance Quarterly 69(2016, pp.677-679, by A.J. Difuria], 2015.03, [URL].
5. Sabine Craft-Giepmans, Annette de Vries, Portret in Portret in de Nederlandse Kunst 1550-2012, Dordrechts Museum, catalogue entries no. 22 and 44: Junko Aono "Gerard Dou, Zelfportret met portret van zijn familie"; "Frans van Mieris de Jonge, Drie generaties Van Mieris" , 2012.11, [URL].
6. 中村俊春, 平川佳世, 深谷訓子, 宮島綾子, ヤン・ダーン・ファン・ダム, ターコ・ディビッツ, エステー・ディールチェス, 青野 純子, 『アムステルダム国立美術館所蔵フェルメール《牛乳を注ぐ女》とオランダ風俗画展』, 展覧会図録, 国立新美術館, 東京, 分担部分:バブリエル・メツー《猫の朝食》、その他18点の作品解説:60~61、70~73、76~77、92~101、110~111、146~149、154~157、160、168、171、175~176頁, 2007.09, [URL].
7. Ekkehard Mai, Sander Paarlberg, Gregor J.M. Weber (eds.), Vom Adel der Malerei: Holland um 1700/ De Kroon op het werk: Hollandse schilderkunst 1670-1750, Locher, Cologne (Wallraf-Richartz-Museum & Fondation Corboud), Dordrecht (Dordrecths Museum) & Kassel (Museumslandschaft Hessen Kassel), catalogue entries, nos. 48, 49, 50, and 53(on Willem van Mieris and Carel de Moor), 202~207,212~213, 2006.10, [URL].
8. 橋本毅彦, 梶雅範, 廣野喜幸, 『科学大博物館-装置・器具の歴史事典』, 朝倉書店, 青野純子、翻訳:「カメラ・オブスクラ」121〜122頁, 2005.04.
9. クリスタ・グレシンジャー, 元木幸一, 青野 純子, 『女を描く-ヨーロッパ中世末期からルネサンスの美術に見る女のイメージ』, 三元社, 翻訳分担部分:第2章「良い女」37~155頁、第4章「女の年齢」227~240頁/執筆部分:訳者補論「続『良い女』-周縁から中心へ:17世紀オランダ絵画における働く女のイメージ」、255~269頁, 2004.11, [URL].
10. 幸福輝監修 【共訳】 青野純子他訳, 『レンブラントとレンブラント派:聖書・神話・物語』, 展覧会図録,国立西洋美術館,東京, 青野純子翻訳担当:フォルカー・マヌート「レンブラントの世界における宗教画」14~22頁
, 2003.09.
11. 小林頼子, 池田みゆき, 青野 純子, 今井澄子, 望月典子, 『西洋職人図集-17世紀オランダの日常生活』, 八坂書房, 「指し物師」「ブラシ職人」「織り物師」「籠職人」等の図像解説18点、70~105頁, 2001.08, [URL].
12. 【翻訳/共訳】 幸福輝編著, 『レンブラント、フェルメールとその時代-アムステルダム国立美術館所蔵 17世紀オランダ美術展』, 展覧会図録, 愛知県美術館, 名古屋/国立西洋美術館, 東京, 青野純子担当翻訳:ハイヘン・レーフラング「『絵は詩のごとくにあらず』-17世紀オランダ美術における主題としての風景-」39〜48頁, 2001.04.
13. 小林頼子, 徳丸仁, 藤原玲子, 蜷川順子, 青野 純子, 『フェルメール』, 六耀社, 第4章「画中画は語る」64〜79頁, 2000.04.
14. 【Translation】 Junko Aono, Ikiro – Be Alive: Contemporary Art from Japan 1980 until Now, Exhibition Catalogue, The Kröller-Müller Museum, Otterlo, The Netherlands, Text by Isamu Wakabayashi, Minako Saito, Osamu Kanamura, translated into English by Junko Aono, pp. 43, 153, 165, 2001.04.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」