九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動
小山 元道(こやま もとみち) データ更新日:2017.05.08

助教 /  工学研究院 機械工学部門 材料力学




電子メール
取得学位
博士(工学)
専門分野
材料工学
活動概要
先進高強度鋼の加工硬化、脆化、疲労現象の機構解明のための研究を行っている。
材料の機械的特性改善は加工硬化能の向上、脆化現象、ならびに金属疲労の抑制によって劇的に改善される。
先進高強度材料の加工硬化、脆化、ならびに疲労現象の「機構」を明らかとすることで、よりよい材料創製の設計機軸を与える。
引張試験や疲労試験などで得られた機械的性質について、後方電子散乱回折法(EBSD)や電子チャネリングコントラスト法(ECCI)などの組織観察手法を用いて機構の解明に取り組んでおり、金属組織学と力学に基づいた破壊機構の提案を目指す。

九大関連コンテンツ