九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
龍﨑 奏(りゅうざき そう) データ更新日:2018.08.31



主な研究テーマ
金属微粒子/有機分子界面における電子状態
キーワード:微粒子、界面物性、量子サイズ効果、プラズモン
2015.04~2018.12.
ナノポアを用いた1分子/1粒子構造解析法の開発
キーワード:ナノポアデバイス、1分子解析技術、ナノバイオセンサー
2014.01~2018.12.
研究業績
主要著書
1. 龍﨑 奏, 尾上順, Chapter 6, Photoexcited Carrier Dynamics in Organic Solar Cells, Organic Solar Cells: Materials, Devices, Interfaces, and Modelling, 2015.03.
主要原著論文
1. S. Ryuzaki, M. Tsutsui, Y. He, K. Yokota, A. Arima, T. Morikawa, M. Taniguchi, and T. Kawai, Rapid structural analysis of nanomaterials in aqueous solutions, Nanotechnology , 28, 155501, 2017.02.
2. Sou Ryuzaki, Jakob A. S. Meyer, Søren Petersen, Kasper Nørgaard, Tue Hassenkam, Bo W. Laursen, Local charge transport properties of monolayer reduced graphene oxide sheets prepared under self-generated pressure, Applied Physics Letters, 105, 093109, 2014.09, [URL].
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
1. Sou Ryuzaki, Makusu Tsutsui, Masateru Taniguchi, , Nanopore devices for shape analysis of single nanobiomaterials in aqueous solutions
, 2018 Annual Nanotechnology Conference, 2018.09.
2. S. Ryuzaki, D. Tanaka, P. Wang, K. Okamoto, Y. Chan, and K. Tamada, , Multi-nanopore structures for quantum dot laser, Singapore International Chemistry Conference, Singapore, 2016.12.
3. 龍﨑 奏, 筒井 真楠, 安井 隆雄, 横田 一道, 玉田 薫, 馬場 嘉信, 谷口 正輝, 溶液中における浮遊生体物質の形状分布解析法に基づくナノバイオセンサーの開発, 第77回秋季応用物理学会講演奨励賞受賞記念講演, 2016.09.
4. 龍﨑 奏, Rapid Structural Analysis of Nanomaterials in Aqueous Solutions, Seminar at Department of Physics/Chemistry, National University of Singapore, 2014.02.
特許出願・取得
特許出願件数  2件
特許登録件数  0件
学会活動
所属学会名
DV−Xα研究協会
日本MRS
ナノ学会
応用物理学会
学協会役員等への就任
2015.04~2018.03, 応用物理学会 有機分子・バイオエレクトロニクス分科会, 幹事.
2014.04~2019.03, DV−Xα研究協会, 幹事.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2017.09.05~2017.09.08, 第78回応用物理学会秋季学術講演会:シンポジウム「最新動向:生体材料と先端デバイスをつなぐ学際的アプローチ」, 世話人.
2018.03.17~2018.03.22, 第65回応用物理学会春季学術講演会:シンポジウム「先端計測と機会学習の融合」, 世話人.
2016.03.18~2016.03.22, 春季第63回応用物理学会, 座長(Chairmanship).
2017.06.26~2017.06.28, 9th International Conference on Molecular Electronics and Bioelectronics (M&BE9), 運営委員.
2016.09.04~2016.09.07, KJF-ICOMEP 2016, 運営委員.
2014.08.06~2014.08.08, 第27回DV−Xα研究会, 運営委員.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2015.04~2017.03, DV-Xα研究協会会報, 国内, 編集委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2014年度
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
International Atomic Energy Agency, Austria, 2018.09~2018.09.
King Abdullah University of Science and Technology, SaudiArabia, 2017.01~2017.01.
National University of Singapore, Singapore, 2017.02~2017.02.
National University of Singapore, Singapore, 2016.11~2016.06.
National University of Singapore, Singapore, 2016.12~2016.12.
National University of Singapore, Singapore, 2015.11~2015.11.
National University of Singapore, Singapore, 2014.02~2014.02.
受賞
Highlights of 2017, IOP Publishing, Nanotechnology, 2018.01.
The Best Poster Award, 9th International Conference on Molecular Electronics and Bioelectronics, 2017, 2017.06.
講演奨励賞, 第63回応用物理学会春季学術講演会, 2016.04.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2016年度~2018年度, 基盤研究(A), 分担, がん超早期診断・予防のためのがん特異的エクソソーム超高精度解析デバイス.
2015年度~2017年度, 若手研究(A), 代表, ナノポアを用いた溶液中生体材料の形状分布解析法の開発.
2013年度~2014年度, 若手研究(B), 代表, ナノポアを用いた1分子構造解析法の開発.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2017年度~2020年度, さきがけ, 代表, 形状と組成情報に基づく1粒子解析技術の開発.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」