九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動
WANG HAIDONG(わん はいどん) データ更新日:2017.05.15

助教 /  工学研究院 機械工学部門 熱工学


主な研究テーマ
私の主な研究はMEMS技術を利用して、ナノ材料の熱物性測定(カーボンナノチューブ、グラフェン、ナノフィルム)。ナノスケールの熱伝導現象研究、生体熱科学研究。
キーワード:MEMS技術、ナノ材料の熱物性、生体熱科学
2014.01~2017.12.
従事しているプロジェクト研究
リアルタイムDNAシーケンスを可能にする新規グラフェンナノポアセンサの開発
2017.04~2020.03, 代表者:WANG HAIDONG, JSPS若手研究(A)
現在,DNAシークエンシングの世界市場は6800億円規模に成長している.シークエンシングの技術は第三世代を迎え,分子一つ一つをリアルタイムに解析することができるSingle Molecule Real Time Sequencing (SMRT)技術の確立が望まれている.このSMRTを実現可能にするため,本研究では,架橋された0.334nm厚の単層グラフェンに設けたナノポア中にDNAを通過させ,その際の電流変化よりDNAの塩基配列を決定する新しいナノポアバイオセンサーの開発を目的とする.この方法が実現できれば,分解能とS/N比の両方が,現在提案されている25nm厚のSiNx膜上のグラフェンセンサを用いる方法より格段に向上すると考えられる..
グラフェンヒートスプレッダーの開発を目的としたグラフェン-基板界面効果の解明
2015.04~2017.04, 代表者:WANG HAIDONG, 日本学術振興会(日本)
グラフェンは極めて高い熱伝導率を有し,電子デバイスのヒートスプレッダーとしての利用が期待されている.しかし,薄くて自立薄膜としての利用が困難であるため基板とともに用いる必要があるが,グラフェンの熱輸送性質は界面効果の影響を大きく受け,性能が大きく低下する可能性がある.そこで,本研究は,グラフェンヒートスプレッダーの開発を目的として,本研究代表者らが考案したダブルT 型センサを用いて,グラフェンの熱伝導率に及ぼす基板の影響を初めて定量的に明らかにするとともに,界面効果の予測手法を開発する。.
研究業績
主要原著論文
1. DONG HAI WANG, Xing Zhang, Hiroshi Takamatsu, Ultraclean suspended monolayer graphene achieved by in situ current annealing, Nanotechnology, 28, 045706, 2016.12.
2. DONG HAI WANG, Kosaku Kurata, Takanobu Fukunaga, Hiroshi Takamatsu, Xing Zhang, Simultaneous measurement of electrical and thermal conductivities of suspended monolayer graphene, Journal of Applied Physics, 119, 244306, 2016.08.
3. DONG HAI WANG, Kosaku Kurata, Takanobu Fukunaga, Hiroshi Takamatsu, Xing Zhang, A general method of fabricating free-standing, monolayer graphene electronic device and its property characterization, Sensors and Actuators A: Physical, 247, 24-29, 2016.05.
4. DONG HAI WANG, Kosaku Kurata, Takanobu Fukunaga, Hiroshi Takamatsu, Xing Zhang, Width depended intrinsic thermal conductivity of suspended monolayer graphene, International Journal of Heat and Mass Transfer, 105, 76-80, 2017.01.
5. DONG HAI WANG, Kosaku Kurata, Takanobu Fukunaga, Hiroshi Takamatsu, Xing Zhang, Tatsuya Ikuta, Koji Takahashi, Takashi Nishiyama, Hiroki Ago, Yasuyuki Takata, In-situ measurement of the heat transport in defect-engineered free-standing single-layer graphene, Scientific Reports, 6, 21823, 2016.02.
6. DONG HAI WANG, Kosaku Kurata, Takanobu Fukunaga, Hiroshi Takamatsu, Xing Zhang, Tatsuya Ikuta, Koji Takahashi, Takashi Nishiyama, Hiroki Ago, Yasuyuki Takata, A simple method for fabricating free-standing large area fluorinated single-layer graphene with size-tunable nanopores, Carbon, 99, 564-570, 2016.01.
主要学会発表等
1. DONG HAI WANG, Hiroshi Takamatsu, Xing Zhang, Width-dependent thermal conductivity of suspended single- layer graphene, 1st Asian Conference on Thermal Science , 2017.03.28.
2. DONG HAI WANG, Koji Takahashi, Hiroshi Takamatsu, Xing Zhang, Highly sensitive charge mobility of suspended monolayer graphene, 6 th International Symposium on Micro and Nano Technology, 2017.03.21.
3. DONG HAI WANG, Hisada Kosuke, Kosaku Kurata, Fukunaga Takanobu, Hiroshi Takamatsu, Feasibility of using micro-beam sensor for gas detection, size effect on heat conduction to gases, 1st Pacific Rim Thermal Engineering Conference , 2016.03.15.
4. DONG HAI WANG, Hiroshi Takamatsu, Koji Takahashi, Xing Zhang, Effect of nanohole defect on the thermal conductivity of free-standing single-layer graphene
, 11th Asian Thermophysical Properties Conference, ATPC2016, 2016.10.04.
5. DONG HAI WANG, Hiroshi Takamatsu, Width dependent thermal conductivity of suspended monolayer graphene, The Eighth KAIST-Kyushu University Joint Workshop 2016, 2016.09.23.
6. DONG HAI WANG, Kosaku Kurata, Hiroshi Takamatsu, Takanobu Fukunaga, Thermal conductivity of suspended monolayer graphene measured by a T-type sensor, 第53回日本伝熱シンポジウム, 2016.05.25.
7. DONG HAI WANG, Kento Inui, Takanobu Fukunaga, Kosaku Kurata, Hiroshi Takamatsu, Measuring thermal conductivity of gases and liquids ranged from 0.03 to 0.6 w/(m k) using a single micro-beam sensor, 日本熱物性学会, 2015.10.20.
8. DONG HAI WANG, Kento Inui, Takanobu Fukunaga, Kosaku Kurata, Hiroshi Takamatsu, Measurement of liquid thermal conductivity using a micro-beam MEMS sensor, 日本伝熱学会, 2015.06.04.
9. 田中柊郎, 西村和洋, WANG HAIDONG, 福永鷹信, 藏田 耕作, 高松 洋, 白金マイクロビームセンサによる熱伝導率測定に水素が与える影響, 日本機械学会九州学生会第46回卒業研究発表講演会, 2015.03.03.
10. 西村和洋, WANG HAIDONG, 福永鷹信, 藏田 耕作, 高松 洋, マイクロビームMEMSセンサを用いた金薄膜の面方向熱伝導率・電気伝導率測定, 第35回日本熱物性シンポジウム, 2014.11.23.
特許出願・取得
特許出願件数  0件
特許登録件数  1件
学会活動
所属学会名
日本機械学会
日本伝熱学会
受賞
Young Scientist Award of the Asian Union of Thermal Science and Engineering, Asian Union of Thermal Science and Engineering , 2017.03.
Best Presentation Award on the 10th Asia Thermophysical Properties Conference (10th ATPC) , Asia Thermophysical Properties Conference Committee, 2010.10.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2017年度~2020年度, 若手研究(A), 代表, リアルタイムDNAシーケンスを可能にする新規グラフエンナノポアセンサの開発.
2015年度~2017年度, 若手研究(B), 代表, グラフェンヒートスプレッダーの開発を目的としたグラフェン-基板界面効果の解明.
学内資金・基金等への採択状況
2016年度~2016年度, 平成28年度エネルギー研究教育機構 若手研究者支援プログラム, 代表, 高効率なグラフェン熱整流器の開発.
2015年度~2016年度, 工学研究院若手研究者育成研究, 代表, 架橋構造型グラフェンセンサの開発及び物性値測定.
2014年度~2015年度, 九州大学教育研究プログラム・研究拠点形成プロジェクト, 代表, Measurement and modelling of the in-plane thermal conductivity of graphene.

九大関連コンテンツ