九州大学 研究者情報
発表一覧
BANG HYUNJUNG(ばん ひよんじよん) データ更新日:2019.07.02

助教 /  農学研究院 附属国際農業教育・研究推進センター


学会発表等
1. 房 賢貞, 農林水産物の輸出促進における課題解決に向けた取組, 「知」の集積と活用の場 産学官連携協議会主催 ポスターセッション, 2017.11.
2. 房 賢貞, 能動的アプローチによる研究支援・推進活動について~URA 主導による課題解決型研究の企画と申請支援~, リサーチ・アドミニストレーター協議会第3回年次大会, 2017.08, 実例に基づく能動的アプローチによる研究⽀援・推進活動について考察する。研究資⾦獲得を⽀援・推進することを⽬的に、情報収集、研究プロジェクト企画、資⾦獲得・申請⽀援、事業実施⽀援の4つ
の実施内容を共有する。.
3. 房 賢貞, 若手URAの活動報告~プレアワード~, リサー チ・アドミニストレタ新任研修, 2017.05.
4. 房 賢貞、平田 徳宏, 能動的アプローチによる研究支援活動の有効性評価〜実践と課題〜, リサーチ・アドミニストレーター協議会第2 回年次大会, 2016.09, 研究企画から外部資金の獲得を支援・推進する研究支援人材(URA)の活動を能動的アプローチの実践とその課題について考察する。
昨年度につづき能動的アプローチを継続した結果、受動的アプローチの業務は増加していた。能動的アプローチによる認知度の向上、支援・推進業務の依頼が向上、経験を重ねることで科研費をはじめとする
外部資金申請に関する経験値やスキルは飛躍的に向上した。一方、プレアワード業務を担当している URAとして、情報収集・精査しプロジェクトを仕掛けていく企画立案・提案については両立して進めることが難しかった。
現在、著者らは自ら情報収集を行い大学のみならず、地域を巻き込んだ大型プロジェクトを仕掛けている。九州・沖縄地域を一つのローカルとして取り組んでいる本プロジェクトは、まさしく能動的アプローチで企画立案・提案・推進している例であり、この取り組みでの経験や課題について共有することを目指す。.
5. 福田 淳子、高田 依里、房 賢貞、山川 武夫、堤 祐司, 亜臨界水による牛肉骨粉処理物の肥料としての再資源化, 2011 年度日本土壌肥料学会, 2011.08.
6. Yuji Tsutsumi, Hyun-jung BANG, Y. Murayama, M. Yoshioka, T. Noguchi,, Recycling of bovine meat and bone meal by sub-critical water treatment, Prion Japan & Canada, 2010.11.
7. 房 賢貞、福田 淳子、近藤 隆一郎、堤 祐司, 牛肉骨粉の亜臨界水処理による生成物, 2009 年度日本農芸化学会関西・中四国・西日本支部、日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部日本食品 科学工学会西日本支部、3 学会5 支部合同大会, 2009.10.
8. 佐藤 匡央、伊藤 悠介、房 賢貞、今泉 勝己, 脂質が変わる生体内脂質研究のダイナミズム-LXR を介した食事酸化コレステロールの肝臓脂肪蓄積作用の解明, 日本農 芸化学会2009 年度大会, 2009.03.
9. 伊藤 悠介、荒川 千代、房 賢貞、佐藤 匡央、今泉 勝己, 酸化コレステロールが肝臓脂肪蓄積に及ぼす影響, 日本農芸化学会2008 年度大会, 2008.03.
10. 荒川 千代、房 賢貞、佐藤 匡央、今泉 勝己, 食事酸化コレステロールが肝臓脂肪蓄積に及ぼす作用は食事脂肪酸によって異なる, 第19年日本栄養食糧学会九州・沖縄支部大会, 2007.09.
11. 房 賢貞、荒川 千代、髙田 理浩、佐藤 匡央、今泉 勝己, C57BL/6J マウスにおいて食事酸化ステロールが脂質代謝に及ぼす影響, 第18 年日本農芸化学会西日本支部および日本栄 養食糧学会九州・沖縄支部合同大会, 2006.09.
12. 房 賢貞、市 育代、荒川 千代、佐藤 匡央、今泉 勝己, Effect of dietary oxysterols on the level of sterols in serum, liver and cerebrum of apolipoprotein, 第43回化学関連支部合同九州大会, 2006.07.
13. 荒川 千代、房 賢貞、佐藤 匡央、今泉 勝己, 食事由来の植物ステロールと酸化ステロールが脳の濃度に及ぼす影響, 第43回化学関連支部合同九州大会, 2006.07.
14. 中矢 ゆり、冨田 里美、房 賢貞、市 育代、佐藤 匡央、今泉 勝巳, コレステロール酸化物によるマクロファージからのコレステロール排出抑制機構, 第42回化学関連支部合同九州大会, 2005.07.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」