九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動
内山 英昭(うちやま ひであき) データ更新日:2019.07.02

准教授 /  附属図書館


主な研究テーマ
拡張現実感のための画像処理技術の構築
キーワード:コンピュータビジョン,拡張現実感
2014.04~2016.03.
研究業績
主要著書
主要原著論文
主要学会発表等
学会活動
所属学会名
電子情報通信学会
IEEE
日本バーチャルリアリティ学会
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2015.09.29~2015.10.03, International Symposium on Mixed and Augmented Reality (ISMAR), Program Committee.
2015.09.29~2015.10.03, International Symposium on Mixed and Augmented Reality (ISMAR), Local Arrangement Chair.
2014.09.08~2014.09.12, International Symposium on Mixed and Augmented Reality (ISMAR), Program Committee.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2014年度 15  19 
受賞
MIRUデモ賞, 第18回画像の認識・理解シンポジウム, 2015.07.
Excellent Poster Award, 21th Korea-Japan Joint Workshop on Frontier of Computer Vision, 2015.01.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2018年度~2022年度, 基盤研究(A), 分担, 次世代教育支援のための実時間学習解析に基づく双方向型協働空間の構築と評価.
2017年度~2019年度, 基盤研究(B), 分担, 栽培時農業情報の融合のための植物モデル構築.
2015年度~2017年度, 基盤研究(A), 分担, 次世代農業支援のための高機能センシング技術の開発.
共同研究、受託研究(競争的資金を除く)の受入状況
2019.04~2020.03, 代表, 多眼カメラを用いた自己位置推定に関する検討.
2019.01~2019.12, 代表, 建設現場における作業支援のための画像処理・拡張現実感技術の開発.
2018.04~2019.03, 代表, 多眼カメラを用いた自己位置推定に関する検討.
2018.01~2018.12, 代表, 建設現場における作業支援のための画像処理・拡張現実感技術の開発.
2017.04~2018.09, 代表, デジタルカメラによる3Dデータ化の高精度化に向けた基礎研究.
2017.11~2018.03, 代表, 多眼カメラを用いた自己位置推定に関する検討.
2017.01~2017.12, 代表, 建築現場における作業支援のための画像処理・拡張現実感技術の開発.
2016.10~2017.03, 代表, デジタルカメラによる3Dデータ化の高精度化に向けた基礎研究.
2015.12~2016.12, 代表, 建築現場における作業支援のための画像処理・拡張現実感技術の開発.
寄附金の受入状況
2016年度, 三井住友建設株式会社, コンピュータビジョン・拡張現実感に関する研究.
2017年度, 三井住友建設株式会社, コンピュータビジョン・拡張現実感に関する研究.
2016年度, LIXIL住生活財団, 若手研究助成(若手研究者)/Window see through型ARのための基盤構築.
学内資金・基金等への採択状況
2014年度~2014年度, 九州大学教育研究プログラム・研究拠点形成プロジェクト, 代表, Human and machine readable world.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」