九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
谷澤 亜里(たにざわ あり) データ更新日:2018.06.26

助教 /  総合研究博物館


主な研究テーマ
古代国家形成過程における財の流通・消費。
特に日本列島弥生~古墳時代の玉類を素材に研究を行っている。
キーワード:国家形成、弥生時代、古墳時代、玉類、流通、装身具
2009.04.
従事しているプロジェクト研究
玉類の流通からみた威信財システム脱却過程に関する考古科学的研究
2018.04~2021.03, 代表者:大賀克彦, 奈良女子大学, 科学研究費助成事業.
リンクト・オープン・データによる3次元マルチメディア教材利活用基盤の研究開発
2016.04~2019.03, 代表者:岡田義広, 九州大学, 科学研究費助成事業..
世界のビーズをめぐる人類学的研究
2016.10~2018.03, 代表者:池谷和信, 国立民族学博物館, 国立民族学博物館.
玉類副葬からみた古代国家形成過程と財の流通・消費の研究
2015.04~2018.03, 代表者:谷澤亜里, 九州大学, 科学研究費助成事業.
玉類の生産および流通と社会変化の因果関係に関する考古科学的研究
2015.04~2018.03, 代表者:大賀克彦, 奈良女子大学, 科学研究費助成事業.
研究業績
主要原著論文
1. 谷澤 亜里, 弥生時代後期・終末期の勾玉からみた地域間関係とその変容―西日本の墓出土資料を中心に―, 61, 2, 65-84, 2014.09.
2. 谷澤 亜里, 玉生産の画期と弥生社会, 127, 57-60, 2014.04.
3. 谷澤 亜里, 弥生時代後期におけるガラス小玉の流通―北部九州地域を中心に―, 86, 1-39, 2011.11.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 谷澤 亜里, 山の神古墳出土玉類の位置づけ, 山の神古墳の研究―「雄略朝」期前後における地域社会と人制に関する考古学的研究:北部九州を中心に―, 2015.03.
2. 谷澤 亜里, 菅 浩伸, 玉類および装飾品の材質調査, 山の神古墳の研究―「雄略朝」期前後における地域社会と人制に関する考古学的研究:北部九州を中心に―, 2015.03.
3. 谷澤 亜里, 玉類および装飾品, 山の神古墳の研究―「雄略朝」期前後における地域社会と人制に関する考古学的研究:北部九州を中心に―, 2015.03.
4. 谷澤 亜里, 足立 達朗, 小山内 康人, 田中 良之, 吹上遺跡出土ガラス管玉の調査, 吹上遺跡Ⅵ-自然科学分析調査・総括編―:日田市埋蔵文化財調査報告書 第112集, 2014.03.
5. 谷澤 亜里, 西澤 千絵里, 足立 達朗, 小山内 康人, 玉類, 今宿五郎江遺跡15:福岡市埋蔵文化財調査報告書 第1183集, 2013.03.
6. 谷澤 亜里, 城野遺跡の玉作, 城野遺跡6(3A、3C、3E、3F区の調査):北九州市埋蔵文化財調査報告書 第494集, 2013.03.
7. 谷澤 亜里, 細石 朋希, 出土玉類, 壱岐カラカミ遺跡Ⅳ, 2013.03.
8. 谷澤 亜里, 須玖岡本遺跡出土ガラス小玉の調査-故岡部養逸氏旧蔵中山平次郎先生関係資料概要報告(2)-, 九州大学総合研究博物館研究報告10, 2012.03.
9. 谷澤 亜里, 出土玉類, 壱岐カラカミ遺跡Ⅲ, 2011.03.
10. 谷澤 亜里, 小野原遺跡群出土のガラス製品, 小野原遺跡群:熊本県文化財調査報告第257集 第2分冊, 2010.03.
主要学会発表等
1. Ari Tanizawa, The Yayoi-Kofun transition as seen from the distribution of beads, The Eighth World Archaeological Congress, 2016.09.
2. Ari Tanizawa, The importation of glass beads in the Yayoi-Kofun transitional period in Japanese archipelago, The Eighth World Archaeological Congress, 2016.08.
3. 谷澤亜里, 弥生時代後半期における玉類の舶載:北部九州のガラス製玉類を中心に, 第12回九州考古学会・嶺南考古学会合同考古学大会, 2016.08.
4. Gina Barnes, Ari Tanizawa, Early beadstone body ornaments in East Asia and their antecedents 2: Kofun-Nara, 7th Worldwide Conference of the Society of East Asian Archaeology, 2016.06, Throughout Japanese prehistory, a variety of materials and techniques were employed to convey such varied states as gender, matrimonial status, descent, and age ant/or status. Some of these were recurrent in different periods, such as body tatoos or beaded decoration; others, like dental modification or gold jewelry, surfaced and then disappeared. Some modes of ornamentation had continental antecedents, raising questions about shared iconographic systems or material correlates of identity demarcation.
This chapter traces the transformation of ornament systems from early times (Jomon–Early Yayoi) based on age, gender, and descent to the evolution of status symbols that contributed to the icons of Imperial Insignia (Late Yayoi–Kofun). Ornaments of a variety of materials (e.g. shell, beadstone, metals) will be examined within their social contexts to inform on changing patterns in the expression of social and political identity. Of particular interest is the long life of the curved bead (magatama), an ornament shape which first occurred in the Jomon context of a hunter-gatherer system, and how it was reinterpreted as society became more complex; another point of interest is how shell bracelets, which marked gender and age became reproduced in stone as an elite accessory; a third transformation to be investigated is how the necklace, with magatama as the focal point, evolved as a mark of rulership, common to both males and females.
The trends presented here ended with the adoption of Buddhism in Japan, when body ornamentation was considered counter to the ascetic ideals of “rejecting the world”. What happened to the magatama at this time is an interesting story in itself..
5. 谷澤亜里, 玉類の副葬形態からみた古墳時代の開始, 平成27年度九州史学会考古学部会, 2015.12.
6. 谷澤 亜里, 古墳時代中期後半から後期前半における玉類の変革とその意義:山の神古墳・王塚古墳出土玉類の検討から, 日本学術振興会科学研究費・基盤研究(B)成果報告会「山の神古墳と「雄略朝」期をめぐる諸問題」, 2014.07.
7. 谷澤 亜里, 玉類からみた古墳時代の地域間関係―前期の北部九州地域を中心に―, 第7回九州前方後円墳研究会, 2014.06.
8. Ari Tanizawa, Maritime trade in the Yayoi period as seen from beads in the Iki and Tsushima islands, 20th Congress of the Indo-Pacific prehistory association, 2014.01.
9. 谷澤 亜里, 弥生時代後期における玉類の流通―北部九州地域の玉作の検討から―, 平成24年度九州史学会大会考古学部会, 2012.12.
10. Ari Tanizawa, The Yayoi-Kofun transitional period as seen from the production and distribution of comma-shaped beads, The 5th World Conference of the Society of East Asian Archaeology, 2012.06.
11. 谷澤 亜里, 弥生時代後期後半~終末期における玉類の流通と消費:西日本を中心に, 平成23年度九州考古学会総会, 2011.11.
12. Ari Tanizawa, The exchange system of late Yayoi period northern Kyushu of Japan as seen from glass beads, 19th Congress of the Indo-Pacific prehistory association, 2009.12.
学会活動
所属学会名
日本考古学協会
考古学研究会
九州考古学会
学協会役員等への就任
2017.04~2013.04, 九州考古学会, 事務局委員.
受賞
九州考古学会奨励賞, 九州考古学会, 2016.11.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2018年度~2021年度, 基盤研究(C), 分担, 玉類の流通からみた威信財システム脱却過程に関する考古科学的研究.
2016年度~2019年度, 基盤研究(B), 分担, リンクト・オープン・データによる3次元マルチメディア教材利活用基盤の研究開発.
2015年度~2017年度, 基盤研究(C), 分担, 玉類の生産および流通と社会変化の因果関係に関する考古科学的研究.
2015年度~2017年度, 若手研究(B), 代表, 玉類副葬からみた古代国家形成過程と財の流通・消費の研究.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」