九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動
矢田部 塁(やたべるい) データ更新日:2018.04.06



主な研究テーマ
表面分析用分光分析装置の開発
キーワード:表面分析 分光分析
2016.07~2020.03.
味覚センサ用脂質高分子膜の表面解析
キーワード:有機 表面分析 味覚センサ 脂質高分子膜
2014.03~2016.07.
機能性材料を用いた匂いセンサの研究
キーワード:匂い センサ
2015.04~2018.03.
1.表面プラズモン共鳴(SPR)センサと抗原抗体反応を用いた低分子量物質の高感度検知のためのセンサの開発。主に表面開始原子移動ラジカル重合を用いてポリマー表面でセンサを作製している。
2.味覚センサに用いられる脂質高分子膜の構造解析も行っている。
キーワード:表面プラズモン共鳴, 表面開始原子移動ラジカル重合, 抗原抗体反応, トリニトロトルエン
2011.04~2018.03.
研究業績
主要原著論文
1. Yatabe Rui, Analysis of a lipid/polymer membrane for bitterness sensing with a preconditioning process, Sensors, 15, 9, 22439-22450, 2015.09.
2. Yatabe Rui, Takeshi Onodera, Kiyoshi Toko, Fabrication of surface plasmon resonance sensor surface with control of the non-specific adsorption and affinity for the detection of 2,4,6-trinitrotoluene using an antifouling copolymer, frontiers in BIOENGINEERING AND BIOTECHNOLOGY, 2, 10, 2014.04.
3. Yatabe Rui, Takeshi Onodera, Kiyoshi Toko, Fabrication of an SPR Sensor Surface with Antifouling Properties Using Surface Initiated Atom Transfer Polymerization for Highly Sensitive Detection of 2,4,6-Trinitrotoluene, Sensors, 13, 9294-9304, 2013.07.
4. Yatabe Rui, Takeshi Onodera, Kiyoshi Toko, Highly Sensitive Detection of 2,4,6-trinitrotoluene (TNT) Using Poly(vinylamine-co-N-vinylformamide) Based Surface Plasmon Resonance (SPR) Immunosensor, Sensors and Materials, 25, 1, 45-56, 2013.01.
主要学会発表等
1. 矢田部 塁, 小野寺 武, 都甲 潔, SI-ATRPを用いたSPRセンサチップにおける非特異吸着の抑制, 応用物理学会九州支部学術講演会, 2013.11.30.
2. 矢田部 塁, 小野寺 武, 都甲 潔, 表面開始原子移動ラジカル重合を用いたSPR免疫センサによるTNTの高感度検出, 応用物理学会学術講演会, 2013.03.
3. 矢田部 塁, 小野寺 武, 都甲 潔, Fabrication of the SPR sensor chip by Surface Initiated-Atom Transfer Radical Polymerization, JSPS若手研究者派遣プロジェクト, 2013.01.
4. 矢田部 塁, 小野寺 武, 都甲 潔, 表面開始原子移動ラジカル重合を用いたSPRセンサチップの作製, 応用物理学会九州支部学術講演会, 2012.12.01.
5. 矢田部 塁, 小野寺 武, 都甲 潔, ポリビニルアミンを用いたSPR免疫センサによるTNT高感度検出, 電気学会センサ・マイクロマシン部門総合研究会, 2012.06.
6. 矢田部 塁, 小野寺 武, 都甲 潔, ポリビニルアミンを用いたSPRセンサチップの開発, 応用物理学会学術講演会, 2012.03.
7. 矢田部 塁, 栗焼 久夫, 擬1次元化合物KFeS2膜電極の作製, 応用物理学会九州支部学術講演会, 2004.11.28.
8. 矢田部 塁, 西森 喬, 栗焼 久夫, 擬1次元カルコゲン化合物の2次電池への適用(Ⅱ), 応用物理学会九州支部学術講演会, 2003.12.05.
特許出願・取得
特許出願件数  0件
特許登録件数  1件
学会活動
所属学会名
応用物理学会
その他の研究活動
研究活動に関する情報の公開
ホームページ, 以下のホームページ上で活動を報告している。

味覚嗅覚センサ研究開発センター
http://www.rdctos.kyushu-u.ac.jp/

都甲・栗焼・小野寺研究室
http://ultrabio.ed.kyushu-u.ac.jp/, 2014.04.
受賞
第16回(2012年)応用物理学会九州支部発表奨励賞, 応用物理学会九州支部, 2012.12.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」