九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
内田 諭(うちだ さとる) データ更新日:2019.06.24

准教授 /  言語文化研究院 言語環境学部門 言語情報学講座


教育活動概要
基幹教育では、英語インテンシブコースを担当し、英語の発信力および受信力を強化するための授業を行っている。また共創学部および地球社会統合科学府の授業を担当し、ことばの科学に関する授業を行っている。さらに、英和・和英辞書や高校英語教科書などの執筆、編集に携わり、研究の成果を広く教育に還元すべく努力している。
担当授業科目
2016年度・後期, 学術英語1・リーディング・リスニングB.

2016年度・後期, 学術英語1・ライティング・スピーキングB.

2016年度・前期, 学術英語1・リーディング・リスニングA.

2016年度・前期, 学術英語1・ライティング・スピーキングA.

2015年度・前期, 学術英語1・ライティング・スピーキングA.

2015年度・前期, 学術英語1・リーディング・リスニングA.

2015年度・前期, 学術英語1:再履修.

2015年度・後期, 学術英語1・リーディング・リスニングB.

2015年度・後期, 学術英語1・ライティング・スピーキングB.

2014年度・後期, 英語X.

2014年度・後期, 英語Ⅳ.

2014年度・後期, 学術英語1・リーディング・リスニングB.

2014年度・後期, 学術英語1・ライティング・スピーキングB.

2014年度・前期, 英語X.

2014年度・前期, 学術英語1・リーディング・リスニングA .

2014年度・前期, 学術英語1・ライティング・スピーキングA.

2017年度・前期, 学術英語1・ライティング・スピーキングA.

2017年度・前期, 学術英語1・リーディング・リスニングA.

2017年度・後期, 学術英語1・リーディング・リスニングB.

2017年度・後期, 学術英語1・ライティング・スピーキングB.

2019年度・前期, Doctoral Dissertation Advising.

2019年度・前期, 博士個別研究指導.

2019年度・通年, Doctoral Dissertation Advising.

2019年度・通年, 博士個別研究指導.

2019年度・前期, Doctoral Seminar Ⅰ.

2019年度・前期, 博士演習 Ⅰ.

2019年度・前期, Doctoral Integrated Seminar Ⅰ.

2019年度・前期, 博士総合演習 Ⅰ.

2019年度・前期, Speech Communication E(Cognitive Semantics)Ⅲ.

2019年度・前期, Speech Communication E(Cognitive Semantics)Ⅰ.

2019年度・前期, 言語コミュニケーション学 E (認知意味論)Ⅲ.

2019年度・前期, 言語コミュニケーション学 E (認知意味論)Ⅰ.

2019年度・前期, Thesis AdvisingⅡ.

2019年度・前期, 個別研究指導Ⅱ.

2019年度・前期, Thesis Advising Ⅲ.

2019年度・前期, Thesis AdvisingⅠ.

2019年度・夏学期, TutorialⅡ.

2019年度・春学期, TutorialⅠ.

2019年度・春学期, チュートリアルⅠ.

2019年度・冬学期, Intensive English:Academic Issues 4.

2019年度・秋学期, Intensive English:Academic Issues 3.

2019年度・夏学期, 言語コミュニケーション論.

2019年度・春学期, 言語コミュニケーション論.

2018年度・後期, Thesis Advising Ⅲ.

2018年度・後期, Doctoral Dissertation Advising.

2018年度・後期, 博士個別研究指導.

2018年度・後期, Doctoral Seminar Ⅱ.

2018年度・後期, 博士演習 Ⅱ.

2018年度・後期, Doctoral Integrated Seminar Ⅱ.

2018年度・後期, 博士総合演習 Ⅱ.

2018年度・後期, Speech Communication E(Cognitive Semantics)Ⅳ.

2018年度・後期, Speech Communication E(Cognitive Semantics)Ⅱ.

2018年度・後期, 言語コミュニケーション学 E (認知意味論)Ⅳ.

2018年度・後期, 言語コミュニケーション学 E (認知意味論)Ⅱ.

2018年度・後期, Thesis AdvisingⅡ.

2018年度・後期, Thesis AdvisingⅠ.

2018年度・後期, 個別研究指導Ⅲ.

2018年度・後期, 個別研究指導Ⅰ.

2018年度・冬学期, TutorialⅡ.

2018年度・秋学期, TutorialⅠ.

2018年度・前期, Thesis AdvisingⅡ.

2018年度・前期, 個別研究指導Ⅱ.

2018年度・通年, Doctoral Dissertation Advising.

2018年度・通年, 博士個別研究指導.

2018年度・前期, Doctoral Seminar Ⅰ.

2018年度・前期, 博士演習 Ⅰ.

2018年度・前期, Doctoral Integrated Seminar Ⅰ.

2018年度・前期, 博士総合演習 Ⅰ.

2018年度・前期, Speech Communication E(Cognitive Semantics)Ⅲ.

2018年度・前期, Speech Communication E(Cognitive Semantics)Ⅰ.

2018年度・前期, 言語コミュニケーション学 E (認知意味論)Ⅲ.

2018年度・前期, 言語コミュニケーション学 E (認知意味論)Ⅰ.

2018年度・前期, Thesis Advising Ⅲ.

2018年度・前期, Thesis AdvisingⅠ.

2018年度・前期, 個別研究指導Ⅲ.

2018年度・前期, 個別研究指導Ⅰ.

2018年度・夏学期, TutorialⅡ.

2018年度・春学期, TutorialⅠ.

2018年度・春学期, チュートリアルⅠ.

2018年度・冬学期, Intensive English:Academic Issues 4.

2018年度・秋学期, Intensive English:Academic Issues 3.

2018年度・夏学期, Intensive English:Academic Issues 2.

2018年度・春学期, Intensive English:Academic Issues 1.

ファカルティディベロップメントへの参加状況
2019.02, 全学, 参加, 情報インシデントFD.

2018.09, 全学, 参加, 研究費の使用ルールについて.

2018.09, 全学, 参加, 精神疾患のある学生の対応について.

2018.07, 部局, 講演, 科学研究費取得説明会.

2018.07, 部局, 講演, 英語カリキュラムについて.

2014.07, 部局, 参加, 科学研究費申請と研究の向上.

2014.07, 全学, 参加, 基幹教育科目に係る新GPA制度についてのFD.

2014.04, 全学, 参加, 平成26年度第1回全学FD(新任教員の研修).

2014.09, 部局, 参加, ハラスメントに関するFD.

2015.02, 全学, 参加, 外国語教育におけるeポートフォリオ.

2015.03, 部局, 企画, CLIL・内容言語統合型学習の試み:内容・言語・思考・協学の組み合わせで外国語学習の活性化を図る.

2015.12, 部局, 参加, 外国語教育ウェブシステムとCALL科目への応用.

2016.05, 全学, 参加, SHARE-Qセミナー.

2016.07, 部局, 講演, 英語読解聴解教材に関するFD.

2016.07, 部局, 参加, エピペン(アナフィラキシー症候群をもつ学生が携行するアドレナリン自己注射薬)の使用法について.

2016.10, 部局, パネリスト, 『樋口ゲーテ・マン・コーパス』の言語文化研究院への移管に当たって.

2016.06, 全学, パネリスト, 教育の質向上支援プログラム(EEP)成果発表会.

2017.03, 全学, 参加, これからの基幹教育を考える.

2017.07, 全学, 参加, 介護と仕事の両立セミナー.

2017.12, 全学, 参加, PBL/TBLセミナー.

2017.12, 全学, 参加, 大学生の学習時間はなぜ短いのか.

2018.05, 全学, 参加, 九州大学学術情報リポジトリ(QIR)登録方法について.

2018.04, 全学, 参加, M2Bシステムについて.

2018.01, 部局, 講演, New English Curriculum.


九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」