九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
野口 高明(のぐち たかあき) データ更新日:2017.05.15



主な研究テーマ
小惑星と彗星の違いを物質科学的視点から明らかにする
キーワード:小惑星,彗星,惑星間塵,透過電子顕微鏡,走査透過X線顕微鏡-X線吸収端微細構造,
2016.04~2018.03.
鉱物学と希ガス同位体化学にもとづく宇宙風化の研究
キーワード:小惑星,月,宇宙風化,透過電子顕微鏡,希ガス同位体分析
2016.05~2018.03.
国際宇宙ステーションに搭載されたポリイミドフォームからの捕獲粒子の取り出し方法の開発
キーワード:マイクロマニピュレーション,電子顕微鏡
2014.04~2016.03.
従事しているプロジェクト研究
大気のない天体表面で何が起きているか:イトカワ試料詳細分析と宇宙風化研究の新展開
2012.04~2016.03, 代表者:野口高明.
地球軌道付近に存在する惑星間ダストの特徴と起源の解明
2014.04~2016.03, 代表者:野口高明.
初期太陽系における鉱物-水-有機物相互作用:惑星と生命の起源物質初期進化
2014.05~2015.03, 代表者:永原裕子.
研究業績
主要原著論文
1. Takaaki Noguchi, Noriaki Ohashi, Shininchi Tsujimoto, Takuya Mitsunari, John P. Bradly, Tomoki Nakamura, Shoichi Toh, Thomas Stephan, Naoyoshi Iwata, Naoya Imae, Cometary dust in Antarctic ice and snow: Past and present chondritic porous micrometeorites preserved on the Earth’s surface., Earth and Planetary Science Letters, 410, 1, 1-11, 2015.01.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
学会活動
所属学会名
Meteoritical Society
Mineralogical Society of America
日本惑星科学会
日本鉱物科学会
日本顕微鏡学会
学会・研究会における座長等
2014.05~2014.05.29, 日本顕微鏡学会, 座長.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2017.04~2019.03, Earth, Planet, and Space, 編集委員.
2015.10~2016.10, 鉱物科学, 編集委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2016年度      
2015年度      
2014年度    
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2012年度~2016年度, 基盤研究(A), 代表, 大気のない天体表面で何が起きているか:イトカワ試料詳細分析と宇宙風化研究の新展開.
2014年度~2016年度, 挑戦的萌芽研究, 代表, 地球軌道付近に存在する惑星間ダストの特徴と起源の解明.
2010年度~2014年度, 基盤研究(S), 分担, 初期太陽系における鉱物-水-有機物相互作用:惑星と生命の起源物質初期進化.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2016年度~2016年度, 平成28年度アストロバイオロジーセンタープロジェクト研究費, 代表, 太陽系始原有機物の物質進化から解明する彗星―含水小惑星の連続性 〜宇宙塵分析に基づく検討〜.
共同研究、受託研究(競争的資金を除く)の受入状況
2016.04~2018.04, 共同研究, JAXA, 分担, 国際宇宙ステーション搭載機器からのスペースデブリ及びマイクロメテオロイド回収・分析方法の開発・研究.

九大関連コンテンツ