九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
佐藤 幸生(さとう ゆきお) データ更新日:2017.05.26

准教授 /  工学研究院 材料工学部門 材料加工工学


主な研究テーマ
半導体セラミックスの界面構造および電気物性
強誘電体セラミックスの微視的な構造
その他各種材料の微細構造解析
キーワード:粒界・界面、強誘電体、半導体、電子物性、電子顕微鏡法
2014.04~2025.04.
従事しているプロジェクト研究
強誘電材料中の微細・原子構造の電界に対する応答
2014.04~2025.03, 代表者:佐藤 幸生
透過型電子顕微鏡法を用いて、強誘電材料中に電界を印加した際のドメイン構造・原子配列などの応答を直接観察する。.
セラミック材料の微細・原子構造解析
2014.04~2020.03, 代表者:佐藤 幸生
各種セラミック材料の微細構造解析を行う。.
透明電極代替材料の開発に関する研究(グローバルサイエンスキャンパス事業)
2014.04~2019.03, 代表者:佐藤 幸生, 九州大学
第一原理計算を用いて透明電極代替材料の理論予測を行う.
また,本プロジェクトはグローバルサイエンスキャンパス事業の一環としても行っている..
エネルギー・環境新技術先導プログラム/未利用廃熱回収を可能とする温度差を必要としない革新的発電材料の研究開発
2015.02~2016.02, 代表者:古君 修, 九州大学.
酸化亜鉛セラミックスの粒界構造および電気特性に関する研究
2014.04~2019.03, 代表者:佐藤 幸生
バリスタと呼ばれる電子デバイスに用いられる酸化亜鉛セラミックスの電流ー電圧特性ならびに微細組織、特に、粒界構造について調べる。.
研究業績
主要原著論文
1. Y. Sato, T. Hirayama, and Y. Ikuhara,, Monoclinic nanodomains in morphotropic phase boundary Pb(Mg1/3Nb2/3)O3 - PbTiO3, Applied Physics Letters, 104.0, 082905-1-4, 2014.02.
2. Y. Sato, Y. Yamamura, K. Saito, and Y. Ikuhara,, Real-Space Distribution of Local WO4 Ordering in Negative Thermal Expansive ZrW2O8, Journal of the American Chemical Society, 134.0, 13942-13945, 2012.07.
3. Y. Sato, T. Hirayama, and Y. Ikuhara,, Real-Time Direct Observations of Polarization Reversal in a Piezoelectric Crystal: Pb(Mg1/3Nb2/3)O3 - PbTiO3 Studied via In Situ Electrical Biasing Transmission Electron Microscopy, Physical Review Letters, 107.0, 187601-1-5, 2011.07.
4. H. Ohta, Y. Sato, T. Kato, S.-W. Kim, K. Nomura, Y. Ikuhara, and H. Hosono,, Field-induced water electrolysis switches an oxide semiconductor from an insulator to a metal, Nature Communications, 1.0, 118-1-6, 2010.07.
5. Y. Sato, T. Yamamoto, and Y. Ikuhara,, Atomic structures and electrical properties of ZnO grain boundaries, Journal of the American Ceramic Society, 90.0, 337-357, 2007.06.
6. Y. Sato, J. P. Buban, T. Mizoguchi, N. Shibata, M. Yodogawa, T. Yamamoto, and Y. Ikuhara,, Role of Pr segregation on acceptor state formation at ZnO grain boundaries, Physical Review Letters, 97.0, 106802-1-4, 2006.06.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
1. Yukio Sato, Atomic scale and in-situ electron microscopic analysis of ferroelectrics, 12th Pacific Rim Conference on Ceramic and Glass Technology including Glass & Optical Materials Division Meeting (Pacrim12), 2017.05.
2. 佐藤 幸生, 高分解能およびその場電子顕微鏡法による強誘電体の研究, 強的秩序とその操作に関わる研究グループ 第4回 研究会, 2017.01.
3. Yukio Sato, Nanoscopic study on domain structure in morphotropic phase boundary Pb(Mg1/3Nb2/3)O3 – PbTiO3, International Conference on Technologically Advanced Materials & Asian Meeting of Ferroelectricity (ICTAM-AMF10), 2016.11.
4. Yukio Sato, Electron microscopic study on origin of function in electroceramics, International Conference on Electron Microscopy and XXXVI Annual Meeting of the Electron Microscope Society of India (EMSI), 2015.07.
5. Yukio Sato, Nano-scale and atomic-scale characterization of electroceramics, IUMRS-ICAM (International Union of Materials Research Societies, International Conference of Advanced Materials) 2015, 2015.10.
6. Yukio Sato, Transmission electron microscopic study on functional ceramics, International Symposium in Korean Microscopy Society Meeting, 2015.11.
7. Yukio Sato, Electron microscopic study on dynamics of nanoscale ferroelectric domains in Pb(Mg1/3Nb2/3)O3 – PbTiO3, The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem) 2015, 2015.12.
8. Yukio Sato, Ferroelectric nanodomain dynamics in morphotropic phase boundary piezoelectrics studied via in-situ transmission electron microscopy, EMN ceramic meeting, 2015.01.28.
9. 佐藤 幸生, Dynamics of ferroelectric nanodomains in morphotropic phase boundary Pb(Mg1/3Nb2/3)O3-PbTiO3, Asian Meeting on Ferroelectricity and Asian Meeting on Electroceramics (AMF-AMEC) 2014, 2014.10.29.
10. Y. Sato,, Transmission electron microscopy study on nanodomain and its dynamics in morphotropic phase boundary Pb(Mg1/3Nb2/3)O3–PbTiO3, The 15th IUMRS-ICA (International Union of Materials Research Societies, International Conference in Asia), 2014.08.25.
11. Yukio Sato and Yuichi Ikuhara,, Role of Grain Boundaries in ZnO, SPIE Photonics West 2014, 2014.02.03.
12. 佐藤幸生,, 電子セラミックスにおける微細構造と物性の相関に関する研究, 2013年日本セラミックス協会年会, 2013.03.18.
13. Yukio Sato, Tsukasa Hirayama, and Yuichi Ikuhara,, Domain response by electric fields in PMN-PT: An in-situ transmission electron microscopy study, The 9th Korea-Japan Conference on Ferroelectrics (KJC-FE09), 2012.08.10.
14. Y. Sato, T. Mizoguchi, N. Shibata, T. Yamamoto, T. Hirayama, and Y. Ikuhara,, Atomic-scale investigations of nano-scale regions in electroceramics through scanning transmission electron microscopy, 5th Meeting of the International Union of Microbeam Analysis Societies (IUMAS-V), 2011.05.23.
学会活動
所属学会名
米国セラミックス協会
応用物理学会
日本顕微鏡学会
日本物理学会
日本金属学会
日本セラミックス協会
学協会役員等への就任
2017.04~2018.09, 応用物理学会, 幹事.
2017.10~2018.09, 日本物理学会, 幹事.
2016.04~2018.03, 日本セラミックス協会, 学術写真賞審査員.
2015.04~2017.03, 日本顕微鏡学会, 運営委員.
2014.12~2020.12, 日本顕微鏡学会, 幹事.
学会・研究会における座長等
2016.09.24~2016.09.24, International Symposium on Microscopy and Microanalysis for Materials 2016, 座長.
2016.06.11~2016.06.11, 平成28年度九州支部合同学術講演会, 座長.
2015.11.12~2015.11.12, International Symposium on Microscopy and Microanalysis for Materials 2015, 座長.
2014.10~2014.10, AMF-AMEC2014, 座長.
2014.12~2014.12, 第56回日本顕微鏡学会九州支部総会, 座長.
2014.06~2014.06, 平成26年度九州支部合同学術講演会, 座長.
2013.09~2013.09, 2013年セラミックス協会秋季シンポジウム, 座長.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2016.09.05~2016.09.06, 第32回分析電子顕微鏡討論会, 幹事.
2015.09.14~2015.09.16, 日本金属学会2015年秋期(第157回)大会, 実行委員.
2015.09.01~2015.09.02, 第31回分析電子顕微鏡討論会, 幹事.
2014.11.15~2014.11.17, 公益社団法人 日本顕微鏡学会第58回シンポジウム, 実行委員.
2014.06.07~2014.06.07, 平成26年度合同学術講演会, 実行委員.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2015.12~2020.04, Applied Microscopy, International Advisory Board.
2015.04~2017.03, 日本金属学会誌「まてりあ」, 編集委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2017年度    
2016年度 11      15 
2015年度    
2010年度    
2011年度    
2012年度    
2013年度
2014年度    
その他の研究活動
研究活動に関する情報の公開
ホームページ, 略歴,簡単な研究内容,これまでの業績などについて紹介, 2014.04.
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
12th Pacific Rim, United States of America, 2017.05~2017.05.
BIT’s 3rd Annual World Congress of Smart Materials - 2017, Thailand, 2017.03~2017.03.
Indian Institute of Science, Bangalore, India, 2016.11~2016.11.
International Conference on Technologically Advanced Materials & Asian Meeting of Ferroelectricity (ICTAM-AMF10), India, 2016.11~2016.11.
Southeast University, China, 2016.09~2016.09.
Pachifichem, United States of America, 2015.12~2015.12.
KIMS, Korea, 2015.11~2015.11.
KSM international symposium, Korea, 2015.11~2015.11.
IUMAS-ICA-2015, Korea, 2015.10~2015.10.
EMSI, India, 2015.07~2015.07.
EMN ceramic meeting 2015, United States of America, 2015.01~2015.01.
九州大学カリフォルニアオフィス, University of California, Santa Cruz, Stanford University, and so on, United States of America, 2014.11~2014.11.
AMF-AMEC) 2014, East China Normal University, Shanghai, China, China, 2014.10~2014.10.
SPIE Photonics West 2014, United States of America, 2014.02~2014.02.
受賞
2014JCS-JAPAN優秀論文賞, 日本セラミックス協会, 2015.06.
第40回日本セラミックス協会学術写真賞 優秀賞, 日本セラミックス協会, 2015.03.
平成24年度日本セラミックス協会進歩賞, 日本セラミックス協会, 2013.06.
Award for Encouragement of Research in Thin Films, 15th International Conference on Thin Films, 2011.11.
第33回(2011年度)応用物理学会論文賞, 応用物理学会, 2011.08.
Ross Coffin Purdy Award, The American Ceramic Society, 2008.10.
2nd place winner in a TEM class, Ceramographic Exhibition, The American Ceramic Society, 2006.10.
金属組織写真奨励賞, 日本金属学会, 2006.03.
Award for Encouragement of Research of Materials Science, Materials Research Society of Japan, 2005.12.
Graduate student gold award, Materials Research Society 2005 fall meeting, 2005.11.
Third prize at poster session, , First Kyoto Workshop on Computational Materials Science, 2003.03.
第29回セラミックスに関する顕微鏡写真展,優秀賞, 日本セラミックス協会, 2004.03.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2016年度~2017年度, 挑戦的萌芽研究, 代表, 強誘電体ナノ粒子の全領域原子位置解析.
2015年度~2017年度, 若手研究(A), 代表, 原子分解能電圧印加その場TEM法による強誘電ドメインのダイナミクス.
2011年度~2013年度, 若手研究(B), 代表, ナノスケール強誘電ドメイン構造に関するその場観察および原子配列直接観察.
2012年度~2012年度, 特定領域研究, 分担, 機能元素のナノ材料科学.
2010年度~2011年度, 特定領域研究, 分担, 機能元素超構造解析.
2010年度~2012年度, 基盤研究(A), 分担, 雰囲気応力環境下原子直視法の開発とセラミックスへの応用.
2013年度~2014年度, 新学術領域研究, 分担, ナノ機能元素解析のフロンティア開拓.
2007年度~2009年度, 特別研究員奨励費, 代表, 酸化物界面における静電ポテンシャルバリア崩壊メカニズムに関する研究.
2004年度~2006年度, 特別研究員奨励費, 代表, 酸化亜鉛結晶粒界に特有な電子状態の解明および酸化亜鉛単一粒界デバイスの創成.
日本学術振興会への採択状況(科学研究費補助金以外)
2007年度~2009年度, 特別研究員, 代表, 酸化物界面における静電ポテンシャルバリア崩壊メカニズムに関する研究.
2004年度~2006年度, 特別研究員, 代表, 酸化亜鉛結晶粒界に特有な電子状態の解明および酸化亜鉛単一粒界デバイスの創成.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2010年度~2010年度, 村田学術振興財団研究助成, 代表, 高分解能およびその場電子顕微鏡法を用いた強誘電体セラミックスに関する研究.
2011年度~2013年度, 日本板硝子材料工学研究助成, 代表, 酸化亜鉛の結晶粒界における添加元素の存在状態および物性への影響に関する研究.
2012年度~2012年度, 加藤科学振興会研究助成, 代表, 酸化亜鉛粒界における原子配列・電子状態ならびに電気特性への影響.
共同研究、受託研究(競争的資金を除く)の受入状況
2016.04~2017.03, 共同研究, メルテックス株式会社, 代表, 酸化亜鉛を主成分とするチップバリスタ用焼結体において、添加元素による特性への影響検討や微細組織の観察および耐食性評価の検討.
2014.04~2015.03, 共同研究, メルテックス株式会社, 連携, 酸化亜鉛を主成分とするチップバリスタ用焼結体において、添加元素による特性への影響検討や微細組織の観察、および耐食性評価の検討.
2015.04~2016.03, 共同研究, メルテックス株式会社, 代表, 酸化亜鉛を主成分とするチップバリスタ用焼結体において、添加元素による特性への影響検討や微細組織の観察、および耐食性評価の検討.
寄附金の受入状況
2016年度, 日本タングステン株式会社, 工学研究院研究資金 材料工学部門.
2015年度, 日本タングステン株式会社, 工学研究院研究資金 材料工学部門.
2014年度, 日本タングステン株式会社, 工学研究院研究資金 材料工学部門.
学内資金・基金等への採択状況
2014年度~2014年度, 国際学会派遣支援経費, 代表, Ferroelectric nanodomain dynamics in morphotropic phase boundary piezoelectrics studied via in-situ transmission electron microscopy.
2014年度~2014年度, 平成26年度九州大学教育研究プログラム・研究拠点形成プロジェクト(P&P)FSタイプ[若手教員支援], 代表, 原子分解能その場TEM法による強誘電ドメインの原子スケールダイナミクス.

九大関連コンテンツ